情熱と愛ーー「燃えつきて」 吉永加世子の❝熱情❞が溢れだす

8月22日、東京・港区のライブハウス「六本木バードランド」のステージに立った吉永加世子は新曲「燃えつきて」をパワフルに歌い切った。新曲リリース&ファンクラブ発足記念として開催した「吉永加世子アニバーサリー・スペシャル・ライブ」。そのオープニング曲だった。

 

 

 

「よし、今日からお前は吉ファミリーだ」

両親の影響で歌が好きになり、3歳から歌っていたという少女は、幼稚園の時、歌手になると決めた。小学校の卒業文集には「絶対、プロの歌手になってデビューする」と書いた。中学2年生になると、そろそろ進路のことを考えないといけない。少女は思った。「高校へ行かないで、歌手になるために修行をしよう」。

縁あって、作曲家・弦哲也氏のもとで歌の勉強ができることになった。初めて会った時、「あ、『天城越え』の先生だ!!」。

弦氏は、そのうちにやめるだろうと思い、紹介者の顔を立てて預かることにした。

少女はやめなかった。高校へは進学したが、雨が降ろうが雷が鳴ろうが、事務所へ通ってお茶くみなどの雑用をこなした。レッスンはいつもしてもらえるわけではなかった。少女はスケジュールが記されたホワイトボードを見て、来客がない日は、呼ばれてもいないのに事務所に顔を出した。それでもレッスンをしてもらえるわけではなかった。「もしかしたら、先生は私のことが好きじゃないのかな?」。

だが、弦氏は少女のことをずっと見ていた。高校を卒業し19歳になった時、「20歳になる前にデビューしよう」と、“小林加代子”という芸名を授けてくれた。1994年、「涙の浜千鳥/女の花道」でデビューし、幼稚園からの夢を叶えた。

ちょうど留学先から帰国した兄が、妹のデビューと同時にマネージャーについてくれ支えてくれた。「全国を回ったよな」と兄。だが、売れなかった。

24歳頃だったか。吉 幾三とCMで共演した。朝4時集合。CMソングを一緒に歌いながら早朝の市場を練り歩くという仕事だった。昼過ぎに撮影が終わり、吉が打ち上げに誘ってくれた。バンバン酒を飲む吉の横で、ガンガン酒を飲んだ。

「お前、歌やっているのか。今度、聴かせてくれ」

それから何カ月か過ぎた頃、吉の地元、青森県金木町で行われた夏の野外コンサートに誘ってもらい、1万人の観客の前で1曲歌ったところ、吉から声がかかった。「よし、今日からお前は吉ファミリーだ」。

「あの頃のお前は可愛かったなあ(笑)」と吉。

2008年、吉のプロデュースにより、「吉永加世子」となった。吉と同じ徳間ジャパンコミュニケーションズに移籍し、シングル「永遠に愛して/ひとり…湘南で」をリリースした。じつは2005年には「奈々世里奈」に改名し再出発していたため、再々デビューだったが……。

そこからが、また長かった。

 


2020年8月19日発売
吉幾三プロデュース
吉永加世子 両A面シングル
「燃えつきて/明日にワインを」

吉永加世子が歌う「燃えつきて/明日にワインを」

「燃えつきて」
作詞・作曲/吉 幾三 編曲/武井正信
「明日にワインを」
(デュエット:ゆうたろう)
作詞・作曲/吉 幾三 編曲/武井正信
c/w「すべてがパリ」
作詞・作曲/吉 幾三 編曲/武井正信