• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 今陽子初の撮り下ろしMVで「恋の季節」「涙の季節」を収録! ピンキーとキラーズのデビュー55周年を記念したBOXがついに発売!
ピンキーとキラーズ

今陽子初の撮り下ろしMVで「恋の季節」「涙の季節」を収録! ピンキーとキラーズのデビュー55周年を記念したBOXがついに発売!

デビュー55周年を記念してピンキーとキラーズを様々な角度からアーカイブした『ピンキーとキラーズ大全』が3月22日、ついに発売された。

このBOXには「恋の季節」をはじめとしたヒット曲はもちろんのこと、すでに手に入らない音源やCMやテーマ曲などで使われていたけれど商品としてリリースしていなかった作品なども音盤化し、厳選して初収録されている。

今陽子

デビュー55周年記念BOX『ピンキーとキラーズ大全』では、今陽子が初めて監修者として参加した。

またピンキーこと今陽子自らが初めて監修にかかわった作品集でもあり、細部にまでこだわった貴重な楽曲解説や、インタビュー、ディスコグラフィー、ここでしか見ることができない秘蔵写真など多数掲載されている。

ピンキーとキラーズ

さらにピンキーとキラーズのキャリアを俯瞰できる資料を満載したブックレットは124ページにわたる内容となり、さらにジャケットはピンキーとキラーズといえばかかせないイラストレーターの和田誠氏の作品を使用し、完璧な記念BOXとして完成した。

またDVDには初公開の映像に加え、このBOXのために撮り下ろされた今陽子として初のミュージックビデオ「恋の季節」「涙の季節」も収録。発売日である3月22日19時に解禁となり、YouTubeでもその一部が公開された。

4月21日には目黒のブルースアレイジャパンで、今陽子のライブも予定されており、月日を経て円熟味を増したそのステージを近くで見ることができる。

 

▼キングレコード『ピンキーとキラーズ大全』商品ページ
https://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIZC-90706/


2023年3月22日発売
デビュー55周年記念BOX
『ピンキーとキラーズ大全』
ピンキーとキラーズ

キングレコード KIZC-90706~10 ¥15,000(税込)

【DISC1 オリジナル・ソングス⑴】
1.恋の季節
2.つめたい雨
3.ファンキー・エンジェル
4.恋のお話
5.涙の季節
6.涙のバラード
7.七色のしあわせ
8.愛の湖
9.星空のロマンス
10.あのとき あなたは
11.いつのまにか
12.星をたずねて
13.恋人の讃歌
14.陽のあたる街
15.土曜日はいちばん
16.小さな大切な恋
17.愛の丘の上
18.青春のブルースカイ・ロード
19.青い森の二人
20.恋のサンポラレ島

【DISC2 オリジナル・ソングス⑵】
1.恋の鳥よ逃げないで
2.若いときこそ
3.恋人よバラのように
4.愛に生き平和に生きる
5.明日へ行く汽車
6.何かいいことありそうな
7.愛の花をふたたび
8.幸福ちゃん
9.許されぬ恋(裏窓の部屋)
10.虹と雪のバラード(NHK・札幌オリンピックの歌)
11.みんなでつくろう
12.ロマンス
13.こんなの恋じゃない
14.かぜの季節
15.ウナコーワ
16.カネボウ ポリエステル
17.農中金 あなたの道
18.野村證券
19.ナショナル パナソニックテレビ パナパナ
20.恋がしたくて コークを飲もうよ
21.東海音頭
22.君の明日を
23.霧島おじゃれ
24.ニャーオン(ABCホーム・ソング)
25.あそぼうよ
26.誕生日はいいもんだ
27.十二の誕生日

