山内惠介

「山内惠介 惠音楽会Special in Tokyo」。“僕のルーツ”を歌い、21年目のスタートに。

山内惠介が4月5日~9日までの5日間、東京・江東区のZeppダイバーシティ(東京)で「山内惠介 惠音楽会Special in Tokyo」を開催。“あなたがいるから 俺がある”と感謝の気持ちを歌で訴えた。

惠音楽会は自身の最新曲以外は、毎回テーマを掲げ名曲を歌い紡いでいく企画としてスタートした。第1回は2009年8月26日に行った「惠音楽会 scene(シーン)1」。会場は所属事務所からほど近い東京・江東区の「ティアラこうとう小ホール」だった。惠音楽会は“sceneシリーズ”を16回開催し、2019年春には大阪・新歌舞伎座で「惠音楽会プレミアム」と題して、また北海道・札幌では「惠音楽会Special Ⅳ」を開催しているが、昨年はコロナ禍で開催できなかった。

「惠音楽会Special in Tokyo」は約2年ぶりとなる22回目の“惠音楽会”であり、東京での開催は2017年8月以来、3年8カ月ぶりだった。

2月に発売された新曲「古傷」の歌唱からスタートした東京公演では、全8公演を行い4000人のファンを集めた。感染対策が採られた会場では収容制限100%の観客を入れることが可能だったが、万全を期すため半分に制限して行われた。本記事は全8公演の内、4回目(4月7日 昼の部)の公演をもとにレポートしていく。※このコンサートの模様(最終日)は4月12日までストリーミング配信されている。詳細は下部にて。

山内惠介

「みなさん、こんにちは~。お忙しい中、足を運んでいただきましてありがとうございます。惠音楽会、4回目のステージです。毎回、衣装を替えていまして、4着目でございます。このあとは代わる代わるいくわけですけれど(笑)。演歌界の貴公子と呼んでいただいています。山内惠介です」

新曲「古傷」を歌い終えて語りかけると、山内は拍手に包まれファンの温もりを感じていた。

2001年4月18日、「霧情」でデビューした山内は昨年デビュー20周年を迎えたが、コロナ禍で予定されていた記念ツアーが中止となり、秋には少しずつライブやコンサートを再開できるようになったものの、2度目の緊急事態宣言が出される中、デビュー20周年スペシャルサンクスコンサートなど有観客イベンが延期されてしまっていた。

「今年の僕のソロのステージはここから始まりましたので、オリジナル曲から聴いていただきました」

山内惠介

久々に開催する東京での惠音楽会のテーマを山内は「僕のルーツ」に決め、“逢いたかったぜ 三年ぶりに”の歌詞で始まる「逢いたかったぜ」から歌っていく。

「今回のテーマは“ルーツ”です。僕が影響を受けた音楽を選りすぐってお届けしていきます。今日のカバーの1曲目は『逢いたかったぜ』を歌わせていただきます。僕の父が6年ぶりに故郷に帰った時に、僕に向かって歌ってくれた楽曲でもあります。“逢いたかったぜ 六年ぶりに”と歌ってくれました(笑)」

山内は最近、NHKの『湯けむり人情バラエティー サンドのお風呂いただきます』に出演している。サンドウィッチマンの伊達みきおが、相方の富澤たけし、ゲストとともに日本各地を訪れ、入浴しながら人生に触れる番組だ。

この番組を観た父親が「いや~、今は演歌歌手も大変だな。ストリップもやるんだな」と話したようで、山内は「そんな父に育てられたので、こんなふうに調子よくなっちゃった」と観客を笑わせていた。

山内惠介山内惠介

続いて披露したのは、5歳の頃に歌っていた「港の五番町」だった。幼い頃の山内が影響を受けた曲には、美空ひばりの「みだれ髪」もあったが、こちらは夜の部で歌うことにし、昼の部では岡靖夫が歌った「港の五番町」を選曲した。山内がよく聴いていたのは、1988年に五木ひろしが歌ったカバーバージョンだ。

