【連載】師匠と僕「村木 弾」第2回

「3人のニャーゴ先輩」

巨匠、故・船村徹先生の最後の内弟子である僕が、師匠との思い出の日々を紐解く。第2回目は修業時代の舞台となる「楽想館」での生活と、ニャーゴやワンニャンとの関わり合い。

 

冬の楽想館はかなり冷え込むが、夏の夜は過ごしやすい。夏の時期、船村徹先生は外のテラスで夕食を召し上がることが多かった。樹木の枝にランプをつり下げ、虫の鳴き声に耳を傾けながらグラスを傾けるのであった。

色とりどりの紅葉に彩られる「楽想館」の秋

先生の召し上がる食事を作るのも弟子たちの大切な仕事だ。内弟子になったばかりの頃、先輩たちがシェフと見間違うほどの手さばきで、次々と料理を作る様子を見て驚いた記憶がある。“ひとりの歌い手である前に、ひとりのりっぱな人間(日本人)であれ”というのが先生の教えだ。食材ひとつ取っても調理方法はいろいろある。また食には“旬”というものも存在する。そういうものを知ることも、日本人として知らなければならない大切知識だということを、内弟子時代に教えられた。

広い庭をもつ楽想館には、時に外から“ちん入者”もあった。野良のワンニャン(犬)、ニャーゴ(猫)らである。船村先生は、犬・猫という言葉は使わない。先生の弟子になった頃、うっかり「犬」という言葉を使ってしまい、ひどく怒られたことを覚えている。獣医を生業にしていた父親のもとで育った船村先生は、生き物に対する思いやりや情がひと一倍深かった。

ある時、いつもの様に先生がテラスで一杯やっていると、ひとりのニャーゴ(♀)が近づいてきた。先生によく懐き、離れなかった。翌日もそのニャーゴはテラスに来て、先生が家の中に入るまでずっとそばで座っていた。

「ミャーちん」。先生はそのニャーゴに名前をつけた。

2カ月後、ミャーちんは楽想館の庭内で4人の子どもを産んだ。ひとりはどこかへ行ってしまったが、ミャーちんと3人の子どもたちは毎日庭内で遊んでいた。その後、早くにミャーちんは死んでしまい、残された3人のニャーゴをかわいそうに思った先生は、楽想館で飼おうと言い出した。翌日、宇都宮市内の動物病院に連れて行き、健康診断や検査をして、晴れて3人は楽想館の一員となった。

白毛のいたずら小僧“チロ”(♂)、長毛でおっちょこちょいの“デブ”(♂)、虎毛きかんぼ娘の“クー”(♀)。命名者はもちろん先生である。当時、楽想館にはパピヨンの“ポロ子”(♀)というワンちゃんがいた。ピラミッドの頂点にいるのは当然、船村先生で、その下にポロ子がいて、僕たち内弟子はいちばん下だった。そしてこの日、僕らの上にさらに3人の“先輩”が加わったのであった。

船村ご一家とワンニャン、天草二郎先輩、走 裕介先輩、僕

【連載】師匠と僕「村木 弾」第1回

船村 徹氏昭和7年、栃木県船生村生まれ。昭和24年、東洋音楽学校(現東京音楽大学)ではピアノ科に学ぶ。昭和30年、春日八郎のデビュー作「別れの一本杉」で作曲家デビュー。その後、数々の名曲を世に送り出し、作品数は約5000曲以上とも言われる。歌謡曲の作曲家として初めて文化勲章を受章。2017年〈平成29年〉2月16日永眠。

 


2020年7月29日発売
酒場のギター演歌で勝負!
村木 弾「ほろろん演歌」

「ほろろん演歌」
作詞/菅麻貴子 作曲/徳久広司 編曲/杉村俊博
c/w「男さすらい」
作詞/高田ひろお 作曲/徳久広司 編曲/杉村俊博
日本コロムビア COCA-17784 ¥1,227+税

「ほろろん演歌」は“望郷”と“酒”がテーマ。過去5作品とは異なる、酒場のギター演歌と言える作品。路地裏の酒場に昭和のギターの音色が流れるなか、都会暮らしに慣れても、時には故郷(くに)が恋しいくなる主人公の気持ちを歌っている。カップリング曲の「男さすらい」は、高田ひろお氏が山でも海でもなく、空をテーマに四行詩を書き上げ、徳久広居司氏が三拍子のメロディーをつけた。雄大なメロディーに乗せて男の生き様を表現している。

 


Profile
村木 弾(むらき・だん)
1980年秋田県生まれ。鳶職、現場監督の仕事に従事していたが、2003年、歌手を目指して故・船村徹氏の最後の内弟子となる。2016年に、作詞&プロデュース・舟木一夫、作曲・船村氏による「ござる~GOZARU~」でデビュー。

【連載】師匠と僕「村木 弾」第1回