• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • シンガーソングライター 樋口了一が30周年ライブを開催。嬉野雅道・藤村忠寿ら“水どう”メンバーも参加で大盛況!「たくさんの方々に常に支えられてきた30年でした」
樋口了一

シンガーソングライター 樋口了一が30周年ライブを開催。嬉野雅道・藤村忠寿ら“水どう”メンバーも参加で大盛況!「たくさんの方々に常に支えられてきた30年でした」

シンガーソングライターの樋口了一が12月9日、埼玉・所沢市の「ところざわサクラタウン」ジャパンパビリオンで、30周年記念ライブ「樋口了一30th Anniversary Live〜たどり着いたらそこがスタート〜」を開催した。

盟友のシンガーソングライターである村上ゆきと古澤剛らと共に、デビュー曲「いまでも」や石川さゆりの35周年記念曲として書き下ろした「朝花」をセルフカバーで披露し、軽快なトークでも会場を沸かせた。

他にも「1/6の夢旅人2002」や「手紙~親愛なる子供たちへ〜」、そして自身が主演を務める映画の主題歌「いまダンスをするのは誰だ?」など全18曲を披露した。

樋口了一

さらに人気テレビ番組『水曜どうでしょう』のメンバーの藤村忠寿と嬉野雅道もトークで参加。大泉洋からのメッセージを紹介し、テーマ曲「1/6の夢旅人」の最新バージョン制作に言及するなど、終始笑いの絶えないトークが展開され、来場した約200人の観客と大いに盛り上がった。

樋口了一は今年8月にアルバム『いまダンスをするのは誰だ?』をリリース。10月から公開されている映画『いまダンスをするのは誰だ?』で、若年性パーキンソン病と診断された主人公が人との出会いや“ダンス”を通じて自らの生き方を見つめ直していくストーリーを熱演している。

自身もパーキンソン病患者である樋口が主演していることも大きな話題になり、10月から始まった同作品の上映館は現在も日本各地に広がりを見せている。

樋口は「たくさんの方々に常に支えられてきた30年でした。今日もこうしてバックのメンバーやスタッフに支えられてステージに立てている」と話し、共に音楽活動を続けてきた仲間とファンに感謝の思いを伝えた。

今回のライブは同時配信も行われ、12/16までアーカイブ視聴もできる。
詳細は樋口了一オフィシャルページへ
http://higuchiryoichi.com/category/news/

 


2023年8月23日発売
30周年記念アルバム
樋口了一『いまダンスをするのは誰だ?』
樋口了一

テイチクエンタテインメント TECG-25134 ¥2,500(税込)

収録内容
1.いまダンスをするのは誰だ?
2.タコ公園
3.笑う奴
4.父として
5.Return match
6.光のランナー
7.手紙〜親愛なる子供たちへ〜<Bonus Track>
8.いまダンスをするのは誰だ?(Instrumental)

各種音楽配信サービスはこちら
https://teichiku.lnk.to/D949

INFORMATION

映画「いまダンスをするのは誰だ?」
主演:樋口了一
出演:小島のぞみ、山本華菜乃、塩谷瞬、IZAM、吉満寛人、渋谷哲平、新井康弘、椿鮒子、むかい誠一、岡村洋一、森恵美、西田聖志郎、澤田拓郎、あべみほ 静恵一、今安琴奈、杉本彩
監督・脚本・原作:古新 舜(「あまのがわ」「ノー・ヴォイス」)
企画・原案:松野 幹孝
公式サイト
http://imadance.com

関連記事一覧