• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 原田悠里と鳥羽一郎がデビュー40周年を共に祝う。ラジオ番組で共演し、40周年記念シングルをお互いにアピール
原田悠里&鳥羽一郎

原田悠里と鳥羽一郎がデビュー40周年を共に祝う。ラジオ番組で共演し、40周年記念シングルをお互いにアピール

デビュー40周年記念シングル「愛の糸」(詞曲・原譲二)をキングレコードから2月16日に発売した熊本・本渡市(現・天草市)出身の原田悠里が同日、都内のスタジオで、自身がMCを務め、今年で4年目を迎えるラジオ番組「原田悠里のちょっと寄んなっせ♪」(熊本放送)の録音を行い、ゲストの鳥羽一郎とデビュー40周年を共に祝った。

この日のゲストの鳥羽は、1982年8月25日に「兄弟船」でデビューし、同年6月5日に「俺に咲いた花」でデビューした原田とは同期。2人は共に今年で40周年を迎え、鳥羽は同記念シングル「一本道の唄」(詩・武田鉄矢)=鳥羽の長男でシンガー・ソングライター、木村竜蔵が作曲)を日本クラウンから1月12日に発売(同日に40周年記念アルバム『この道』も発売)していた。

原田悠里&鳥羽一郎

デビュー当時の写真を手にする原田悠里(右)と鳥羽一郎。当時は二人とも初々しい!?

ラジオ番組の収録前、2人でくす玉を割り、中から「祝40周年」と書いた垂れ幕が出てくると、感激の鳥羽は「40年はあっという間だったかもしれませんが、その間にはうれしいことも悲しいこともいろいろありましたからやっぱり長かったし、それなりの年齢の重ね方をしてきたなと思います。その中で一番思い出に残っているのは、紅白ですね。あの番組を目指してみんな頑張っているわけですから、初出場できたときはうれしかったです」と、この40年を振り返っていた。

一方、原田も「私も同じで、紅白初出場でした。私の場合はデビュー18年目にして『津軽の花』でやっと出場することができたので、その紅白では『苦節18年』と紹介されました」とコメント。「故郷の市役所に『紅白初出場』の垂れ幕が出たときはうれしかったですね。鳥羽さんは、私よりも2カ月ぐらい遅いデビューですが、マネージャーさんと2人でキャンペーンをおやりになっている姿をよく見かけました。私も必死にキャンペーンをやりましたが、田舎のほうに行くと鳥羽さんの色紙を見つけたりしたものです(笑)」と、鳥羽とのキャンペーン対決(!?)を懐かしがった。

鳥羽も「(キャンペーンは)お互いさまですよ。本当に刺激になった…。あの当時は、夜キャンなんていうのがあって、飛び込みで夜の酒場に行って歌ったものです。あの勢いはすごかったですね」と、想い出話に花を咲かせていた。

原田悠里&鳥羽一郎

40周年記念曲について、2人は次のように話していた。

鳥羽一郎「武田鉄矢さんと番組で一緒になったとき『詩を書いてください』とお願いしていたのですが、今回、改めて作詩家・武田鉄矢さんとして詩を依頼したところ、『演歌は書けない』と言われたので難しいかなと思っていたのですが、後日、とても素敵な詩が出来上がりました。『これは“鳥羽一郎のマイウェイ”であって、武田鉄矢さん、海援隊の“マイウェイ”でもあると思うんです』と武田さんに言ったら、ニコッとされました。最後の『かかとそろえて おじぎをします』というフレーズは特に気に入っています」。

原田悠里「私には北島三郎先生が何曲か書いてくださったのですが、その中でもこの『愛の糸』は絶対歌いたいと思いました。宇宙観というくらい大きな世界の中に北島先生が立っていらっしゃるようなスタンスで書いてくださったスケールの大きな作品です」

今後については、原田が「鳥羽さんも一生懸命にまっすぐ歩いてこられて、私も努力が足りなかったとかいろんな思いはありますが、もう戻ることはできないので、これから一歩ずつ頑張ろうという思いを抱いていますし、今日がまた新たなスタートラインだと思っています」と話すと。鳥羽は「40周年は通過点ですよ。これから何年歌えるかわかりませんが、お互いに切磋琢磨しながら頑張って歌っていきたい」と意欲を燃やしていた。

 

 記事の感想を募集中