望月琉叶の新たな魅力が開花~新曲「面影・未練橋」~

昨年7月22日に「失恋慕情」で演歌歌手としてソロデビューした望月琉叶(るか)が、4月28日にセカンドシングル「面影・未練橋」をリリースする。今作は、本人曰く“令和版・木綿のハンカチーフ”。切ない別れのシーンが繊細に綴られたフォーク調の歌謡曲で、アイドルユニット「民族ハッピー組」のメンバーとして活躍するいち面とはまた違う、望月の魅力をより開花させる。

 

待望の新曲は“令和版・木綿のハンカチーフ”


Q
 昨年「失恋慕情」で演歌歌手として鮮烈なデビューを飾られた望月さんですが、今回の新曲はどのような作品ですか。

望月 ひと言で言うと、望月琉叶バージョンの「木綿のハンカチーフ」という感じの曲です。駅を舞台に、夢を追いかけて、夢のために離れる二人。夢を追って私は旅立つけれど、愛する人はここで私を待っていてくれる、みたいな内容ですね。初めて歌詞を見た時はすごいわかりやすい詞で、とてもストレートに自分に入ってきました。情景が言葉で出てくるので、イメージしやすくて歌いやすかったです。

Q 等身大というか、主人公は望月さんと年齢の近い男女のような感じがしたのですが、ご自身ではいかがですか。

望月 夢を追いかけて離れ離れになってしまう男女という方が若い方には当てはまると思いますが、老若男女関係なく”昔こういう恋愛を経験したなぁ”というような皆さんにもしっくりくるストーリーではないかなと思います。

Q 前作の時は、「悲しいけれど綺麗な曲です」とおっしゃっていましたが、今回はいかがですか。

望月 これもとても綺麗な曲です。前作はどちらかというと悲しい曲だったんですけれど、この曲はまだ未来があるような……でも、やっぱり切ない曲かな。

Q 1番は別れる時の駅での二人の姿が描写されていて、2番になるとそれは思い出になっていて、“今”の気持ちが歌われています。1番と2番で表現の違いなど意識したりはしましたか。

望月 そうですね。やっぱり1番は結構悲しめに歌いました。2番はちょっとだけ気持ちを明るく、がんばって前を向いて生きようとしている希望を表現して歌いました。

Q タイトルにもありますが、「橋」がモチーフになっているんですね。「ふたりの出逢い橋」「想い出戻り橋」「面影未練橋」と。望月さんがとくに好きな歌詞はありますか。

望月 これは実際にある橋じゃなくて、見えない心の橋。『見えなくても繋がっているよ。ちゃんと思っているよ』ということを意味している、離れ離れになった二人をつなぐ橋のことです。やっぱり、歌っていくにつれてだんだんとヒートアップしていって、最後の「遠く遠く離れても 面影未練橋」というところ。この部分がすごく好きです。この歌のラストスパートといいますか、タイトルですしこの曲で一番盛り上がる部分ですね。

Q メロディーを初めて聴かれた時の印象はいかがでしたか。

望月 すごいピンと来ました! 前作と同じ樋口義高先生が作曲を手がけてくださったのですが、私の出しやすいキーでのロングトーンがあったり、メロディーラインや音、フレーズなども私のことを考えて作ってくださった曲なので、すごく感動しました。

Q とても伸び伸びと歌われているな、というのが印象的でした。実際に歌われてみて難しいところはありましたか?

