• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • はやぶさがデビュー10周年記念コンサートを開催。皿まわしや傘まわしの曲芸にも初挑戦し、10周年の集大成を見せた!!
はやぶさ

はやぶさがデビュー10周年記念コンサートを開催。皿まわしや傘まわしの曲芸にも初挑戦し、10周年の集大成を見せた!!

これまでの10年。これからのはやぶさ

ヒカルとヤマトによる男性2人組新世代グループ・はやぶさが8月12日、デビュー10周年を記念したコンサートを東京・中野区のなかのZERO(もみじ山文化ホール)で開催した。コンサートは昼夜2回行われ、延べ44曲を歌い、曲芸やコントも披露するなど10年間の集大成ステージで最後まで客席を楽しませた。

ファンサービスが旺盛なはやぶさの2人がデビューしたのは2012年2月22日。ビクターエンタテインメントから「ヨコハマ横恋慕」をリリースし、今年7月14日には通算14枚目のシングル「サンキュ!ピース feat.辰巳ゆうと」を発売。事務所の後輩・辰巳ゆうとをゲストボーカルに迎え、“心に太陽! 素晴らしい明日を!!”と、聴く人、歌う人を元気にさせる歌を届けている。

はやぶさ

デニムスーツで登場したはやぶさのヒカルとヤマトは、オリジナル曲から「エボレボ!」、「ヨコハマ横恋慕」、「ちょっと待ってヨコハマ」「なんで横浜・・・」「ロマンティック東京」「月あかりのタンゴ」「流星のロマンス」「蜘蛛男のダンス」を披露。昼の部では「くちづけ」「夏の終わりのハーモニー」を、夜の部では「無法松の一生」「イヨマンテの夜」をカバーした。

ヤマト「田舎(静岡県御殿場市)から上京して来てから10年がたったのかと思うと、感慨深いものがあります。今日は、これまでのはやぶさの10年と、これから先のはやぶさを感じていただけるようなステージをお見せしたい」

ヒカル「この10年は、恵まれた環境で幸せな歌手生活を送らせていただいたなと思います。今日は10周年という記念のコンサートを開催させていただけることに感謝しています」

そんなふうに意気込んでいた2人による「はやぶさコンサート おかげさまでデビュー10周年~感謝の気持ちを今ここに~」と銘打った10周年記念コンサートのオープニング曲は、第6弾シングルで、テレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ VSRF」の主題歌となった「エボレボ!」。デニムのスーツに身を包んだヒカルとヤマトは、第2弾シングル「ちょっと待ってよヨコハマ」へと歌い継ぎ、阿久悠氏が作詞した「蜘蛛男のダンス」、前作シングル「キンキラKING!」、そして新曲「サンキュ!ピース feat.辰巳ゆうと」など、これまでにリリースしたシングル表題曲をすべて披露した。

またヒカルとヤマトの持ち味を活かした名曲のソロ歌唱や、はやぶさならではの趣向を凝らしたエンタメコーナーでファンを沸かしたほか、新曲の披露では、ゲストボーカルとして参加している辰巳からお祝いメッセージも届いた。

今日のステージに感激と感謝

はやぶさ

昼の部のソロコーナーで石原裕次郎が歌った「夜霧よ今夜も有難う」を披露するヤマト。夜の部では田端義夫の「十九の春」を、三線(!)を弾きながら歌った。

はやぶさ

着物に着替えて登場し、美空ひばりの「龍馬残影」を歌うヒカル。夜の部でも美空ひばりをカバーし、「ひとすじの道」を披露した。

昼の部では、昭和の名曲カバーから鶴岡雅義と東京ロマンチカの「くちづけ」、井上陽水&安全地帯の「夏の終わりのハーモニー」、ソロコーナーでヤマトが「夜霧よ今夜も有難う」(オリジナル歌唱・石原裕次郎)、ヒカルが「龍馬残影」(オリジナル歌唱・美空ひばり)を披露。夜の部ではヤマトが三線に初挑戦し、田端義夫の「十九の春」を、三線(!)を弾きながら歌うシーンも見せた。

