モングンらしさが凝縮。日本デビュー15周年の集大成

力強い歌唱が特徴だったモングンの新曲「昔のひと」はロマンをテーマにしたバラードだ。前作「秘恋」から続く、新しいモングンの才能が光っている。一方、カップリング曲「おんな 恋風・港町」は、汗をかきながら歌ったというほどパワフルに熱唱。一粒で二度おいしい。モングンの魅力がつまった15周年記念シングルに迫る。

 

与えられたテーマは“ロマン”

――日本での歌手デビュー15周年、おめでとうございます。

モングン ありがとうございます。韓国から何もかもわからず体ひとつで日本へ渡ってきた私を、15年間も歌っていられるように、全国のたくさんの皆様が支えてくださっていることに感謝申し上げます。15周年を通過点として、一回り成長したモングンを見せたいですし、そうなれるよう頑張りたいと思います。

――記念シングル「昔のひと」は、かつて恋した相手と再会してしまった時の女性の心情、ロマンを歌っています。

モングン 前作「秘恋(ひれん)」から続く、ムードのあるバラードの曲です。歌詞も、前作から続くような内容です。2作続けて歌謡バラードをいただきましたが、これまでのモングンの歌のイメージは、“力強い”“パワフル”でした。でも昨年、「秘恋」を歌わせていただいたことで、「モングンさん、ずいぶんイメージが変わりましたね」と言われるようになりました。新しいファンの方も増えました。

――ここ最近の曲は朝比奈京仔先生が作詞、徳久広司先生が作曲した歌を歌われています。

モングン 両先生から作品をいただくのは今作で4作目です。1作目の「黒の漁歌」(2018年2月)、2作目の「北海じゃんじゃん節」(2019年2月)は海の歌。すごく男らしさがありました。でも、2作目のカップリング曲「雪の音色」は歌謡バラードで、女性の気持ちを表現した歌でした。「モングン、こういう歌も歌えるんだね」って。お客様からの評判が良くて、「秘恋」のリリースにつながりました。

――「秘恋」は昨年11月下旬に発売された曲ですね。

モングン はい。新しいモングンが表現できた歌に出合い、評判も広がっていたと思います。ところが、これからという時に新型コロナウイルスが社会問題になって……。すごくがっかりしました。

――そんな中で、新曲「昔のひと」と向き合いました。

モングン 自分自身の(経験の)ためにも歌謡バラードを歌っていきたいと思っていました。「昔のひと」とカップリング曲の「おんな 恋風・港町」の2曲をいただきました。雰囲気の違う2曲ですが、「一度で二度おいしい作品を作ろう」と、徳久先生が考えてくださいました。表題曲とカップリング曲で二つの色を楽しんでいただけることになり、感動しています。先生を信じてきましたし、新しい歌をレコーディングする度に勉強させていただいています。

モングン「昔のひと」MV撮影

新曲「昔のひと」のミュージックビデオ撮影に挑むモングン。この作品のテーマはロマン。

――カップリングの「おんな 恋風・港町」は港町を舞台にした力強い海の歌ですね。

モングン どちらも曲が良すぎて、モングンが歌うのはもったいないな(笑)、という思うほどです。

――最終的には、前作「秘恋」のイメージを引き継ぐ形で、「昔のひと」が表題曲となりました。「ムード歌謡を歌うモングン、いいね」という声がたくさんあったとか。

モングン 女性の気持ちになって、深く考えながら歌うという経験はこれまでありませんでした。主人公のような、か弱い女性ならこんな気持ちになるのかなと、歌いながら少しずつ勉強しているところです。でも、ありがたいです。新しい経験が新鮮です。緊張しながら歌っています。

 

自分らしさ、個性を磨きたい

――韓国には、叶わない恋や切ない恋を、日本の歌謡バラードのようなメロディーに乗せて歌う歌は少ない?

モングン 韓国でも悲しかったり、寂しかったりする恋愛をテーマにした歌は多いんですが、雰囲気が違いますね。韓国では踊りながら歌っているけど、歌詞を聴いたらすごく悲しい歌だったり。韓国で歌っていた時は、リズム的に明るい歌は「踊りたいな」と思ってもらうように歌っていたので、詞の世界を今ほどは深くは考えませんでした。日本の本格的なムード歌謡を歌うようになってから、歌詞の内容を勉強しながら歌うようになりました。最初は難しい作業でしたが、それは正しかったですね。

――歌唱について、先生からはどんなアドバイスなどありましたか?

モングン 自分の中ではケジメをつけたはずの昔のひとに、ある日、再会していまい、まだ諦められていなかった自分の揺れ動く気持ちを切なく表現した歌なので、冒頭からサビまでは感情を抑えて、ゆったり大きく歌うことが大切だと指摘されました。後半のほうがより切なさがあるので、後半はすすり泣くような歌い方をイメージしました。

――「ゆったり大きく歌う」ことが大切なんですね。

モングン はい。毎回、すごく勉強させていただいています。やっぱり誰もがうまく歌いたいから、自分の持っているものを全部出そうとします。僕もそうでした。でも、先生からはたくさんのいいものを全部並べようとするのではなく、自分のいいところを一つだけ磨いていくようにと言われました。そこを磨いて、さらにまたひとつ足していけばいいと。

――モングンさんの磨いていきたいひとつは?

モングン 自分らしさです。やっぱり個性じゃないかと思います。

――カップリング曲「おんな 恋風・港町」はいかがですか? 漁に出た男性を、港町で待つ女性の歌です。

モングン 本当はずっと一緒にいたいけれど、夜が明ければ男性を乗せた船が出てしまいます。毎日帰ってきてくれるなら大丈夫ですが、一度、海に出てしまうと、半年は会えない。すごく寂しさを感じる歌です。

――歌唱については?

モングン 力強く歌いました。最初、歌った時に先生から「モングン、何パーセント出した?」と聞かれました。僕が「70%ぐらい出しました」と答えたら、「もっと出せ。この歌はガンガン歌いなさい」と。それでガーッと力を出して歌うと、「そうだ、そうだ。でも、もっと出せ。この歌は優しく歌うとダメだ」って。何かもう汗かきながら、ガーッって歌いました(笑)。

――サビの歌詞で「So long… So long…」と歌うところがありますが、とても耳に残ります。

モングン 「So long」は“じゃあね”とか”さようなら“とか“またね”とか。人によっていろんな意味が含まれる言葉です。聴く人、歌う人それぞれの「So long」を思ってもらうといいと思います。

 

次へ


2020年9月2日発売
15周年記念曲
モングン 「昔のひと」

「昔のひと」
作詞/朝比奈京仔 作曲/徳久広司 編曲/矢田部正
c/w「おんな 恋風・港町」
作詞:朝比奈京仔 作曲/徳久広司 編曲/矢田部正
日本クラウン CRCN-8353 ¥1,227+税

バラードの楽曲「昔のひと」と、パンチ力のある楽曲「おんな 恋風・港町」という2曲が収録された15周年記念シングル。モングンの魅力の両面を感じることができる。今作のテーマはロマン。「昔のひと」は過去のつらい恋の相手に再会してしまった時の女性の心を描いた作品だが、この曲の主人公の空想であり、願いであり、悲劇的なロマンに満ちた作品となっている。カップリング曲「おんな 恋風・港町」は漁の戻りを待ち焦がれる女性を主人公にしたダイナミックな曲だ。