• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • すぎもとまさとがナナオ プロデュースのライブで秘話披露&熱唱。ゲスト歌手・五十川ゆきとデュエットも。
すぎもとまさと、五十嵐ゆき

すぎもとまさとがナナオ プロデュースのライブで秘話披露&熱唱。ゲスト歌手・五十川ゆきとデュエットも。

すぎもとまさとが11月16日、東京・豊島区の南大塚ホールで「ナナオIZM《音楽編》VOL.1 すぎもとまさと LIVE~歌でエールを~」と題したライブを開いた。すぎもとは、「吾亦紅」「かもめの街」など数々のヒット曲で知られる作曲家・杉本眞人が歌手活動をする際の表記だ。

ライブは美川憲一や福田こうへいらの司会者として活躍中の芸人・ナナオがプロデュースしたもので、ナナオは「この南大塚ホールでは、『南大塚SHOW劇場』と題して、音楽やお笑いライブなどを企画して今年で9年目になります」と説明する。

「今回はそのスペシャルバージョン。以前からぜひやってみたかった杉本先生のライブが実現でき、大変うれしいです。笑うことはストレス解消になりますが、泣くのもストレス解消になりますので、今日来てくださったお客さまには先生の歌を聴いて、感動して、泣いていただきたいです」

すぎもとまさと

一方、すぎもとは「今年は、新型コロナの影響で10月まではまったくライブができなかったのですが、10月24日の大阪を皮切りに、沖縄、群馬、今日の東京とライブが続き、この後、札幌でもライブが予定されています。お客さんの前で歌えるのは、本当にうれしいものですね。久しぶりの有観客でのライブなので、皆さんには存分に楽しんでいただきたい。そのためにも自分自身も楽しんで歌いたい」と意欲満々だった。

また、「去年は久しぶりにニューアルバム『STAND by MY SONGS』を出させていただきましたが、等身大の歌を意識して作りました。これからは自分の年代に合った歌も作っていきたいですし、来年は地方での町おこしイベントなどに出てボランティアでライブをやってみたいと思っています。それに、刑務所の慰問ライブもできたらいいですね」と話していた。

すぎもとまさと、五十川ゆき、ナナオ

今回のライブをプロデュースしたナナオ(左)、すぎもとまさと/杉本眞人、五十川ゆき(右)。

ライブは2部構成で行われ、第1部は、すぎもととナナオのトークコーナーが目玉となった。作曲家・杉本眞人がこれまで楽曲提供した石川さゆり、五木ひろし、美空ひばりなど、歌手との秘話を披露しながら、歌手・すぎもとが石川さゆりの「転がる石」や湯原昌幸の「冬桜」などを熱唱し、ゲスト歌手・五十川ゆきと「Bar スターライト」をデュエットした。また五十嵐は、杉本が作曲した「飛べない鳥じゃあるまいし」や「FARAWAY~この空のどこかで~」も歌唱し、観客を喜ばせた。

すぎもとまさと

第2部は、ちあきなおみの「冬隣」「紅い花」「かもめの街」、あさみちゆきの「鮨屋で…」、自作・自演で大ヒットした「吾亦紅」、昨年10月7日にテイチクから発売した4年ぶりのニューアルバム『STAND by MY SONGS』(提供楽曲のセルフカバーと新曲を含む全14曲を収録)から五木ひろしに提供した「VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~」、そしてエンディングは「花のように鳥のように」など全20曲を熱唱した。

 

 記事の感想を募集中


2020年10月7日発売
4年ぶりのニューアルバム
すぎもとまさと『STAND by MY SONGS』
すぎもとまさと

提供楽曲のセルフカバーと新曲を含む全14曲をすべて新録
テイチクエンタテインメント TECE-3612 ¥3,300(税込)

収録曲
01.冬茜《佳山明生》
02.あんたのわがまま
03.エデンの雨《マルシア》
04.御堂筋線で…《北沢麻衣》
05.グロリア※
06.OSAKA※
07.孤守酒(こもりざけ)《石川さゆり》
08.カトレア《門倉有希》
09.横濱(ハマ)のもへじ《秋元順子》
10.さようなら そして ありがとう ~あなたに贈る詩~※
11.夕暮れ 文庫(ものがたり)《西山ひとみ》
12.~かけがえのない人~※
13.VIVA・LA・VIDA! ~生きてるっていいね!~《五木ひろし》
14.最後の桜※

《 》内はオリジナル歌手
※は新曲

すぎもとまさと『STAND by MY SONGS』は各音楽配信サービスでも聴くことができる。