【DISC3 テーマ・ソングス】
1.オレと彼女
2.ゆびきりげんまん
3.青空にとび出せ
4.愛のチューチュー列車
5.恋はそよ風
6.花も嵐も
7.恋の大冒険 テーマ・ミュージック
8.主題歌 素敵な恋(バラード)
9.集団就職
10.ラーメン工場のうた~俺は大悪人
11.主題歌 素敵な恋
12.迷竹ラーメンの唄
13.迷竹ラーメンの唄(催眠術をかける迷竹)
14.動物を守る唄
15.私はカバ・ガール
16.アテレコの唄
17.カバと陽子のデュエット
18.野生の恋(素敵な恋)
19.大都会のブルース
20.公聴会の歌
21.動物を守る唄
22.素敵な恋~かおりの歌
23.追いかけっこの歌
24.ピンキーどこへ行く
25.素敵な恋(フィナーレ)
26.空が青いから(松竹映画「愛の旅路」主題歌)
27.愛の旅路
28.ピンキーとキラーズ テーマ トゥ・ヤング
29.マイ・ダービー・ハット
30.カバー・ガール
31.踊る、踊る、踊る

【DISC4 カヴァー・ソングス】
1.おてもやん (熊本県民謡)
2.安来節 (島根県民謡)
3.佐渡おけさ(新潟県民謡)
4.ソーラン節(北海道民謡)
5.江戸子守唄 (東京都民謡)
6.真室川音頭(山形県民謡)
7.デカンショ節(兵庫県民謡)
8.八木節(群馬県民謡)
9.五木の子守唄 (熊本県民謡)
10.黒田節(福岡県民謡)
11.会津磐梯山(福島県民謡)
12.炭坑節(福岡県民謡)
13.木曽節(長野県民謡)
14.安里屋ユンタ(沖縄県民謡)
15.オー・マイ・パパ
16.ヴァイア・コン・ディオス
17.グッド・ナイト・スイート・ハート
18.私の青空
19.セントルイス・ブルース
20.ナイト・アンド・ディ
21.虹のかなたに
22.ラスト・ワルツ
23.ラヴ・ミー・トゥナイト
24.雨に濡れても
25.男と女

【DISC5 DVD】
1.恋の季節
2.涙の季節
3.恋の季節(コンサート映像)

INFORMATION

今陽子 SPECIAL LIVE~ピンキーとキラーズ・デビュー55周年!
開催日:4月21日(金)
開場18:00オープン 開演19:00
会場BLUES ALLEY JAPAN(ブルースアレイ)
問い合わせ
TEL:03-5740-6041(平日12:00~19:00)


profile
ピンキーとキラーズ
ピンキーとキラーズはいずみたく門下生だった今 陽子を中心に、1968 年春に結成。
メンバーは今 陽子(1951年11月1日生まれ/vo)、ジョージ浜野(1941年1月1日生まれ/rythm g)、エンディ山口(1945年6月12日生まれ/lead g)、ルイス髙野(1947年1月14日生まれ/b)、パンチョ加賀美(1944年2月21日生まれ/dr) の5 人からなり、全員がダービーハットにパンタロンという個性的なスタイルで鮮烈なデビューを果たした。
グループ名はスパンキー & アワギャングからヒントを得たもので、音楽的にはセルジオ・メンデス& ブラジル’66 をはじめとする海外のポピュラー音楽からの影響を、ダービーハットは、パントマイムのフレール・ジャックの線を狙ったようである。
「恋の季節」でのレコード・デビュー以降は、老若男女さまざまな層に支持されてお茶の間の人気者になり、巷に“ピンキラ・サウンド”を印象付けた。

今陽子(通称:ピンキー)
幼少よりジャズ・ポップスを好み、作曲家いずみたく氏に師事し、15歳でソロデビュー。16歳で「ピンキーとキラーズ」を結成すると、デビュー曲「恋の季節」がダブルミリオン(約270万枚)を記録し、17週連続でオリコン1位となり、数々の音楽賞を受賞。解散後、1981年に単身渡米し、ニューヨークで歌・ミュージカルを勉強する。帰国後は、ミュージカル、舞台、ライブ、テレビなど多岐に渡って現在も活躍中。

関連記事一覧