• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 森山愛子がデビュー20周年記念コンサートで20年分の感謝! そして、「ごめんなさい」と歌手活動の休養を報告。
森山愛子

森山愛子がデビュー20周年記念コンサートで20年分の感謝! そして、「ごめんなさい」と歌手活動の休養を報告。

森山愛子が5月17日、東京・渋谷区のけやきホール(古賀政男音楽博物館)でデビュー20周年記念コンサート「ありがとう そして明日へ」を開催し、20年分の感謝をファンに届けた。一方で、今年いっぱいで歌手活動を休養すると報告、ファンに衝撃を与えた。

森山愛子

撮影:YURIE PEPE

20年を共に歩んたファンとの絆

開演時間の17時になり、場内は、「愛ちゃ~ん」コールの嵐、そして、空港から飛行機が飛び立つSEからのオープニング曲にしてデビュー20周年記念曲「雨の空港」を熱唱して、森山愛子のデビュー20周年記念コンサートの幕は上がった。

「今日は20年分の感謝を込めて歌いますので、最後まで楽しんでください」

森山は超満員の会場のお客様にそう挨拶すると、「会津追分」、「尾曳の渡し」、「伊吹おろし」とカラオケでも評判の旅情演歌三部作を一気に歌い上げた。続いて、バンドのメンバーをステージに呼び込み、7名のバンドメンバーから20本のバラを受け取ると、「バラは2番目に好きよ」と一言。次のパートに進む予定だったが、次々にプレゼントを渡すお客さんが後を絶たない状況となり、「まだ、4曲しか歌っていないのに、すみません。ありがとうございます」と照れながら話す森山。その姿に、20年を共に歩んできたファンとの強い絆が感じ取れる瞬間だった。

バンドの生演奏で「イムジン河」、「悲しくてやりきれない」を歌唱すると、森山の新たな扉を開けた大切な楽曲でもある「約束」へ。そして、お酒にまつわる様々な物語を朗読すると、「父さんのウイスキー」、「時代おくれ」、「酒場にて」と酒をテーマにした曲を披露した。

「大好きな、ちあきなおみさんの歌をお聞きください」。第一部の最後に森山は「冬隣」を歌った。

森山愛子

撮影:YURIE PEPE

約15分の休憩をはさんで始まった第二部は「愛子のソーラン節」からスタート。白いドレスに衣裳を変えた森山は元気いっぱいに歌いながら、客席の中をラウンド。観客とのレスポンスである合いの手も完璧に決まっていた。

ここからはこれまでに歌って来た20年を振り返り、とくに思い出深いオリジナル曲を7曲厳選してメドレーで披露した。「風樹の母」、「恋酒」、「雨の信濃路」、「喜連川」、「みれん花」、「ぞっこん」、「おんなの神輿」。森山愛子のヒストリーを辿る構成だった。

そして、バンドのメンバーが再登場。「愛子の名曲ベスト7」と題しデビュー以来、テレビの音楽番組等でたくさんの名曲にチャレンジしてきた中から、思い出に残る7曲を「大利根月夜」(田端義夫)を皮切りに「もう一度逢いたい」(八代亜紀)まで一気に歌い切った。

突然の休養宣言

「突然ですが報告があります」

森山愛子の言葉に静まり返る会場。そんな中で続けられた報告は、誰もが予想していなかった休養宣言だった。

「ちょうど20年前の5月19日に歌手デビューして、ここまでやってきましたが、20年という区切りの年を迎えて心に浮かんだのは、このまま皆さんのお力に甘えて良いのかということでした。この機会に、いま一度、自分自身を見つめなおしてみたい・・・そう思い、少し長いお休みをいただきたいと考えました。本当に私のわがままで申し訳ありません。

小さな頃から歌が大好きで、いつか歌手になれたらいいなぁと思った私ですが、幸運なことに、水森英夫先生と巡りあうことができました。水森先生はありったけの情熱で、私に歌うことの楽しさや厳しさを教えてくださいました。どんなに感謝してもしきれません。

