真田ナオキ

猫星茶々の演歌みち~真田ナオキさんにマジで惚れたにゃ!~

2月17日に新曲「本気(マジ)で惚れた」をリリース。昨年、師匠・吉幾三さんプロデュースの作品「恵比寿」をメジャーリリースし、年末には栄えある『第62回 輝く!日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞された真田ナオキさんに、オトカゼ特約レポーターの猫星茶々が会いに行ってきたにゃ!

 

「たくさんのファンの方からいただいたプレゼント」

茶々 はじめまして! 猫星茶々です。真田ナオキさん、今日はよろしくお願いします!

真田 こんにちは! いつも応援ありがとうございます。真田ナオキです。

茶々 テレビで拝見してもカッコいいですが、実際にお会いするとドキドキしちゃうくらいかっこいいですね♡ まずは……、昨年、レコード大賞の最優秀新人賞、本当におめでとうございます!

真田
 ありがとうございます。

茶々 どんな気持ちでステージに立たれたんですか?

真田
 本当に緊張するステージだったんですけれど、たくさんのファンの方からいただいたプレゼントだと思って、感謝をぶつけて歌ってきました。1回目の歌唱の時は楽しんで歌おう!と思っていたんですけども、2回目のステージは感謝の思いであったり、今までのことがたくさん頭をよぎって、もう涙を我慢するのに必死でした。とにかく、歌だけはしっかり歌おうと思って歌い切った、そんなステージでした。

茶々 昨年1年頑張ってこられた総決算。最高の形で、1年を締めくくられましたね。

真田 そうですね。昨年はコロナ禍でなかなか自分が思うような活動ができなかった中でしたが、僕以上にファンの方々だったり関係者の方々が僕のことを思ってたくさん活動してくれた、その結果だと思っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今年2021年は、自分自身もまたできることをしっかりと頑張って、また昨年以上にワクワクした年末を迎えられるように。そして、まだ始まったばかりですが、今年1年、笑顔でいけるように頑張りたいなと思っています。

真田ナオキ

昨年末は、メジャーデビュー曲「恵比寿」で日本レコード大賞 最優秀新人賞に輝いた真田ナオキさん。2021年の新曲第一弾は「本気(マジ)で惚れた」です。3月1日付けのオリコンで演歌歌謡曲ランキング1位! 総合でも6位という好発進です。「昨年以上に、今年は笑顔でいきたい」と、茶々に意気込みを語ってくれたにゃ~。

 

「本気(マジ)で惚れた」は今までと違う”真田ナオキ”へ

茶々 さて、そんな真田さんですが2月17日に新曲「本気(マジ)で惚れた」をリリースされましたが、どんな曲なんですか?

真田 今作も師匠の吉幾三先生が書いてくださいました、僕のこの声で女性の心を歌った女唄です。ノリが良くてリズムもある曲なんですけども、「恵比寿」と違って頭から張っていくという感じではなくて、出だしは淡々とリズムに乗っていく感じなので、また違った難しさがありますね。でも、それもまた今までと違う”真田ナオキ”を見ていただける、聴いていただけるような楽曲になっていると思います。

茶々 レコーディングでは、師匠の吉さんとはどんなやりとりをされたんですか?

真田 「恵比寿」の時もそうでしたが、やっぱり音楽のこととなると師匠は厳しいので「なんでおまえはこんな歌い方ができないんだ」などと言われながら、レコーディングしましたね。普通は先生方はブースの中には入ってこられることはなくて、ガラス越しに音声だけでアドバイスや指示を出されるんですが、うちの師匠はブースの中で僕の隣に立って、リズムを取って「このリズムだよ!」とリズムを刻んでくださるんですけど……。時々、そのリズムが狂ってくるっていう(笑)。

茶々 逆にペースを乱されるっていう(笑)!?

真田 いやいや(笑)! それもたぶん僕を笑わせてくれようとして、僕を和ませるために師匠がやってくださってるのだと思うんですけど。今回もとても楽しくレコーディングさせていただきました。

茶々 師匠に本気(マジ)で怒られたりはするんですか?

