デビュー25周年の水森かおりが初の試み。オンラインコンサートで大熱唱!

今年デビュー25周年を迎えた“ご当地ソングの女王”でお馴染みの演歌歌手・水森かおりが、都内のスタジオで初めてのオンラインコンサートを開催。オンラインならではの趣向を凝らした内容で多くの視聴ファンを魅了した。

デビュー記念日である9月25日には毎年「メモリアルコンサート~歌謡紀行~」と銘打ったコンサートを開催してきた水森だが、今年は新型コロナウィルス感染拡大状況を鑑み、東京・中野サンプラザホールにて予定していたメモリアルコンサートの中止を発表していた。今年は1月31日、香川県でコンサートを開催して以降、水森自身のイベントやコンサートの延期・中止が続いていたが、「25年支えてくださった大切なファンの皆さんに、感謝の気持ちを伝えたい!」という水森の強い希望で、オンラインコンサートが実現した。

会場は、例年メモリアルコンサートのリハーサルを行ってきた都内のリハーサルスタジオ。カメラをのぞき込む水森の“近すぎる”登場からコンサートはスタートした。

水森はこの日、オンラインコンサートのために紫のドレスを準備。“ご当地ソングの女王”に相応しく、ご当地ソングのヒット曲をオンライン視聴者へ存分に届けた。

メモリアルコンサートのリハーサルを毎年行っていた都内スタジオからオンラインでのコンサートに挑んだ。水森は生バンドによる演奏で全25曲を歌った。

この日のために用意した“オンラインスペシャルバージョン”のドレスをまとった水森は、オープニング曲に今年の勝負曲「瀬戸内 小豆島」を選び、生バンド演奏にのせて迫力ある歌声で、視聴者を一気に“水森かおりの歌の世界”へ引き込んだ。
同曲は、香川県の瀬戸内に浮かぶ小豆島を舞台にした、悲しい恋の歌。失恋した主人公が船に乗って小豆島へ渡る物語を、水森が切々と歌う。

司会は、水森のコンサートではお馴染みの西寄ひがしが担当。西寄の進行で『NHK 紅白歌合戦』初出場を果たしたヒット曲「鳥取砂丘」から「釧路湿原」「五能線」「熊野古道」「ひとり薩摩路」「輪島朝市」と、ご当地ソングのメドレーを熱唱した。

オンラインコンサートは水森にとって初めての試みだけに、司会の西寄とともに、モニターに表示された視聴中のファンからのコメントを紹介しながらトークで盛り上がると、ヒット曲を立て続けに披露。「安芸の宮島」「松島紀行」「庄内平野 風の中」「ひとり長良川」「伊勢めぐり」「島根恋旅」へと歌いつないでいった。

なんとここまで、水森はご当地ソングを13曲も連続で披露したことになる。“ご当地ソングの女王”の呼び名に相応しいリレーだ。

 

ここで、水森は今回の演奏を担当してくれた“かおりバンド”を紹介する。水森が自らカメラを持ってバンドの近くへ行き、メンバーを映すという、通常のコンサートではなかなか見られない演出だった。

生配信ならではの特別企画として、リクエストコーナーも設けられた。チャットに書き込まれた曲目を水森自らが読み上げ、「中央フリーウェイ」「湯西川」「夢の花・恋の花」と、現在発売中のアルバム「歌謡紀行19~瀬戸内 小豆島~」の収録曲からもリクエストに応えて歌った。

続いては、“水森かおり究極の2曲”と題し、デビュー曲の「おしろい花」と、歌手人生の転機となり、その後の「鳥取砂丘」大ヒットへの足がかりともなった「東尋坊」の2曲を熱唱。「東尋坊」はデビュー8年目、通算10枚のシングルとなった曲。作曲の弦哲也氏から、「この曲が歌えなければ歌手として後がないよ」と通告された曲。青筋を立てながらもがむしゃらに歌い、見事にヒットにつなげた大切な曲だった。

ご当地ソングメドレーはパート3へと続いた。「大和路の恋」「越後水原」「早鞆ノ瀬戸」「水に咲く花・支笏湖へ」「高遠 さくら路」と、水森は5曲を歌い上げる。

「初めてのオンラインコンサートでしたが、画面の向こうで、皆さんが応援してくれているのを感じながら、私も楽しく歌わせていただきました。もう少し、皆さんと会えない日が続きそうですが、お互い頑張りましょう!」

水森は視聴するファンへ呼びかけると、もう一度、「瀬戸内 小豆島」を、今度はフルコーラスで披露した。

「『瀬戸内 小豆島』と『東尋坊』では楽曲の世界観やメロディーは違いますが、スケール感や重厚感は一緒です。(25周年の節目の年に)水森かおりの新しい世界がここから始まるという意味では、自分のキャリアの中で『東尋坊』に並ぶ重要な曲だと感じています」

以前、そう語っていた水森。最後は「笑顔の向こうに」で締めた。西寄からの“かおり”コールも楽しく、コンサートではお馴染みの水森のジャンプと「おわり!」のかけ声で、初めてのメモリアルオンラインコンサートは幕を閉じた。

デビュー25周年を迎えた水森。全国五大都市で開催予定だったメモリアルコンサートは中止となったが、デビュー記念日のこの日、自身初のオンラインコンサートを成功させた。

