• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 辰巳ゆうと、両 A 面シングル 「誘われてエデン/望郷」がオリコン週間 演歌 ・ 歌謡 シングル ランキング で初登場第 1 位を獲得!

辰巳ゆうと、両 A 面シングル 「誘われてエデン/望郷」がオリコン週間 演歌 ・ 歌謡 シングル ランキング で初登場第 1 位を獲得!

1月にデビュー4年目を迎え、27日に両A面シングル「誘われてエデン/望郷」を発売した辰巳ゆうと。その新曲が2月8日付オリコン週間演歌・歌謡シングルランキング第1位、週間シングルランキング第13位を記録した。

2019年にリリースされた第2弾シングル「おとこの純情」(2019/4/8付)、2020年リリースの第3弾シングル「センチメンタル・ハート/男の純情」(2020/3/30付、2020/10/19付)に続き、今作で4回目の快挙。

今作は、前作「センチメンタル・ハート/男の純情」と同じく両A面シングルとなっており、「誘われてエデン」は前作「センチメンタル・ハート」で新たに魅せた辰巳ののびやかで甘い歌声をさらに進化させて歌い上げたポップス作品。歌詞に「♪好きさ」「♪大好きさ」が21回も出てくる情熱的なサビのフレーズが印象的な楽曲だ。
もう一方の表題曲「望郷」は、都会で暮らす息子への“両親の愛”が行間からもあふれ出る、心温まる演歌作品。辰巳が、自身の思いと重ねながら歌っている。

1月27日新曲発売日当日には「誘われてエデン」にちなみ、エデン(楽園)やアダムとイブ、不思議な森をイメージした7、8時間かけて得意のバルーンアートの力作と特製アップルパイを披露した。

「この度、皆様の熱い応援のおかげで「誘われてエデン/望郷」がオリコン週間演歌歌謡シングルランキングでは第1位!そして週間シングルランキングでも13位という結果をいただきました!本当にありがとうございます。発売前からずっと一緒に寄り添って応援して、支えてくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!「誘われてエデン/望郷」を発売させていただくことを発表してから今日まで、この曲を通じてたくさんの大切な思い出ができました。でもここがゴールではなくスタートしたところなので、この曲を通じて皆様にうれしいご報告、幸せな時間、さらにいろんな場所へお連れできるように1年突っ走っていきたいと思います!これからもたくさんの皆様に幸せをお届けできるよう精進して参りますので、皆様これからも引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします!」(辰巳)

「誘われてエデン」「望郷」ともに、辰巳ゆうと本人が納得いくまでレコーディングにこだわった渾身の作品に仕上がっており、今作の好発進を受け2021年も精力的な活動を意気込んでいるといい、今後のますますの活躍に期待だ。

なお、6月18日~27日には、所属事務所の大先輩、水森かおりの舞台「水森かおり 明治座公演」に出演する予定。

 記事の感想を送る


2021年1月27日発売
「僕がアダムで、あなたがイブです」
辰巳ゆうと「誘われてエデン」
(Aタイプ)

「誘われてエデン」 
作詞/咲島レイ 作曲/YORI  編曲/野中“まさ”雄一 
「望郷」
作詞/久仁京介 作曲/四方章人  編曲/伊戸のりお 
「青春酒場」
作詞/咲島レイ 作曲/YORI  編曲/金沢重徳 
ビクターエンタテインメント VICL-37582 ¥1,227+税

(Bタイプ)

「誘われてエデン」 
作詞/咲島レイ 作曲/YORI  編曲/野中“まさ”雄一 
「望郷」
作詞/久仁京介 作曲/四方章人  編曲/伊戸のりお 
「恋」
作詞・作曲/松山千春 編曲/工藤恭彦
ビクターエンタテインメント VICL-37583 ¥1,227+税

辰巳ゆうとデビュー3年目に放つ4枚目のシングルは、前作に続き「誘われてエデン」「望郷」の2曲を両A面とした2タイプ同時リリース。「誘われてエデン」は、「好きさ 好きさ……」と恋い焦がれる女性への思いを情熱的に歌い上げる、昭和のGS(グループ・サウンズ)のエッセンスも取り入れたドラマチックでインパクトのある作品。「望郷」は辰巳の本領発揮の演歌作品であり、まさに、等身大演歌といえる。誰しもの胸にある故郷への愛、両親への思いなどを辰巳が温もりいっぱいのフレッシュな歌声で披露している。Aタイプのc/w「青春酒場」は、若かりし頃に通った馴染みの酒場を時を経てもう一度訪ねる主人公の心情を丁寧に歌う。Bタイプのc/wでは、松山千春の人気曲「恋」をカバー。瑞々しい辰巳の歌声によって、名曲に新たな息吹を吹き込んだ。

INFORMATION
ビクターエンターテインメント/辰巳ゆうと
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025361.html

明治座 水森かおり公演
https://www.meijiza.co.jp/info/2021/6/