真田 マジで怒られるという経験は……そんなにありません。でも、レコーディングじゃなくてレッスンの時は、頭をたたかれながらの時もありますけどね。空手をやってるのでその辺はうまく避けながら……(笑)。

茶々 逆に技やっちゃったりして(笑)。

真田 いやいやいや……それはないです(笑)!

真田ナオキ

新曲「本気(マジ)で惚れた」のミュージックビデオのオープニングはカッコいいですよね。でも、ミュージックビデオの撮影が苦手だっておっしゃっていた真田さん。今年の目標は、昨年、コロナ禍でファンに会えなかったので、「とにかく皆様と会うことが、今の第一の目標であり、夢」だそうです。

 

「皆様と会う」ことが、今の第一の目標であり、夢!

茶々 今回の「本気(マジ)で惚れた」は「マジ盤」「惚れた盤」、DVD付きと3タイプ同時発売されるということですが、「マジ盤」のカップリング曲の「あなたしか」。こちらについてもちょっと教えていただけますか。

真田 この歌も女ごころを歌った女唄でして、「あなたしかいないの」という気持ちがすごく詰まった楽曲です。「あなたと離れるんだったら死んでしまったほうがいいわ」という結構激しい感情が入っている曲なので、音程とかメロディーというよりもすごく心優先で歌った曲ですね。

茶々 最後に4回「あなたしか」の繰り返しがあるじゃないですか。そこはちょっと変化をつけたりと歌い方に何か工夫をされたりましたか。

真田 やっぱりそれぞれ4回とも自分自身の中で違った捉え方で歌いました。諦めてしまう「あなたしか」。”あなたしかいないのに……”という気持ちをぶつける「あなたしか」。でもよくよく考えて、一番最後は”本当にあなたしかいないのよ、離れていかないで”という「あなたしか」とか。カラオケで歌っていただく時には、その歌う方の感情の中で4種類の「あなたしか」を作って歌っていただいたら、すごくメリハリもついて気持ちよく歌っていただけると思います。

茶々 ここはやっぱりこの曲のキモですね!

真田 そうですね。

茶々 もうひとつの「惚れた盤」の「雨よあいつは」。こちらについてはいかがですか?

真田 こちらは男唄で、ちょっと落ち着いた感じのすごいマイナーな歌というか暗い歌ですね。実は僕自身が今回の3曲の中でスッと歌に入れたのは、この「雨よあいつは」なんです。この曲の中にも、師匠が真田ナオキの”真田節”をふんだんに入れてくださっているので、「この辺がナオキくんぽいな」「真田っぽいな」と思いながら聴いていただけたらうれしいですね。

茶々 もうひとつは「本気(マジ)で惚れた」のMV(ミュージックビデオ)のDVD付きですね。MV撮影時のエピソードなどはありますか?

真田 実は僕はもともとMV撮影がいちばん苦手なんですよ。なので前日もとても緊張していたんですけど、当日撮影が終わったら翌日は全身筋肉痛で……(笑)。もうカッチカチになって撮影したので、「あ、これいつもより緊張してるな」って、そういうところをぜひ観ていただけたらなと思います(笑)。

茶々 茶々も楽しみにしています(笑)!! さぁ、この新曲で今年スタートを切られますけれど、真田さんの新たな目標とか抱負などがありましたら教えてください。

真田 歌手としては、ひとりでも多くの方にこの「本気(マジ)で惚れた」を聴いていただけたらうれしいなというところなんですけれども、それよりもやっぱり昨年からのコロナ禍でたくさんの方がご苦労されたり辛い思いをされ、また耐え忍んでこられたと思います。今年は少しでも明るい1年になるようにと願っています。テレビで僕を知っていただいた初めての皆さんともお会いしたい気持ちもたくさんありますし、そしてファンの皆さんとも再会したい。皆様と会う、ということが今の第一の目標であり、夢ですね。昨年末の最優秀新人賞をいただいてからまだお会いできていないので、一緒に祝っていただけたらうれしいです。

茶々 ありがとうございます。最後に、応援してくださる皆さんにメッセージをお願いします!