「あれから四半世紀が経ち、30歳の時に五木先輩の真横で歌わせてもらいました。明治座でのステージでした。5歳の時の自分に言ってあげたいですね。25年経ったらこんなミラクルが起こるよって」

山内は曲とのエピソードを語りながら、ルーツにまつわる曲を歌っていく。その語りも惠音楽会の楽しみの一つだ。

山内惠介

米倉利紀の「Love in the sky」、中山美穂 & WANDSの「世界中の誰よりきっと」といったニューミュージックも披露した。

同級生の友達とカラオケに行くと、山内は「みだれ髪」や島倉千代子の「人生いろいろ」を歌いたいのを我慢して、周りに合わせて演歌以外の曲を歌っていた。そんな時に歌っていた曲から選曲した。この2曲は十八番だったという。

「みんなが流行っているスピッツさんの『チェリー』とか、安室奈美恵さんとか大黒摩季さんの歌を歌うわけです。僕、空気読んでね、なかなか歌えなかった。でも、盛り上がってきて、1時間、2時間経つと、最後は『風雪ながれ旅』で締めたり、“祭りだ 祭りだ・・・”とか『祭り』を歌ったり。自分を隠せなかったんですが(笑)」

「Love in the sky」は山内が中学3年生の時に流行っていた楽曲だったが、この曲のディレクターが今、山内作品のディレクターを務めているという。2009年の「風蓮湖」からのつきあいで、最初にそれを知った時には「嘘でしょう?」と驚いたという。

「偶然というか、点と点がつながった。必然だったのかと思って。『風蓮湖』から最新作『古傷』まで作っていただき、新しい刺激をいっぱいいただいています」

「世界中の誰よりきっと」は、初めて手に入れたCDだった。9歳上の兄に買ってもらったそうで、当時、中山美穂が写るジャケット写真が色っぽかったと、昼の部で歌った(夜の部は尾崎豊の「僕が僕であるために」)。

山内惠介

もっとも多くを語りながら歌ったのは、北島三郎の「男の劇場」だった。山内のデビュー曲「霧情」を書いた星野哲郎が作詞、山内の恩師(=水森英夫)の師匠でもある北原じゅんが作曲した作品だ。

高校1年生の時に出場したカラオケ大会で歌いスカウトされた曲で、山内が「自分の夢をつかんだ一曲」として紹介した。普段のコンサートや、テレビ・雑誌でも「男の劇場」については話しているが、ここまで様々なエピソードを詳細に語ることは少ないのではないか。会場に足を運ばないと聞くことができないのは、まさに惠音楽会ならではだった。

本当はいけないんでしょうけど、ついつい気合いが入ると、「男の劇場」を歌い上げると、「女の港」「女のためいき」の2曲を歌った。

山内惠介 山内惠介

大月みやこの「女の港」は母が大好きでよく歌っていたそうで、歌手になり、大月の前で歌った時のエピソードなどを紹介していた。

「女のためいき」は森進一のデビュー曲。カバー曲を歌い継いでいく企画の最後の曲として選んだ。

「最後のカバーになります。レコード会社のビクターには、ずっと20年間お世話になっています。大先輩には青江三奈さん、松尾和子さん、フランク永井さん。もう勢ぞろいです。僕は17歳でデビューしました。女唄でした。10代で女唄というと、ビクターでは森進一さんなんです。森先輩から35年ぶりに17歳でデビューした演歌歌手ということで、ビクターのみなさんに期待してもらって世に送り出していただきました」

「森先輩とも一緒に歌わせていただいたことがございますが、デビューした頃、楽屋にご挨拶にいったら、『君はこれからどうやって頑張っていくの?』って聞かれました。突然だったんですが、『努力ですかね』って答えたんです。そうしたら森先輩が、『口で言う努力は努力って言わないんだよ』って」

山内惠介

森は家庭の事情から、現代では考えられないほどの苦労を重ねて、幼少時代から少年時代を過ごしている。いくつもの職業を転々としながら、運良く歌手になり、早々にヒット曲に恵まれたが、努力が報われない時代を過ごした経験を持っている。