そして、歌手デビューさせていただくことになりました。レコード会社やプロダクションの皆さん、そして事務所の先輩である坂本冬美さん・・・皆様の力強い応援をいただき、たくさんの真心をいただいて、様々な場面で歌うことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

この20年の間にファンの皆様との出会いがありました。私にとっては、かけがいのない出会いです。皆さんの応援があったから、大好きな歌をいつも楽しく元気よく、歌ってくることができました。苦しい時やつらい時もありましたけど、いつも側で本当のファミリーのように温かくいつも包んでくれたのは、ファンの皆様です。私の宝物です。本当に、本当にありがとうございます。ごめんなさい。突然の報告になってしまって、でも、どうしても皆様には、自分の口から伝えたかった。でも、今日、辞める訳ではありません。今年いっぱいは一生懸命歌います。また、皆様とお会いできたらうれしく思います。前向きなお休みです。結婚はしません。それだけは申しておきます。どうぞ皆様、時々は思い出してください」

森山は恩師・水森先生氏の作曲作品「陽は昇る」を万感の思いを込めて歌い切った。

森山愛子

撮影:YURIE PEPE

アンコールに登場した森山愛子は美空ひばりの名曲「人生一路」を歌唱すると、ファンに「大好き、大好き、大好き」と連呼。「私の始まりの1曲です。デビュー曲をお聴きください」と、デビュー20周年記念コンサートのラストに「おんな節」を精いっぱい歌い上げた。

 


2023年2月1日発売
デビュー20周年記念曲
森山愛子「雨の空港」
森山愛子

「雨の空港」
作詞/岸快生 作曲/水森英夫 編曲/馬飼野俊一
c/w「父さんのウイスキー」
作詞/岸快生 作曲/水森英夫 編曲/馬飼野俊一
ユニバーサル ミュージック UPCY-5114 ¥1,350(税込)

デビュー曲の「おんな節」から近年のご当地ソングシリーズまで演歌系の作品を中心にオリジナル曲を歌ってきた森山愛子が20周年を迎え、新たな歌の世界の扉を開けた渾身の1曲。今までにはなかった歌謡曲テイストの作品「雨の空港」は空港を舞台に逢いたいのに逢えない… 愛しくて切ない遠距離恋愛の大人な恋模様を歌うマイナー3連リズムのバラード歌謡曲となっている。カップリング曲「父さんのウイスキー」は天国に旅立った父を想う作品で、ブルース調が心に響く歌謡曲に仕上がった感涙の一曲となっている。

【Amazon】森山愛子「雨の空港」

 


森山愛子

profile
森山愛子(もりやま・あいこ)
1985年1月27日、栃木県生まれ。高校1年生の時(2000年8月16日)にNTV系『ルックルックこんにちは』の“女ののど自慢夏休み女子高生大会”に出場した際に審査員だった水森英夫氏の目にとまり、本格的なレッスンを受けることに。2003年、現在の所属事務所の社長の紹介で、アントニオ猪木さんの事務所でアルバイトを始める。このことがきっかけで猪木さんが名付け親に。「森と山、自然を愛する子」という意味で「森山愛子」と命名される。2004年5月19日、東芝EMI(現ユニバーサル ミュージック)より猪木さんの命名による“闘魂の歌姫”として「おんな節」でデビュー。第37回日本有線大賞および第46回日本レコード大賞で新人賞を受賞。以降、着実に歌手としてのキャリアを積み、2012年、9枚目のシングル「約束」ではレコチョクの演歌・歌謡曲チャートの1位を獲得。翌2013年には、草月ホールにて「デビュー10周年 闘魂の歌姫 森山愛子 『約束』 ヒット感謝祭コンサート」を開催した。また2019年の「尾曳の渡し」ではJOYSOUNDカラオケ年間ランキングの「令和発売曲ランキング」で総合10位となる。2023年2月、デビュー20周年記念シングル「雨の空港」をリリース。とちぎ未来大使。介護福祉士の資格も持つ。

関連記事一覧