コンサート(昼の部)の中ほどでは、はやぶさ10年間の歩みをスクリーンで紹介し、「10周年祝いの皿と傘まわしコーナー」と題して、ヤマトが皿回し、ヒカルがボールや枡を傘の上に乗せて回す曲芸にも初挑戦した(夜の部はスナックはやぶさ劇場版としてコントを披露)。

はやぶさ

10周年という大変おめでたいコンサート。はやぶさの2人は大道芸を披露し、ヤマトが皿まわしを見せると、ヒカルはボールや枡の傘まわしでお祝い。会場を沸かせた。

はやぶさ

真剣な表情で、皿まわしをみせるヤマト。

はやぶさ

傘まわしに挑戦するヒカルと、マイクパフォーマンスで盛り上げるヤマト。

はやぶさ

練習の成果を発揮し、枡をいつもより多くまわすヒカル。

コンサートの終盤は、新曲の白い衣裳で登場し、「未来はジョー!ジョー!」「ジョー☆デッキー!!!」「超天フィーバー!」などを歌い、アンコールでは法被姿を披露。「恋のすみだ川」、そして「はやぶさ祭りだよ!」で盛り上がった。

コンサートを成功させたはやぶさの2人は、コロナ禍の中で記念コンサートが開催できたこと、途中メンバーの脱退もあったが、この10年間を支えてくれたファンに感謝していた。

ヒカル「(コロナ禍で実現した)今日のコンサートは、言葉では表せないくらい感激と感謝でいっぱいです。11年目からまた輝いていけるよう頑張っていきます」

ヤマト「スタッフやファンの皆さまなどいろんな方に支えていただいた10年でした。その10周年コンサートをこのコロナ禍の中、たくさんのスタッフの方に支えていただいていまこのステージに2人、立つことができました。そんな中でお越しくださった皆さま、本当に有難うございました」

なお、2019年1月26日に単独コンサートを行って以来、2年半ぶりの単独コンサートでもあった「はやぶさコンサート おかげさまでデビュー10周年~感謝の気持ちを今ここに~」の模様は8月28日~9月3日までStreaming+で配信される。

配信詳細は公式ホームページをウォッチしてください。
はやぶさ 公式HP
長良グループ はやぶさ ページ

 

関連記事
【写真モリモリ版】はやぶさがデビュー10周年記念コンサートを開催。皿まわしや傘まわしの曲芸にも初挑戦し、10周年の集大成を見せた!!


2021年7月14日発売
祝・10周年! はやぶさからの感謝
「サンキュ! ピース feat.辰巳ゆうと
【Aタイプ】

「サンキュ!ピース  feat.辰巳ゆうと」
作詩/水樹恵也 作・編曲/koshin
c/w「ふるさとの桜」
作詩/高畠じゅん子 作曲/小林宏和 編曲/鈴木 豪
ビクターエンタテインメント VICL-37589 ¥1,350(税込)

【Bタイプ】

「サンキュ!ピース  feat.辰巳ゆうと」
作詩/水樹恵也 作・編曲/koshin
c/w「ラスト・シーン」
作詩/阿久 悠 作曲/三木たかし 編曲/工藤恭彦
ビクターエンタテインメント VICL-37590 ¥1,350(税込)

2012年2月にシングル「ヨコハマ横恋慕」でデビューし、今年デビュー10年目を迎えたはやぶさの待望の新曲! 約1年ぶりとなるシングル「サンキュ!ピース  feat.辰巳ゆうと」は、14枚目となり「心に太陽!素晴らしい明日を!!」をテーマにした明るく元気なメッセージソングだ。また、同じレーベルであり所属事務所の後輩である辰巳ゆうとが、はやぶさの10周年という新たな門出にゲストボーカルとして参加し花を添える。
主要な音楽配信サービス(聴き放題 or ダウンロード)でも好評配信中!

はやぶさ

7月14日の新曲発売日には、ジャケット写真にも登場する東京タワーのメインデッキ2階にある「タワー大神宮」でヒット祈願を行ったやはぶさのヒカルとヤマト。ゲストボーカルの辰巳ゆうとも駆けつけ、東京タワーをバックに記念撮影。目指せ、てっぺん!!