真田 はい。改めまして真田ナオキです。いつも応援ありがとうございます。本当に2020年はたくさんのご声援をいただきまして、レコード大賞の最優秀新人賞もいただきました。またUSENでは2020年間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング第1位という、真田ナオキにとって本当にすばらしい1年になりました。今も大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃると思います。僕の歌を聴いて、辛い時は笑顔になっていただいて、悲しい時泣きたい時は涙を流してスッキリしていただいて、今年はたくさんの方に、そしてたくさんの笑顔に出合えるように楽しみにしております。今後とも真田ナオキをどうぞよろしくお願いいたします!

真田ナオキと茶々初めてのインタビューで緊張しましたが、真田ナオキさんはとっても丁寧に答えてくれました。
飾らない笑顔がとっても魅力的で、茶々までつられて爆笑の連続の楽しい取材でした。
最後は茶々をギューっと抱きしめてくれたにゃ~♡
真田さん、ありがとうございましたー!

 

記事の感想を送る


2021年2月17日発売
真田ナオキ「本気(マジ)で惚れた」

【マジ盤】

「本気(マジ)で惚れた」
作詞・作曲/吉幾三 編曲/矢野立美
c/w「あなたしか」
作詞・作曲/吉幾三 編曲/矢野立美
テイチクエンタテインメント TECA-21009  ¥1,227+税

【惚れた盤】

「本気(マジ)で惚れた」
作詞・作曲/吉幾三 編曲/矢野立美
c/w「雨よあいつは」
作詞・作曲/吉幾三 編曲/矢野立美
テイチクエンタテインメント TECA-21010 ¥1,227+税

【DVD付】

「本気(マジ)で惚れた」
作詞・作曲/吉幾三 編曲/矢野立美
「本気(マジ)で惚れた」ミュージックビデオ
テイチクエンタテインメント TECA-21011 ¥1,227+税

昨年、演歌・歌謡界でひときわ輝く活躍ぶりを見せた真田ナオキ。「本気(本気)で惚れた」は、話題を集めたメジャーデビューシングル「恵比寿」に続き、師匠である吉幾三が作詞・作曲を手がけた “惚れたシリーズ第2弾”。ノックアウトボイスで歌う一途な女唄。【マジ盤】のc/w「あなたしか」も、真田が表現力豊かに情熱的な女心を歌い上げる女唄で、これまでとひと味違った真田が味わえる一曲。【惚れた盤】のc/w「雨よあいつは」は、口下手で不器用な男の心の機微を真田節で歌う。

Profile
真田ナオキ(さなだ・なおき)
1989年12月22日、埼玉県生まれ。小学校から中学生生活を空手・野球に捧げ、全力を注ぎ込む毎日を送った後建築業に就く。家族から歌手になることを勧められていたが拒んでいたが、2011年3月の東日本大震災がその人生を大きく変えることになる。歌ひとつで被災地を慰問する歌手の姿に感銘を受け、歌手になることを決意する。2015年にのちに師匠となる吉幾三を前にして歌う千載一遇のチャンスをつかみ、2016年に吉幾三プロデュース作品「れい子」で歌手デビュー。2019年にテイチクレコードへ移籍し、2020年1月、メジャーデビューシングル「恵比寿」を発売。自身初のオリコン週間シングル演歌歌謡ランキング1位(2月3日付)を獲得。10月には「恵比寿・殿(しんがり)盤」を発売し、再びオリコン週間シングル演歌歌謡ランキング1位(11月2日付)を獲得。「恵比寿」は、2020年間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング第1位となった。2020年年末の『第62回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞。キャッチコピーは「恋する確率100% ノックアウトボイス!」。好きな言葉は「精神一到」。

外部リンク
真田ナオキ公式HP
真田ナオキ 公式ブログ
テイチクレコード 真田ナオキ ページ