望月 1番は「やさしく拭いたひと」2番は「包んでくれたひと」という箇所です。ここがなぜか難しくて何回も練習しました。ワンフレーズで最初に息を使いすぎるとだんだん音が低くなってしまって……。本来なら最初から息を使ってはいけないフレーズなんですけれど、私は最初から息を出しちゃうくせがあるので、そこを直しました。

Q 結構苦労されたとか。

望月 はい。アイドルユニットでの活動では、メンバーが10人いるんです。『望月の声だけ聞こえていない』となったら大変なので、もうずっと最初から声を張って歌っていてとにかく出さなきゃいけない、というのに慣れてしまっている部分があって。でもこれはソロですしバラードですので、一つひとつの音をちゃんと丁寧に歌わないとボロが出ちゃったりするので(笑)、そこには神経を使いながら歌いました。

Q カラオケでこの曲を歌う際のワンポイントアドバイスはありますか。

望月 最初は1番も2番も音を置くように静かに丁寧に歌っていただいて、そして「遠く遠く離れても」からは、本当に力強く歌って欲しいですね。あとは「遠く遠く」と同じ言葉が2個並んで出てきた時に、どちらかといったら2個目の方をちょっと強めに感情を込めて、自分なりに思いをぶつけるように歌っていただければと思います。

「新曲『面影・未練橋』のレコーディングには作詞を手がけてくださった幸田りえ先生が立ち会ってくださいました。 すごく優しい先生でした。私らしく歌うことを微笑みながら見守ってくださっていました。私もとても気持ちよく歌わせていただきました」(望月)

 

ユニットでもソロでも一生懸命、私にできることを


Q
 一方のカップリング曲「あなたの歩幅で」ですが、これはまた心にグサリと来る曲ですね。

望月 そうですね。直接的な歌ですね……重い!(笑)この曲はどちらかというと若い世代の方に共感していただけるというか、『大丈夫だよ、この曲があなたに寄り添っているよ、あなたと同じ気持ちだよ』みたいな感じで、支えになるような歌です。

Q この詞がまず手元に来た時に望月さんはどう感じられましたか。

望月 若い頃ってちょっとしたことで苦しんだり、恋愛とかでもいろいろ傷ついたり挫折とかがあって、とにかくもがいているような葛藤している詞で、ここまでではなくてもこういう思いをしたことのある人は結構いるんじゃないかなと思うんです。「絵に描いたようないい子にはなれなくて」というのは、好きな人の理想にはなれなくてもう死んじゃいたいなみたいな。人よりもたくさんを望んじゃう子といいますか。基本的に重い女性だなと思います(笑)。

Q 言葉がとても鋭いですよね。「血」とか「ナイフ」……。

望月 実は、私はあまりグロテスクな感じが得意じゃなくて、しかも先端恐怖症なんです。だからこの「血」とか「ナイフ」とか、レッスン中に歌っていて貧血になってしまったことがあって……。字を見て想像して、サビの部分で具合悪くなってきてしまいました。

Q とても描写がリアルですもんね。でも、アイドルとしてのいち面と演歌歌手としてのいち面とはまた違う望月さんの魅力を引き出してくれる作品ではないかなと思います。

望月 はい。本当にそうなっていくに違いないです!歌っていくにつれていい意味で変化していく歌ではないかなと思っています。そして、この曲では私が所属している民族ハッピー組というアイドルグループのメンバーにもコーラスで一緒に歌ってもらっています。前作でオリコンチャートで1位を取れたのはメンバーやメンバーのファンの方の協力やご支援があったからだと思うので、本当に感謝しています。

Q おひとりで活動されるようになって、仲間と歌うこととソロという違う立場を経験されていますが、思うことはありますか。

望月 全然違いますね。気持ちもそうですし、今までメンバーに頼っていたり任せていた部分もたくさんあったので、そこからぽっとひとりで出た時に、やっぱり大きいプレッシャーと緊張、ソロで得たチャンスを次につなげてグループに還元しないと、という責任感だったり使命も感じています。自分ががんばったらそれが次にメンバーの誰かの仕事につながったり、グループの仕事につながったりした時にやりがいを感じたり、自分がこのグループに存在している意味を感じたりします。

「とある取材の時、着付師の方にお直しをしていただいてスタンバイ中の写真です。もうすぐ本番!」(望月)

アイドルユニット「民族ハッピー組」のメンバーとしても活躍中の望月。月に2回ほど仲間とフットサルをしている。カラダが硬すぎる望月は、メンバーの水泳で国体出場経験のある椎原えみにストレッチ指導を受けているという。指導をしてくださっている三浦泰年コーチ(キングカズのお兄さん)たちとの一枚。

Q メンバーの皆さんはどういう存在ですか?

