• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 東京力車の次なる挑戦は喜劇!! お笑い浅草21世紀と特別公演を開催。本拠地・浅草で新たな境地を切り開く!

東京力車の次なる挑戦は喜劇!! お笑い浅草21世紀と特別公演を開催。本拠地・浅草で新たな境地を切り開く!

東京力車が12月15日(水)、17日(金)の2日間、東京・浅草木馬亭で喜劇に挑戦することになった。お笑い浅草21世紀のとコラボで、特別公演「浅草21世紀×東京力車『四つ子のくろうばぁ~』」を行うことが決まったのだ。

お笑い浅草21世紀は、社団法人日本喜劇人協会の9代目会長を務めたコメディアンの故・橋達也を初代座長に、1998年に結成された劇団。浅草・木馬亭を本拠に毎月、新作喜劇を上演し続けている。

今回、東京力車が挑戦するのは歌でもダンスでもなく、喜劇。出演する作品「四つ子のくろうばぁ~」は田舎で一人暮らししている母が、東京に出ていった4人の四つ子を心配し、ある日突然、東京・浅草へ向かい、そこで繰り広げられる物語を描いた作品。その4人の四つ子を演じるのが東京力車のメンバーだ。警察官の長男をリーダー・石橋拓也、政治家秘書の次男を田井裕一、お水のお仕事をしている三男を白上一成、サラリーマンをしている四男を渡邉善央が務める。想像しただけで既にどこかクスっと笑ってしまう配役だ。

当日は、1部が喜劇「四つ子のくろうばぁ~」、2部は浪曲と東京力車の歌唱ステージが予定されており、一度で二度おいしい構成となっている。

初の喜劇に挑戦する東京力車のリーダー、石橋は「初めての喜劇ということで緊張感はすごくありますが、お笑い21世紀の皆さんとひとつの作品を作り上げられることを大変光栄に思います。会場にご来場される皆様に笑顔を届けられるように精いっぱい頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

また浅草21世紀の座長、大上こうじは「東京力車の皆さんが、お笑い浅草21世紀に出演くださったことでご縁ができ、一昨年この企画が持ち上がったもののコロナで延期になってしまいました。そこで、今年こそは東京力車の皆さんと浅草21世紀と喜劇『四つ子のくろうばぁ~』をお届けいたします。皆様方、木馬亭でお待ちいたしております」とコメントを寄せている。

東京力車

東京力車と同じ東京・浅草を本拠地にお笑いを届けている「お笑い浅草21世紀」。大上こうじを座長に、活動の中心となる木馬亭では毎月、新作喜劇を披露している。

特別公演「浅草21世紀×東京力車『四つ子のくろうばぁ~』」
日時:12月15日(水)/17日(金)
開場:17:45 開演:18:30
会場東京・浅草木馬亭
チケット
S席(オリジナルプロマイド付) 4000円、A席(オリジナルプロマイド付) 3500円、B席 2500円
※オリジナルプロマイドはS席、A席とも同じ

チケット販売
東京力車メルマガ会員先行受付
11月6日(土)10:00~11月12日(金)23:59まで
抽選結果 11月13日(土)※先行抽選受付

浅草21世紀公演会場限定チケット販売
11月14日(日)~11月21日(日)

チケット一般受付(木馬亭/東京力車メール予約)
11月23日(火)AM10:00~

その他詳細は東京力車 公式サイトへ
https://unit.tokyo-rickshaw.tokyo/