• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 望月琉叶がバレンタインデーに初コンサート。新曲「面影・未練橋」を初披露し、民族ハッピー組も応援に

望月琉叶がバレンタインデーに初コンサート。新曲「面影・未練橋」を初披露し、民族ハッピー組も応援に

昨年7月22日に「失恋慕情」で演歌歌手としてソロデビューした望月琉叶(るか)がバレンタインデーの2月14日、東京・台東区の雷5656会館・ときわホールで、初めてのコンサート「望月琉叶コンサート~look at me~」を行った。

望月は、2015年2月に“演歌を世界へ”を合言葉に結成されたアイドルグループ「演歌女子ルピナス組」に加入。同グループは2019年8月から「民族ハッピー組」となったが、ソロライブで演歌を歌うなど、小さい時からの夢だった演歌歌手への思いを強くしていた。また、念願の演歌歌手としてデビューしたあとも、『週刊プレイボーイ』などの雑誌グラビアで水着姿を披露し、“グラビアもできる演歌歌手”として活躍するなど、人気急上昇中だ。

バレンタインデーにファーストコンサートを開催した望月琉叶。1996年7月15日生まれで、小さい頃から親戚に演歌歌謡曲を聴かされて育つ。

‘look at me(私を見て)’と呼びかけたファーストコンサートは2回公演(第1部、第2部)の公演で、新型コロナウイルス感染症防止のためソーシャルディスタンスを保ってそれぞれ座席は半分となったが、計300名のファンの前でファンに歌をプレゼントした。

ソロデビューシングル「失恋慕情」のカップリング曲「小夜時雨」でオープニングの幕を開けると、望月は「短い時間ですが、楽しんでいきましょう」とファンに語りかける。

「失恋慕情」に続いて、自身の演歌のルーツとなった曲から美川憲一の「柳ヶ瀬ブルース」や細川たかしの「望郷じょんから」などのカバーを歌唱すると、望月が所属している民族ハッピー組の遠矢るい、永井杏樹、馬渕恭子、椎原えみ、千代絢子、水元ありか、小泉里紗、仙石翼が応援に駆けつけ、司会のお笑いコンビ、ジャガーズの2人を含めた11人全員で「ハッピー♡バレンタイン」と書いたマスクパフォーマンスを行い、国生さゆりの「バレンタイン・キッス」を歌った。

「ハッピー♡バレンタイン」のマスクパフォーマンスで観客を盛り上げた民族ハッピー組とジャガーズ。左から ちーやん(ジャガーズ)、水元ありか、仙石翼、小泉里紗、望月琉叶、永井杏樹、遠矢るい、千代絢子、馬渕恭子、椎原えみ、ともひろ(ジャガーズ)。

マスクを並べると、「ハッピー♡バレンタイン」となる。のマスクはこの日の主役、望月がつけた。

ここで望月は衣装チェンジ。望月を除く民族ハッピー組が2月17日発売の新曲「試験管ライフケミストリー」、「代田橋ラプソディー」を歌ってステージに花を添えた。

後半のステージは昭和の名曲カバーから始まった。望月同様、演歌歌手になりたいという夢を持っていた母親が好きだった高田みづえの「私はピアノ」、久保田早紀(現・久米小百合)の「異邦人」、松田聖子の「赤いスイートピー」を歌唱すると、4月28日発売予定のセカンドシングル曲「面影・未練橋」を初披露した。遠くに離れることになった二人にかかる心の橋。望月が主人公になりきって、 “あなたへ 走ります‥” “あの日へ 走ります‥”と、募る思いを歌う。

後半のステージではまず昭和の名曲をカバー。第2部の後半ステージでは第1部とは異なり、高田みづえの「硝子坂」、テレサ・テンの「つぐない」、山口百恵の「夢前案内人」を歌った。また4月発売予定のセカンドシングル「面影・未練橋」をファンの前で初めて披露。

フィナーレは、オリコン演歌歌謡曲ランキング(2020年8月3日付)初登場1位を獲得した「失恋慕情」をフルコーラスで心を込めて歌った。カバー曲を含めて全11曲を熱唱した望月は、「皆さん、本当にこのようなご時世の中、たくさんお集まりいただき、ありがとうございました」と、ファンに感謝の言葉を届ける。

「初めてのソロコンサート、とても素敵なステージになりました。まだスタートラインに立ったばっかりなので、次のコンサートもできるように頑張ってまいります。よろしくお願いします」

終演後、望月は「次も素敵なコンサートにつなげられるよう、応援よろしくお願いします」と話していた。

 

 

INFORMATION
2021年4月28日発売
待望のセカンドシングル
望月琉叶「面影・未練橋」
作詞/幸田りえ 作・編曲/樋口義高
c/w「あなたの歩幅で」
作詞/小林元 作曲/オーイシカズヒーロー 編曲/大野ヒロ
日本コロムビア COCA 17867 ¥1,350(税込)

日本コロムビア 望月琉叶ページ

民族ハッピー組 公式HP
民族ハッピー組「試験管ライフケミストリー」(2/17発売)最新コメント映像