知里がバースデーパーティー。歌える喜びを噛みしめる。

デビュー10周年を迎えた知里が7月19日、千葉県の市川グランドホテルで「知里バースデーバーティー」を開催し、ファンに歌声を届けた。

知里の誕生日は6月27日。本来であれば、その翌日の28日に地元・市川市の文化会館大ホール(2000人収容)で、10周年記念コンサートを開催する予定だった。だが、コロナ禍により中止せざるを得ず、今回のバースデーパーティーも「ギリギリまで開催するかどうか迷った」(知里)という。しかし、「ここを乗り越えれば何でもできると思いました。今日はその一歩です」と開催を決意。来場者の数は限定されたが、観客はフェイスシールドを着用し、知里のステージを楽しみ祝福した。

黄色のロングドレスも華やかに、「ちさとマーチ」で登場した知里は、「(感染防止対策のため)“ちーちゃん”の掛け声を掛けたくてもできないって言われ、申し訳なく思います。でも、どうか楽しんでください。私の歌(オリジナル曲)をすべて聴いていただきたいと思います」と挨拶。「追いかけて」や、“斑野ねこ”のニックネームで作曲した「星になったじぃじ」など、一曲一曲、思い出を語りながら、観客と一緒に音楽のある空間を楽しんでいく。

第一部の後半は白いグランドピアノでの弾き語り。デビュー曲「やさしい日々」やそのカップリング曲「ひこうき雲の先に…」、「ひとりじゃないから」(セカンドシングルのカップリング曲)などを歌唱し、最後はシンガーソングライターの小田純平が提供した2曲「虹のかなたに」と最新曲「華ロック」のカップリング曲「抱きしめて」を聴かせた。

「小田純平先生にいただいた曲ですが、カラオケのDAMでのランキングで、私の曲の第1位は、表題曲よりも『抱きしめて』が歌われているんですよ」と、複雑だが、うれしい表情も見せていた。