望月 私はユニットの中でDJという立ち位置なんです。DJって、一番後ろの真ん中にいる盛り上げ役というか、私はいる意味あるのかなとか思ったこともありましたが、メンバーもみんな優しくて「グループにいてくれてうれしいよ」って言ってくれたり、すごく私のソロの活動も喜んでいてくれているので、ユニットの時にはちゃんとお返しをしたいという思いを持ってDJをやっています。これからもどっちも一生懸命、私にできることをしていきたいなと思います。

Q これからに向けての抱負や目標、ファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

望月 これからも皆さんのそばに寄り添える歌を歌っていきたいと思います。そして、紅白を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。いつもありがとうございます!

▶望月琉叶関連記事


2021年4月28日発売
望月琉叶「面影・未練橋」

望月琉叶「面影・未練橋」

「面影・未練橋」
作詞/幸田りえ 作曲・編曲/樋口義高
c/w「あなたの歩幅で」feat.民族ハッピー組
作詞/小林元 作曲/オーイシカズヒーロー 編曲/大野ヒロ
日本コロムビア COCA-17867 ¥1,350(税込)

遠くに離れることになった二人にかかる心の橋。望月が主人公になりきって、 “あなたへ 走ります” “あの日へ走ります”と、募る思いを歌う令和版”木綿のハンカチーフ”。主人公の切ない心情と流れるように描かれる情景が目に浮かぶような繊細な詞が胸に迫る。カップリング曲の「あなたの歩幅で」は、前作「失恋慕情」と同じ作詞家の小林元氏が描く、リアルでストレートな詞が印象的な一曲。望月が所属するアイドルユニット『民族ハッピー組』のメンバーがコーラスで参加し、望月の歌唱に花を添えている。「私がこんなに欲張りでもなくて、もっと愛を欲しがったりしなければ、あなたと寄り添っていけるかな。という少し『失恋慕情』の主人公と似ている後悔や自責の念を感じている主人公です。所属している事務所の社長が作曲されている曲なのですが、本当に社長が作ったのかな?!と思うくらい素敵なメロディーです(笑)。すごいいい曲だなと思いながら歌っています」(望月)

Profile
望月琉叶(もちづき・るか)
1996年7月15日、神奈川県生まれ。小さい頃から親戚に演歌歌謡を聴かされて育ち、何気に歌った演歌に心を打たれ、母の夢でもあった演歌歌手を志すようになる。学生時代はボイストレーニングに通い、数々のオーディションに参加。デモテープをつねに持ち歩き、代官山を歩いていた時、現在の事務所の社長にスカウトされ、アイドルグループ「演歌女子ルピナス組」に加入する。2019年、グループ名が「民族ハッピー組」に改名。ソロライブでは演歌を歌い、ファンからも大きな評判を得ている。2020年、念願かなって「失恋慕情」で“グラビアができる演歌歌手”としてソロデビューを果たした。子どもの頃からクールで冷静。感情より理論派だと自己分析する。望月琉叶は芸名。「母が気持ちを込めてつけてくれました。自分でも可愛い名前だなと思っているので、すごい気に入っています!」(望月)

日本コロムビア 望月琉叶ページ

民族ハッピー組 公式HP

INFORMATION
2021年4月21日
第72回コロムビア マンスリー歌謡ライブ
望月琉叶 第2部に出演 オンデマンド配信
2021年5月1日~2021年5月8日まで
第1部出演者:走裕介、村木弾、門松みゆき
第2部出演者:佐々木秀実、タブレット純、LAST FIRST、望月琉叶
配信では、第1部と第2部の両方の映像を視聴可能
チケット料金:3,000円(税込)
※別途手数料がかかる。
購入先:ZAIKO

詳細
コロムビアマンスリー歌謡ライブ~コロムビア花のステージ~

https://columbia.jp/monthlykayo/