• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 伍代夏子がオリジナル演歌を初の劇化。「歌謡劇 雪中相合傘-科白編-」。喉の病気と闘いながら感動の名作を誕生させた。
伍代夏子

伍代夏子がオリジナル演歌を初の劇化。「歌謡劇 雪中相合傘-科白編-」。喉の病気と闘いながら感動の名作を誕生させた。

伍代夏子が最新シングル「雪中相合傘」を劇化させるという初の試みに挑戦。7月21日に「歌謡劇 雪中相合傘-科白編-」をリリースすることがわかった。

1982年7月に星ひろみ名義で歌手デビューした伍代は、この夏、芸能活動40周年を迎える。今年3月に喉のジストニアを患っていることを公表後、懸命なリハビリを続けているが、6月に約1年8カ月ぶりのレコーディングを行った。

「歌謡劇 雪中相合傘-科白編-」は2020年1月に発売された「雪中相合傘」を劇化させた自身初の試みとなる意欲作だ。

「雪中相合傘」は伍代にとって真骨頂と言える劇的名作演歌だったが、発売直後にコロナウイルス感染が拡大し、予定していたすべてのコンサートやイベントが中止。テレビやラジオの出演もなくなり、追い打ちをかけるように以前より患っていた喉のジストニアが悪化し、「雪中相合傘」を披露する機会をほぼ失ってしまった。

「『雪中相合傘』はいろいろな意味で自分にとって大きな意味を持つ大切な曲になりました。これまでにもいただいた自分のオリジナル曲は子供のように愛おしく何よりも大切な宝ものですが、特にこの『雪中相合傘』は自信作であるにもかかわらず自分の力ではどうしようもないことでみなさまにお届けすることが困難となった初めての経験でした」

伍代は、デビュー以来、初めて経験した苦難の状況下、今後の歌手活動を見つめ直したという。

そんな中で芽生えた歌うことへの確かな強い思い。リハビリと並行して今後の歌手活動に関してスタッフと何度も打ち合わせを重ね、次の新曲の制作企画案もあったが、伍代からスタッフに告げられたのは「一から新たな新曲を制作するのではなく、この『雪中相合傘』をまだまだもっと多くのみなさまに届けたい」という思いだった。

そして、これまでにない方法で、さらに歌の世界を深く表現する方法はないかと模索された。

新しいプロジェクトが生まれた。それは「雪中相合傘」を元に、まるでドラマのように物語をもっと大きく表現してみようという試みだった。

「雪中相合傘」の歌詞を原作として脚本が書き起こされ、音楽制作が行われる中、同時進行で伍代自身の喉の調子を確認しながら幾度となくテスト録音が繰り返され、6月から本格的にレコーディングが行われた。

レコーディングでは書き下ろされたセリフに加え、歌唱部分も新たな表現で新録され、美しく壮大なサウンドアレンジにより感動の長編大作が完成した。

芸能活動40周年として制作された「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」。これまでにない“伍代演歌”の奥深さを体験できる作品が完成した。レコーディングを終えた伍代は「幸せを感じている」という。

「まだまだもっとこの歌(「雪中相合傘」)をたくさんの方にお届けしなければという歌手としての使命感もあり、まだ100%の喉の調子ではありませんし、これからもリハビリは続いていきますが、喉の様子を見ながら少しずつですが、また大好きな歌が歌えるようになってきていることに、今はただただ幸せを感じています」

2021年7月21日発売
乱吹の中に咲いた、たったひとつの命の傘…
伍代夏子
「歌謡劇 雪中相合傘-科白編-」
CD
伍代夏子

「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」
原作/池田充男 脚本/杉崎智介 音楽/飯田俊明 主演/伍代夏子
劇中歌「雪中相合傘」 作詞/池田充男 作曲/弦哲也 編曲/飯田俊明 歌/伍代夏子
c/w「雪中相合傘」
作詞/池田充男 作曲/弦哲也 編曲/南郷達也
ソニー・ミュージックダイレクト MHCL-2910 ¥1.300(税込)

カセット
伍代夏子

「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」
原作/池田充男 脚本/杉崎智介 音楽/飯田俊明 主演/伍代夏子
劇中歌「雪中相合傘」 作詞/池田充男 作曲/弦哲也 編曲/飯田俊明 歌/伍代夏子
c/w「雪中相合傘」
作詞/池田充男 作曲/弦哲也 編曲/南郷達也
ソニー・ミュージックダイレクト MHSL-43 ¥1.300(税込)

2020年1月にリリースされた「雪中相合傘」は、切なく、そして燃え上がるほどの強い愛に生きる女心を艶やかに歌った作品。揺れ動く女心の描写の描写に定評がある池田充男が作詞を担当し、弦哲也がメロディーをつけた。
「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」は詩情あふれる純愛物語の中に、劇中歌として「雪中相合傘」が歌われる。物語は、池田の作詞を原作として、映画監督や脚本家、放送作家、作詞・作曲家とマルチに活躍する杉崎智介が脚本化。クラシカル・クロスオーバーを軸に多彩なジャンルの音楽を手がけるピアニスト&作・編曲家の飯田俊明による壮大なメロディーが流れる中、伍代が物語を紡いでいく。約11分半におよぶ長編大作だ。
CDおよびカセットには「歌謡劇 雪中相合傘―科白編―」のインストゥルメンタルも収録されているので、伍代のように歌謡劇を演じることもできる。

2020年1月に発表された「雪中相合傘」MV