森の口調をモノマネしながら話す山内に、観客は笑っていたが、最近になって少しずつその意味がわかるようになってきたと感謝していた。「すいぶん深い言葉をいただいたんだなと思います」と。

森とのNHKの食堂でのエピソードなども話して、「女のためいき」を歌うと、山内はステージの袖に消えた。

これまでの惠音楽会では新曲以外は、すべてカバー曲を歌った。だが、今回は趣向を変えた。1月、2月、3月と配信コンサートでは歌ってきたが、ファンに直接、生の山内惠介を見せることはできなかった。そんな中、5月に北海道でのツアーが決まった。山内は、時間的にはタイトだと思ったが、「道内ツアーの前に、どうしても東京で自分のステージをやりたくなった」と、惠音楽会の準備を進めた。

山内惠介

惠音楽会の後半は、2008年にリリースした9枚目のシングル「恋する街角」でスタートした。デビュー15周年となる2015年に『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした山内は、以来6年連続で出場しているが、昨年の “紅白”で歌った曲だ。山内のコンサートに欠かせない曲でもあり、この歌で、山内は“けいちゃん”という掛け声をかけてもらうようになった。

「昨年の大みそかに着させていただいた衣装です。この衣装、いいっしょ!」

衣装を着替えて再登場すると、山内は感染防止のために声が出せないファンに、拍手での掛け合いをリクエスト。歌い終わると、「みなさん、盛り上がっていますか~! まだまだいきますよ~! 朝までいくぞ~! 今年もいい年にするぞ~!」とコール。コールに応じてくれたファンに、「幸せです」と返した。

山内惠介山内惠介

「お客様がいてくださること、これが原動力になります。お客様がいなければ、歌い続けていくことができません。お客様がいることで、自分でも思いもしない力が出ます。みなさんが“山内惠介”の存在を、そして歌手らしい振る舞いをさせていただいているんだなと感謝申し上げます」

「ここからは一番新しい山内惠介を聴いていただきたいと思います」と、山内は新曲「古傷」のカップリング曲を歌唱する。

2月発売の「古傷」は4タイプあり、DVD付きの【唄盤】以外には、それぞれカップリング曲が収録されている。

まずは【暁盤】収録の「夜明けはバラ色の指」という、ギリシャの神話をモチーフに作られた男女の恋物語と、「僕のとっても好きな世界です」と、【郷愁盤】に収録された「ふるさと心」を聴かせた。

山内惠介

本来なら、ここで【絆盤】のカップリング曲を歌うところだが、山内は「もう一つのカップリング曲『なにげない日々』の前に、ここで20周年記念曲『残照』をお届けしたい」と話す。長くなるが、山内が語ったほぼすべてを届けたい。

「『古傷』のプロモーションを撮るために長野県の上諏訪へ出かけました。去年の12月のことです。久しぶりにロケができるけれど、お天気はどうかな? 最初は曇り予報だったんですが、おかげさまで晴れまして快晴でした。高い山に登って、遠くには富士山が見えて、昼間なのに月まで見えて、もちろん太陽も出ていましたが、これはいいことがあるなあ、良いことがある予兆だなと思いながら、夜までPVを撮ったんですが、最後は諏訪湖をバックに歌っているシーンを撮りましょうってなりました。諏訪湖には綺麗な残照が目の前に広がっていまして、(撮影後)上諏訪の駅に着いたら花火がボーンって上がって・・・。本当に今日は意味がある。『古傷』が大ヒットするに違いないなと思いました。皆様が(本人映像の)カラオケを歌いながらとか観てくださるとね、旅行気分を味わっていただけると思いますが、いい経験をさせてもらいました。(コロナ禍の中で開催にこぎ着けた20周年記念リサイタルの)日本武道館もそうですけれども、みなさんのおかげです。『山内さん、20周年、残念でしたね』って言っていただくんですが、いやいや、そんなことないです。会えないからこそ、ファンの方が山内惠介を支えてくれました」

