純烈のリーダー、酒井が壊れる!?

人気プロレスラーの秋山準選手からチョップを受けた純烈のリーダー、酒井一圭が壊れた!?

チョップを受け、ひとしきり悶絶した酒井は、胸に真っ赤な手形をつけながら、「これがスポーツの素晴らしさ」と爽やかに語ると、白川裕二郎が「いやいや、全然、(意味が)わからない」と全否定。小田井涼平が「目が焦点あってへん」と心配(?)すると、酒井は「星、飛んでるもん」。

どうしてこんなことになってしまったのか?

じつは、今月1日、全日本プロレスから別団体DDTプロレスリングへレンタル移籍した秋山は、大石真翔、渡瀬瑞基、岡谷英樹の4人で「秋山軍(仮)」を結成、リングで戦ってきた。しかし、そろそろ正式名称がほしいと、各選手のTwitterでユニット名を公募したところ「準烈」という名前が多数。今後はスーパー戦闘ユニット「準烈」として活動していくことになった。

しかし、“じゅんれつ”と言えば、いまや国民的人気グループとなった「純烈」が本家として君臨している。プロレス界の“じゅんれつ”を名乗ることのお墨付きを得ようと、「準烈」の4人組が7月20日、本家「純烈」の事務所を訪ねたのだ。

本家・純烈の元を訪れた準烈は、名前の公認を求めた。

プロレス界の“じゅんれつ(準列)”は、大石がリーダーを務め、渡瀬が特攻隊長、岡谷が鉄砲玉、秋山がリードボーカルの役職に就くことを説明し、 “じゅんれつ”を名乗ることの公認を本家に求めた。

「認めていただけますでしょうか?」

今林久弥アシスタントプロデューサーが問うと、酒井は「もちろんOKです。大喜びです。“じゅんれつ”という名前がプロレス界にも響き渡る」と快諾。ここに、歌謡界とプロレス界それぞれに“じゅんれつ”が誕生することになった。

 

純烈 関連記事▶