望月琉叶、演歌歌手としてデビュー。「世界に演歌を!」

アイドルユニット「民族ハッピー組」で活躍する望月琉叶が、演歌歌手としてデビューした。単なる企画として演歌を歌うわけではない。子どもの頃に美川憲一の「柳ケ瀬ブルース」に衝撃を受け、ずっと演歌が好きだったのだ。聞けば、歌手への思いは祖父~母、そして娘へと引き継がれた夢でもあった。

 

そうだ、世界に演歌を!!

 

――アイドルユニット「民族ハッピー組」(※)の一員でもある望月さん。まず、アイドルとしてデビューされることになったきっかけについて教えてください。
望月 きっかけは、今の事務所の社長にスカウトされたことです。母が若い頃、演歌歌手になりたいという夢を持っていたということもあって、小さい頃からよく演歌を聴いたり歌ったりしていました。母は残念ながら夢をかなえることはできなかったのですが、その夢を私が引き継いだというか……。母のお父さん、私から言うとおじいちゃんが演歌歌手の方の弟子をしていたことがあって。でも、歌手にはなれずに戦争で亡くなってしまいました。その意思を母が引き継いでいたんです。

※民族ハッピー組
https://mfi-inc.tokyo/talent_all/hpp/

――その意思を引き継ぐ形で、望月さんも歌手を目指すようになったんですね。
望月 はい。私も音楽が好きでした。ボイストレーニングに通って、高校から大学、就職活動期間中も、ずっといろいろなオーディションを受けていました。「グラビアとかアイドルやりませんか?」とか「ここのグループどうですか?」というお話は何度かいただいたのですが、私は演歌歌手になりたかったので、ちょっとなんか違うな~って思ってお断りしていました。じつは、もう就職も決まっていたんです。

――その就職を蹴って、スカウトの話を受けたんですか!?
望月 最初は「めちゃあやしい人!」と思って(笑)。でも、その時に社長から「演歌女子ルピナス組やってるねんけど」って言われて。「えっ? 演歌? ちょっと話を聞きたい」って思って、母を交えてお話をさせていただきました。そこで“演歌女子”っていう響きに惹かれて、思い切って加入することにしました。

――ソロで演歌歌手として歌いたいという思いとは別に、グループでのアイドル活動になったんですよね。最初どんな感じだったんですか?
望月 全然慣れなくて。ほんとに。正直、“ザ・アイドル“になりたいわけじゃなかったので、「向いてない」って思っていました。だんだん慣れてきて、今では私も“ザ・アイドル“をさせていただいているんですけど(笑)。もともとはそういう性格ではなくて、子どもの頃からわりとクールなほうなので、最初はアイドルとして活動することが恥ずかしかったですね。でも、演歌女子ルピナス組としてがんばって、キャッチフレーズのように、「そうだ、“世界に演歌を”だ!」って思いながら活動していました。

――しかし、4年半続けてきた“演歌女子ルピナス組”は、2019年8月に“民族ハッピー組”という名前に改名されました。
望月 そうなんです、演歌じゃなくなってしまいました(笑)。今度は“世界の民族をハッピーにする”っていうキャッチフレーズに変わりました。でも、私はこれまでの“演歌を世界に”という思いを引き継ごうと思っています。

望月琉叶、演歌歌手デビュー

小さな時から演歌が好きだった望月。アイドルとしてスカウトされたが、演歌が歌えるとわかり「演歌女子ルピナス組(現・民族ハッピー組)に加入。最初は慣れないアイドル活動だったが、今ではファンが「『ありがとー!』『だいすきー!』って喜んでくれるのがうれしい」と言う。

 


2020年7月22日発売
望月琉叶「失恋慕情」

望月琉叶

「失恋慕情」
作詞/小林元 作曲/樋口義高 編曲/周防泰臣
c/w「小夜時雨」
作詞/小林元 作曲・編曲/大野ヒロ
日本コロムビア COCA-17787 ¥1,227+税