山内惠介
大きな拍手が会場に響き渡る。涙をためた山内は、コロナ禍で苦しんだ時間を「20年なんてまだまだ。僕は25年、30年と歌っていくためにいただいた時間だったんだと思います。みなさんの応援のおかげで、そう確信することができました」。

感謝の気持ちを込めて「残照」を歌うと、山内はさらに感謝の言葉を続ける。

「今日も素晴らしい拍手をいただきましてありがとうございました。自分の歌える場所があるというのは本当にありがたい。自分が帰る場所です。ファンの皆様とお会いできるのであれば、ここで待ちたいと、そう強く思ったステージでした。21年目がスタートする時に、このなにげない日々を大切に、そして感謝の気持ちをもって生きていきたい。こんな泣き虫な山内惠介でございますが、どうか応援よろしくお願いします」

この日のステージの音楽監督を担った上杉洋史がスペシャルプレーヤーとして、惠介バンドと一緒に演奏する中、「なにげない日々」を歌う。上杉はこの日、山内が歌ったカバー曲のいくつかのアレンジも行い、同曲の編曲も担当。山内のたっての願いから惠音楽会に参加した。山内惠介のファンは「温かいですね」と上杉。

山内惠介

なにげない日常に幸せを感じる「なにげない日々」を、山内はこの日の最後の曲としたが、すぐさまアンコールがかかった。

「この衣装もいいっしょ。自分で言うのもなんですが、何着ても似合う」と、衣装を替えて登場した山内は、ファンのリクエストに応じて、“原点”とも言える「男の劇場」をもう一度歌うと、続いてデビュー曲「霧情」を届けた。

「『男の劇場』は15歳の時に歌っていた楽曲です。おかげさまで今月は山内惠介のデビュー月になります。4月21日から山内惠介の21年目のスタートでございます。本当に偶然にも、『男の劇場』の作詞家、星野哲郎先生がデビュー曲を書いてくださいました。そんな恵まれた状態で歌手人生をスタートすることができました。山内惠介の名前通り、“恵”まれているなと思います。あれから20年。先生がおっしゃっていました。『君とお客様との間で生まれた義理人情・絆は、“霧の情け”のように見えないものだ。自分でしっかり照らしながら見るんだよ』と」

山内惠介

アンコールの最後は新曲「古傷」を再び。泣き虫の山内惠介はおらず、「素晴らしい歌をいただいた」と、フルコーラスで歌の世界を伝える。

恋の古傷の切なさと、傷があるからこその優しさを歌うマイナー演歌の「古傷」。「派手ではないけれども、みなさんに『ありがとうございます』と感謝の気持ちが伝えられる作品です」。山内は“おまえがいたから 俺がある”と力強く歌い上げた。

山内惠介

 記事の感想を募集中


INFORMATION
練成会グループ presents

山内惠介コンサート 2021 北海道ツアー
函館市、札幌市、旭川市、北見市、音更市を回る道内ツアーが5月8日から18日まで行われる。
チケット料金
:7,500円(税込)
各プレイガイドでチケット販売中。
お問合せ先:エーダッシュ tel:011-533-7711(平日9時~18時)

山内惠介公式HP


2021年2月24日発売
デビュー20周年記念曲第2弾

山内惠介「古傷」

絆盤

「古傷」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
c/w「なにげない日々」
作詞/もりちよこ 作曲/水森英夫 編曲/上杉洋史
ビクターエンタテインメント VICL-37586 ¥1,227+税

郷愁盤

「古傷」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
c/w「ふるさと心」
作詞/麻こよみ 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
ビクターエンタテインメント VICL-37587 ¥1,227+税

暁盤

「古傷」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
c/w「夜明けはバラ色の指」
作詞/喜多條忠 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
ビクターエンタテインメント VICL-37588 ¥1,227+税

唄盤(CD+DVD)

(CD)「古傷」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
(DVD)「古傷」ミュージックビデオ
ビクターエンタテインメント VIZL-1865 1,636+税

全4タイプに各曲のオリジナルカラオケが入るが、唄盤にはCDに「古傷」の男性用および女性用カラオケが、DVDには男性用および女性用カラオケミュージックビデオが収録される。