「決まった当初は、ファンの皆様がちゃんと観られるかな? と不安な部分もありましたが、たくさんの方々が観てくださったようで、ほっとしました。オンラインならではの演出や企画をスタッフと一緒に考えて準備してきたので、楽しんでいただけていたらうれしいですね」

コンサートを終えた水森は、安堵の表情を浮かべていた。

じつは今年7月、水森は愛する父を亡くしていた。初めてのオンラインコンサートを成功させ、あらためて歌手としての決意を固めた。

「父は生前、私にとって一番の理解者であり、水森かおりの一番のファンでいてくれて、毎年のようにメモリアルコンサートにも観に来てくれていました。今回のオンラインコンサートもどこかで見守ってくれていたかもしれないです。いつも応援してくれていた父の想いに応えられるように、今後も頑張っていきたいと思います」

 
(追記)9月28日公開 水森かおりチャンネル
▼オンラインコンサート終了直後、みなさんにメッセージ

 
関連記事
水森かおり、デビュー記念日(9月25日)に初のオンラインコンサートを開催!
 
 


“見逃し配信”を見逃すな‼

今回のメモリアルオンラインコンサートは、配信日以降もアーカイブ視聴が可能。オンライン視聴券を購入していれば、9月27日23:59まで何度でもコンサートの模様を見ることができる。

また視聴チケットは9月26日(土)23:59まで購入可能なので、「買いそびれて見逃した!」という人は急げ~。まだ間に合うぞ。

【イベント詳細】
公演名=水森かおりメモリアルオンラインコンサート
日時=2020年9月25日(金)

※ライブ配信サービス「PIA LIVE STREAM」でのオンラインコンサート
チケット発売期間:2020年9月12日(土)10:00~9月26日(土)23:59
※チケットぴあWEBサイトにて販売。(実店舗、電話では購入できない)

チケット料金
下記の2種類で発売(いずれも配信日以降、9月27日まで何度でも視聴可)
① オンライン視聴券:3,500円
②特典付きオンライン視聴券:7,000円(オンライン視聴券にオリジナルデザインのミニクッションが付く特別チケット。クッションは2020年11月中旬に発送予定)
 
▼ご購入はこちら
https://w.pia.jp/t/kaorimizumori-pls/

 

PIA LIVE STREAMとは?

コロナ禍にあって、「アーティストやクリエイターの表現の場を守りたい」と、ぴあが始めたライブ動画配信システム。詳しくは以下のホームページを参照。
動作環境や設定方法などが詳しく書かれている。
https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream/

 


2020年9月16日発売
水森かおり
「歌謡紀行19~瀬戸内 小豆島~」

【初回限定盤】(CD+DVD)

徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-74900 ¥3,273+税

【通常版】

徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-74901 ¥2,909+税

“歌で旅するアルバム”をコンセプトにスタートした「歌謡紀行」アルバムシリーズ。19作目となる今回は、2020年2月に発売した最新曲「瀬戸内 小豆島」をメインに「鳥取砂丘」などのシングル代表曲や、このアルバムでしか聴けないオリジナル曲(4曲)、カバー曲(4曲)を交えた全14曲で構成。ボーナストラックの「瀬戸内 小豆島~アルバムバージョン~」もオススメ。新曲発売時に候補として存在していたもうひとつのアレンジで、また違った印象の「瀬戸内 小豆島」となっている。
初回限定版には、「瀬戸内 小豆島」ミュージックビデオと、同曲の字幕入りカラオケ映像が入ったDVDが付く。

【収録曲】
1.瀬戸内 小豆島
2.カムイワッカ~湯の滝~
3.水に咲く花・支笏湖へ
4.五能線
5.つつじ吊り橋・恋の橋
6.中央フリー・ウェイ
7.遠州灘
8.風の盆恋歌
9.足羽川ざくら
10.愛染橋
11.大和路の恋
12.安芸の宮島
13.豊後水道
14.鳥取砂丘
―ボーナストラック―
15.瀬戸内 小豆島 ~アルバムバージョン~

※はこのアルバムのためのオリジナル書き下ろし作品

 


2020年6月17日発売
デビュー25周年記念曲
水森かおり「瀬戸内 小豆島」

「瀬戸内 小豆島」
(タイプC)
水森かおり「瀬戸内 小豆島」タイプC

「瀬戸内 小豆島」
作詞/たきのえいじ 作曲/弦 哲也 編曲/伊戸のりお
c/w「檜原忘れ路」
作詞/保岡直樹 作曲/桧原さとし 編曲/伊戸のりお
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91253 ¥1,227+税

「瀬戸内 小豆島」
(タイプD)

「瀬戸内 小豆島」
作詞/たきのえいじ 作曲/弦 哲也 編曲/伊戸のりお
c/w「あの町へ帰ろう」
作詞/田村武也 作曲/田村武也 編曲/田村武也
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91254 ¥1,227+税

水森かおりのデビュー25周年のメモリアルイヤーに発売された「瀬戸内 小豆島」。2月に発売されたタイプA、Bに加えて、6月にはタイプC、Dが追加発売された。「瀬戸内 小豆島」は香川県の小豆島を舞台にした失恋の歌だが、明るいメロディーが、小豆島の美しい自然や、懐かしい昭和の香りを漂わせてくれる。