• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 朝ドラで注目! “ブルースの女王“ 淡谷のり子の貴重な音源を収録。『淡谷のり子 全曲集』がCD発売に続き、デジタル配信スタート!
淡谷のり子

朝ドラで注目! “ブルースの女王“ 淡谷のり子の貴重な音源を収録。『淡谷のり子 全曲集』がCD発売に続き、デジタル配信スタート!

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』で再注目されている”ブルースの女王“こと淡谷のり子が、戦後の昭和20年代前半に所属したテイチク時代の楽曲を中心に、人気のヒット曲「別れのブルース」「君忘れじのブルース」をはじめ貴重な音源が収録されたアルバム『淡谷のり子 全曲集』(大半が初のCD化)が3月6日に発売されたが、この度、待望のデジタル配信もスタートした。

今回のCD化にあたり監修を務めた音楽史研究家の郡 修彦氏は次のように解説する。

「NHK連続テレビ小説『ブギウギ』の登場人物の一人として話題の淡谷のり子は、当時の大手レコード会社5社のすべてに足跡を残した数少ない歌手であり、戦後の占領時期に在籍したテイチクでは同社の主力作詞家・作曲家による和製洋風軽音楽調の洗練された作品が中心でしたが、その前後の時期に比べて復刻の機会に恵まれず、折角の名唱・名作も広く世に知られずの状況でした。

そこで、笠置シヅ子の全盛時代と完全に重複する時期の淡谷のり子作品を集大成し、同時期の作風や歌唱が容易に耳に出来る品として本CDを企画しました。多様化の途上にあった流行歌の新しい形態としての自由詩や、海外の軽音楽に着想を得た旋律・編曲など、新時代の淡谷のり子の方向性をテイチクが全力で支援した記録でもあり、販売・配布された大半の作品を編年体にて網羅し、作風・歌唱、録音状況・レコードの盤質の変化もわかり易くラインナップしています」

1934年に誕生し、今年創立90周年を迎えた日本国内の老舗レコードメーカー「テイチク」の創成期に燦然と輝く、“ブルースの女王”淡谷のり子の歌声に触れてみてはいかがか?

 

「淡谷のり子 全曲集」各音楽配信サービス一覧▶

※市販SP盤から復刻の為、盤から起因するノイズ、歪みなどがあることをご了承ください。
※デジタル配信は7曲目、23曲目の2曲をのぞき21曲の配信となります。


2024年3月6日発売
懐かしのSP時代
「淡谷のり子 全曲集」
淡谷のり子

テイチクエンタテインメント TFC-22013 ¥2,530(税込)

あの歌声が今、蘇る―――SP盤オリジナル音源を新復刻にて良質音源化し今作にて多数の初CD化が実現!
77年ぶりの商品化となる「すぎたあの日に」や、委託盤で発売されていなかった「熱川ブルース」の初商品化など、貴重な音源を収録したアルバム!

全曲モノラル音源
監修・解説:郡修彦(音楽史研究家)

収録曲
1 或る夜の帰り路
2 すぎたあの日に ※
3 人の気も知らないで ※
4 海に捨てる恋 ※
5 街角 ※
6 月のブルース ※
7 嘆きのブルース ※
8 君忘れじのブルース
9 東京の詩集 ※
10 わたしに罪があるでしょか ※
11 熱川ブルース ※
12 君待つ夜のタンゴ ※
13 今宵かぎりのルムバ ※
14 南風ロマンス ※
15 さよならブルース ※
16 東京ルムバ
17 夢去りしブルース ※
18 チャイナブルース ※
19 三日月仄かに ※
20 泪雨のブルース ※
21 君恋う夜のブルース ※
22 東京リル ※
23 別れのブルース(コロムビア 音源)

※初CD化(2024年3月時)

「淡谷のり子 全曲集」各音楽配信サービス一覧▶

※市販SP盤から復刻の為、盤から起因するノイズ、歪みなどがあることをご了承ください。
※デジタル配信は7曲目、23曲目の2曲をのぞき21曲の配信となります。

関連記事一覧