葉月みなみ

葉月みなみが新曲「許さないで…ねぇ」の発売記念コンサートで、「一曲一曲に心を込めて」

新潟出身の葉月みなみが6月27日、新曲「許さないで…ねぇ」の発売記念コンサートを新潟県南魚沼市で行った。本来なら八海山麓スキー場での野外公演となる予定だったが、天候が悪く、隣接する体育館での開催となったものの、温かいコンサートとなった。

「歌が大好き。歌っている時がいちばん幸せ」。常々そう語っている葉月は、新潟県新潟市に生まれ、小さい頃から歌が大好きで、演歌ばかり歌っている子だったという。周りでは光GENJIや南野陽子が人気だったが、葉月は松原のぶえが好きでよく聴いていた。

“歌手になりたい”。いつしかそう思うようになった葉月は、小学校の卒業文集に「将来の夢は演歌歌手になること」と書き込んだ。

葉月は大学を卒業すると一度は就職をする。だが、演歌歌手になる夢を諦めきれず、様々なカラオケ大会に出場し、優勝や入賞を重ねると、「歌の甲子園・全国大会」に新潟代表として出場する機会を得る。そこで作詞家と出会い、2009年に「恋の占いかくれ鳥」でCDデビュー。新潟を中心に歌手活動を続けてきた。

「親子で大ファンです」「生活の一部として葉月さんを応援しています」「葉月さんの歌を聴いて、自然と涙が出てきました」。そんな新潟のファンに支えられてきた。

ただ、6月23日に発売した新曲「許さないで…ねぇ」は、葉月が全国区を意識して発表した曲だ。一念発起して活動の拠点を東京へ移したものの、このコロナ禍で思うような活動ができず絶望しかけた。そんな時に、岩尾三四郎プロデューサーと運命の出会いを果たし、アーティストとしての心構え、歌唱、あらゆる面で指導を仰ぎながら、テイチクエンタテインメントへの移籍を実現。第1弾としてリリースした大切な楽曲でもあった。

葉月みなみ

ピアノやフルートが得意な葉月みなみ。新曲発売記念コンサートでは、フルートを演奏する場面も。

歌謡曲テイストの新曲「許さないで…ねぇ」。葉月は、強がりを言いながらも一途な女性の健気な心を歌う。6月27日、久しぶりにファンの前で歌った葉月は歌える喜びに感動していた。

「コンサートが始まり客席に会いたかった方々や、懐かしいお顔を見つけると胸に込み上げるものがあって、きちんと歌えるだろうかという不安も一瞬よぎりましたが、ステージで歌える喜びが勝り、この日のためにレッスンを重ねてきた一曲一曲に心を込めて、お届けすることができました。お客さまは声援こそご遠慮いただいていましたものの、うちわやペンライトなどの応援グッズを懸命に振り、たくさんの拍手をくださって、その心強い後押しによって最後まで楽しく、うれしく歌わせていただくことができました」

地元新潟では、「南魚沼市交流大使」を務めるなど着実に活動の場を築き上げてきた。だが、さらに大きく羽ばたこうとした時、コロナ禍によって挫折しかけてしまった。

「自分でも気づかないうちに少し強くなれていたような気がします」

苦難が葉月を一回りも二回りも成長させたようだ。

「私はきっとやっていける! という自信のようなものに包まれているのを感じました」とも語る葉月。これまでも、そしてこれからも心を込めて歌っていくと決意した。

葉月みなみ

FROM 葉月みなみ

まずテイチクエンタテインメントに移籍して、初めての新曲発売記念コンサートを無事に終えられましたことについて、ご協力ご支援をいただきました皆さま、会場にお出掛けくださいました方々に心から感謝申し上げます。

ファンの皆さまのご期待に応えられる歌手になるために一念発起して活動の拠点を地元・新潟から東京に移したものの、予期していなかったコロナ禍のためにまったく歌うことができない状態に置かれ絶望しかけたこともありました。

でも、幸いなことに現在私の総合プロデューサーを務めてくださっています岩尾三四郎さんとお会いすることができ、そのご指導ご鞭撻やお力添えのお蔭で念願のメジャーデビューを果たすことができ、そして6月27日、本当に久しぶりにファンの皆さまの前で歌を披露させていただくことができました。

コンサートが始まり客席に会いたかった方々や、懐かしいお顔を見つけると胸に込み上げるものがあって、きちんと歌えるだろうかという不安も一瞬よぎりましたが、ステージで歌える喜びが勝り、この日のためにレッスンを重ねてきた一曲一曲に心を込めてお届けすることができました。

自分でも気づかないうちに少し強くなれていたような気がします。

お客さまは声援こそご遠慮いただいていましたものの、うちわやペンライトなどの応援グッズを懸命に振りたくさんの拍手をくださって、その心強い後押しによって最後まで楽しくうれしく歌わせていただくことができました。

こんなに素晴らしいファンの方やスタッフの皆さんに支えられていると思ったら、ありがたい気持ちと誇らしい気持ちが湧き上がってきて、私はきっとやっていける! という自信のようなものに包まれているのを感じました。

終演後、お褒めの言葉をたくさんいただきましたが、自分では多くの反省点も見つかりました。一つ一つしっかりと改善に努めて着実に目指す場所への階段を上っていきたいと思います。

一人でも多くの方に新曲の「許さないで…ねぇ」「ふるさと慕情」を好きになっていただけるよう心を込めて歌っていきますので、オトカゼをご覧の皆さまにもご支援いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

2021年6月23日発売
テイチク移籍第1弾
葉月みなみ「許さないで…ねぇ」
葉月みなみ

「許さないで…ねぇ」
作詞/渡辺なつみ 作曲/桧原さとし 編曲/矢野立美
c/w「ふるさと慕情」
作詞/渡辺なつみ 作曲/桧原さとし 編曲/周防泰臣
テイチクエンタテインメント TECA-21029 ¥1,350(税込)