• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 氷川きよしが20回目の“きよしこの夜”を開催。2020年を締めくくる特別な夜に、「皆さんとは魂でつながっています」

氷川きよしが20回目の“きよしこの夜”を開催。2020年を締めくくる特別な夜に、「皆さんとは魂でつながっています」

「未曾有の2020年、こうやってコンサートをさせていただくのが奇跡のような時間です。今日も全員、お一人お一人の心に届くように魂を込めて歌わせていただきたいと思います」

12月16日、氷川きよしが東京・千代田区の東京国際フォーラム・ホールAで、「氷川きよしスペシャルコンサート2020~きよしこの夜Vol.20~」を開催。ソーシャルディスタンスを確保するため客席を半分の2500席としたが、前日15日からの2日間、全4公演で1万人のファンを動員した。

コロナ退散を願ってアマビエをイメージした青い衣装に青色のマスクをつけてステージに登場した氷川は、これまでコンサートのアンコールで歌ってきた「大丈夫」と「きよしのズンドコ節」をオープニング曲として披露した。ただし、20周年記念曲である「大丈夫」と、サードシングルであり定番曲の「きよしのズンドコ節」のアレンジを変更し、「大丈夫2020」および「きよしのズンドコ節2020」として聴かせた。こんな時だから、まずは元気をファンに届けたいという氷川の意志が感じられる演出だった。

疫病を防ぐ予言をしたと伝えられる妖怪アマビエ。今年は各地で、いろんなアマビエが登場したが、“氷川版アマビエ”には会場も沸いた。

「いろんな壁を乗り越えて、皆さんとは人として魂でつながっている。今日はそういう思いで1曲1曲、歌の主人公に成り代わって歌わせていただきます。どうぞ最後の最後までお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます」

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月28日の千葉・習志野文化ホールでの公演以降、25カ所50公演以上のコンサートが延期・中止となった。

その後、コロナ対策を徹底した上で、氷川は8月28日から東京・明治座、そして11月には大阪・新歌舞伎座でそれぞれ座長公演を成功させた。中断していたコンサートツアーも10月18日に大阪・フェスティバルホールから再開。2月2日の東京・中野サンプラザ公演以来、259日ぶりにステージに立っていたが、本格的な冬を前に新型コロナウイルスの感染者数は増えており、予断を許さなかった。

だが、“きよしこの夜”は特別なコンサート。20回目の灯を氷川は絶対に消したくなかった。

「星空の秋子」を挟んで、黒のタキシードに衣装替えした氷川は、今年の新曲「母」、そして「残雪の町」「黄金岬」などを歌うと、「母」と同じく、なかにし礼が作詞した「出発」と「櫻」を届けた。「櫻」は2012年のヒットシングルであり、「櫻」【Aタイプ】に収録されていたカップリング曲が「出発」だった。ちなみに、「出発」はアルバム未収録曲である。

司会の西寄ひがしがMCを務めたあと、紋付袴の和装に着替えた氷川は10月13日に発売した最新アルバム『生々流転(せいせいるてん)』のタイトル曲「生々流転」を歌い上げ、続いてデビュー曲「箱根八里の半次郎」、「大井追っかけ音次郎」といった股旅演歌の世界を観客に聴かせると、「一剣」「白雲の城」で締めた。雷と稲妻の交換音が響く中、「白雲の城」を熱唱すると、氷川はドライアイスの雲に包まれながらステージの奈落へ去っていく。

深紅の洋装でステージに戻ってきた氷川はアルバム『生々流転』から「枯葉」と「恋、燃ゆる。」を歌うと、今度はピンク&ホワイトのスーツに着替える。

引き続き『生々流転』収録曲の「Call me Kii」、そして自身初のポップスアルバム『Papillon(パピヨン)– ボヘミアン・ラプソディ-』から「不思議の国」をチョイスすると、河村隆一がRK名義(Rは左右反転)で提供した2001年のシングル「きよしこの夜」を、心から聴かせた。氷川がKIYOSHI名義でリリースした曲でもある。

自身がKii名義で作詞し、プライベートでも親交の深い上田正樹が作曲・編曲を担当したR&B「Never give up」へと歌い継ぐと、氷川は黒のレースをあしらったボディスーツで「限界突破×サバイバー」「白い衝動」の2曲を熱唱。コンサートはフィナーレを迎えた。

ここで歌った2曲はどちらも岩崎貴文氏が手がけた作品。「白い衝動」は“すべてを白に戻そう”との思いで作ったロックだった。

デビュー満20年となり、新しく生まれ変った“アーティスト・氷川きよし”の魂が詰め込まれたアルバム『生々流転』の最後に収録された曲であり、“氷川きよし”というジャンルの幕開けを強調するアルバムの中の楽曲だった。

「コロナ禍の中でエンターテイメントの灯を消したくない。こういう夢のあるショーを見ていただきたいという一途な思いで今回開催させていただきました」

アンコールでは白マントの洋装でステージに立ち、「ボヘミアン・ラプソディ」「碧し」を魂で歌う。

これまでなら「大丈夫」「きよしのズンドコ節」で締めるところだが、生き方に感銘を受けたというイギリスのロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの代表曲(日本語訳詞カバー)と、氷川のデビュー日である“2月2日”という歌詞で始まる「碧し」をアンコールに選んだところが、氷川らしい。「碧し」は今年の大みそか、『NHK紅白歌合戦』に初出場するGReeeeNが氷川のために作ってくれた曲だった。

「私にしかできない、伝えたいことがいっぱいあります。これからもそういう人生を自分らしく歩んでいきたい」

氷川の思いがぎっしり詰まった、コロナ禍の中でのスペシャルなコンサートだった。

 

氷川きよし 関連記事▶
 


INFORMATION
2021年2月、放送決定!

「氷川きよし スペシャルコンサート2020 〜きよしこの夜 Vol.20~」

「氷川きよしスペシャルコンサート2020~きよしこの夜Vol.20~」の模様が2021年2月に衛星放送のWOWOWで放送される。
デビュー翌年の2001年に“ファーストコンサート”としてスタートした「きよしこの夜」は、年の瀬恒例のイベントとして定着、今回の公演でVol.20、20年⽬を迎えた。演歌のプリンスとしてデビューした氷川が、ショーアップされたステージングと、ヒット曲の数々を配したセットリストと、曲に合わせて趣向を凝らした⾐装の数々を通して、演歌という枠にとどまらない表現⼒とパフォーマンスを⾒せつけてきた“⾰命的”なコンサート、それが「きよしこの夜」だ。
2020年はポップスに特化したチャレンジングなアルバム『Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ‐』をリリースし話題を集めたこともあり、さらなる進化が期待される。演歌ファンならずとも注⽬したいプログラムだ。

【番組情報】
氷川きよし スペシャルコンサート2020 〜きよしこの夜 Vol.20~
2021年2月放送予定

収録⽇︓2020年12⽉16⽇
収録場所︓東京 東京国際フォーラム ホールA

【関連番組】
氷川きよし スペシャルコンサート2019 〜きよしこの夜 Vol.19〜
2021年1⽉1⽇(⾦・祝)午後3︓00~ WOWOWライブ

氷川きよし LIVE 〜Papillon〜 Presented by WOWOW
2021年1⽉6⽇(⽔)午前9︓30~ WOWOWライブ

氷川きよし「KIYOSHI special concert 2015 〜KIYOSHI’S SUMMER〜」
2021年2⽉放送予定

詳細はWOWOWの番組紹介ページで!
https://www.wowow.co.jp/music/hikawa/
 

記事の感想を送る

関連記事一覧