• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 大谷めいゆうがミニアルバム『願い、そして感謝』発売記念ライブを開催。「もう一回夢を見よう」と人生模様を歌う。
大谷めいゆう

大谷めいゆうがミニアルバム『願い、そして感謝』発売記念ライブを開催。「もう一回夢を見よう」と人生模様を歌う。

大谷めいゆうが7月19日、東京・赤坂のミュージックレストラン「エムゼス東京」でミニアルバム『願い、そして感謝』発売記念ライブを開催した。

同アルバムは作曲家・大谷明裕として作曲した作品から人生模様をテーマに選曲しセルフカバーした4曲のほか、新曲2曲が収録される。

「2009年に『俺たちのC’est la vie(セ・ラ・ヴィー)』というアルバムを出しましたので、『願い、そして感謝』は14年ぶりの作品集となります。2009年の時は、同窓会で集まるようになったことから、僕たちの青春時代をテーマにした歌を集めてつくたんですよね。今回は、僕も60代最後の年になって、人生模様、人間模様をテーマにつくってみたいと思った」

大谷めいゆう

1954年生まれの大谷は現在69歳。学生時代からのバンド活動を経て、1976年に作曲家・曽根幸明氏に師事。その後、作編曲家・池多孝春氏より編曲・理論を学ぶ。作曲家としてのデビューは伊波よしひとに提供した1983年の「玄海船」。当時は“中川昭”名義で作曲した。現在の大谷明裕として作品を発表したのは、1984年の「冬木立」(南一誠へ提供)から。以来、「倖せにしてね」(長山洋子)、「こぼれ月」(田川寿美)、「満天の星」(氷川きよし)、「ありがとう・・・感謝」(小金沢昇司)など数々の作品を作曲。近年は八代亜紀の「居酒屋『昭和』」、浜博也の「正夢~まさゆめ~」、こおり健太の「乗換駅」、新浜レオンの「離さない 離さない」などを手がけている。

ミニアルバム『願い、そして感謝』には、小金沢昇司の『願・一条戻り橋』と『ありがとう・・・感謝』の2曲が大谷のセルフカバーで収録されている。

「この2曲は小金沢くんがずっと大事に歌ってきてくれた作品。自分にとっても代表曲です。しっかり守って、しっかり歌いたいなという思いがありましたが、その思いがアルバム制作のきっかけになりました。ディレクターの近藤芳樹さんから『どうせなら、アルバムにしたらどうですか?』という意見をいただき、書き下ろしも含めたミニアルバムとなりました」

大谷めいゆう

アルバムは原大輔に提供した「これからの人生」から始まる。

「同窓会で集まってもみんな病気の話ばかり(苦笑)。でも、『ちょっと待てよ!』と。『もう1回、夢を見ていこうよ、まだまだ人生終わらないんだから』と。そんな思いから同い年(69歳)でもある原大輔さんに『これからの人生』(2019年)を歌ってもらっていました。このアルバムが我々世代の応援歌になればいいなと思っています」

このアルバムのための新曲「君へ」と「枯葉の輪舞曲(ロンド)」は、2曲目と3曲目に収められた。

「『君へ』は娘へのメッセージを込めた作品です。伊藤美和さんに詩をお願いしまして、いい作品をいただきました。3曲目の『枯葉の輪舞曲(ロンド)』は愛と別れの歌。中年のカップルの人間模様が描かれています。作詞は円香乃さんです。歌詞の中に“遠くでピアソラが 聞こえる”と、ピアソラ(「リベルタンゴ」の作曲などで知られる音楽家)が出てきますが、3拍子のワルツで始まり、ここからタンゴ調に変わるという斬新なアレンジを伊戸のりおさんに入れてもらっています。おかげで演奏するのが難しくなりましたが(笑)。別れの歌ですが、カラオケではあまり暗くならずにオシャレな気持ちで歌ってほしいですね。冒頭は軽快なワルツで、語るように。ポーンと空を見上げるような気持ちで歌ってください」

4曲目には、「僕なりのバンド風のノリでやってみたいな」と選曲した「最後のジェラシー」(「大阪みれん花」カップリング/男石宜隆)、5曲目と6曲目には「願・一条戻り橋」と「ありがとう・・・感謝」が収録される。なお、新曲2曲に関してはオリジナルカラオケも入っている。

大谷めいゆう

こちらはリハーサルの様子。左から伊戸のりお(Pf&Synthe.)、ゲストプレイヤーの鈴木直樹(A.Sax.)、周防泰臣(Bass.)、大谷めいゆう(Guit.)、磯部有靖(Guit.)、柿沼寿枝(Percus.)。ステージ衣裳として全員がアロハシャツを着用した。

ライブでは伊戸のりお(Pf&Synthe.)、磯部有靖(Guit.)、周防泰臣(Bass.)、柿沼寿枝(Percus.)、そしてゲストプレイヤーに鈴木直樹(A.Sax.)を迎えた6人編成のバンドを結成。大谷と磯部のギター演奏で、「小夜曲~セレナーデ~」「借りた八千円~一言芳恩~」から歌い出し、徐々に楽器が増えていく構成で作品が届けられた。

「だんだんと楽器が増えて、音が積み重なっていく様をみてほしいと思いました」

最新アルバム収録曲のほかには、前作『俺たちのC’est la vie(セ・ラ・ヴィー)』収録曲の中から「早稲田松竹」「惜春」「Passing Love」なども披露。アンコールには「俺たちのC’est la vie(セ・ラ・ヴィー)」を歌った。

大谷めいゆう

 


2023年7月19日発売
愛する人たちへ これからの人生 歌とともに
大谷めいゆう『願い、そして感謝』
大谷めいゆう

テイチクエンタテインメント TECE-3700 2,200(税込)

収録曲
M01.「これからの人生」
作詞/円香乃 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお オリジナル歌唱/原大輔
M02.「君へ」
作詞/伊藤美和 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお
M03.「枯葉の 輪舞曲(ロンド)」
作詞/円香乃 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお
M04.「最後のジェラシー」
作詞/円香乃 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお オリジナル歌唱/男石宜隆
M05.「願・一条戻り橋」
作詞/志磨ゆり子 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお オリジナル歌唱/小金沢昇司
M06.「ありがとう…感謝」
作詞/志磨ゆり子 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお オリジナル歌唱/小金沢昇司
M07.「君へ」(オリジナル・カラオケ)
M08.「枯葉の輪舞曲(ロンド)」(オリジナル・カラオケ)

■デジタル配信サービス一覧はこちら▶

関連記事一覧