大沢桃子が平泉世界遺産祭に出演。感動いっぱいに、新曲「どんどはれ」を熱唱

世界文化遺産登録9周年を記念した平泉世界遺産祭2020が9月5日~6日、岩手県平泉町の観自在王院跡特設会場で行われ、今年もゲストとして、最終日に招かれた大沢桃子が歌謡ステージを務めた。

平泉世界遺産祭は、2011年に世界遺産登録記念と東日本大震災からの復興を願い、「平泉福興祭」として始まり、2015年から現在の名称に。平泉の文化遺産を始めとする地域の魅力をアピールするお祭りとして、毎年開催されている。例年7月に行われているが、今年はコロナ禍により9月に延期されていた。

大沢は地元・岩手を盛り上げようと、2008年にシングル「みちのく平泉」をリリース。それが縁となり、初代平泉の観光大使を拝命。全国にPR活動を続けている。

大沢は今年2月以来、コンサートやライブが延期や中止になっており、5月には新曲「どんどはれ」を発売したものの、人前で歌うのは半年ぶりとなった。その分、大沢も感激が大きく、躍動感ある1時間のステージで会場を盛り上げた。

大沢はこの日の自身のブログで、「本番直前!! 久々過ぎて手に汗握る感じでしたが、ステージに上がると…。会場には、マスクや手拭いや感染予防に心掛けていただきながら、沢山の皆様が集まって下さいました。私の胸の中には感謝しかありません!! (中略)私も、微力ながら平泉町観光大使として、お役に立てるようステージを努めさせていただきました。もちろん『みちのく平泉』歌わせていただきました」と記述。「そして…『新曲いいね〜!!』の応援を沢山ありがとうございます」と喜びを報告している。


大沢桃子公式ブログ

桃子ブログ「どんどはれ」
https://ameblo.jp/momoko-osawa/

 

2020年5月20日発売
通算20枚目のシングル
大沢桃子「どんどはれ」

大沢桃子 平泉世界遺産祭

「どんどはれ」
作詞・作曲/仲村つばき 編曲/伊戸のりお
c/w「神戸しのび恋」
作詞/榎本敏子 作曲/仲村つばき 編曲/伊戸のりお
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-91271 ¥1,227+税

「どんどはれ」は大沢桃子が「今日も一日お疲れさま」の思いを込めてリリースした通算20枚目のシングル。山あり谷ありに暮らしの中で、そっとやさしく肩に手を添えて、緊張を解いてくれるような、ぬくもりの歌。カップリング曲の「神戸しのび恋」は港町・神戸を舞台に、好きになってはいけない人へ未練を歌う大人の作品。

 

【期間限定公開】
神戸しのび恋7位浮上!/Ah! Cha!! 大沢桃子チャンネル 第65回
YouTubeの大沢桃子チャンネル第65回では、カップリング曲「神戸しのび恋」のMVを視聴することができるほか、大沢のおしゃべりが楽しめる。
https://youtu.be/Wu1JF8Qc2iI