• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 山内惠介が日本武道館でデビュー20周年記念のリサイタル。「今日は忘れられない一日になりました。」

山内惠介が日本武道館でデビュー20周年記念のリサイタル。「今日は忘れられない一日になりました。」

▲アンコールでは「残照」をデザインした衣装で登場し、「日本武道館、最高! バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ」と喜んだ。

 

今年でデビュー20年目を迎えた山内惠介が11月6日、東京・千代田区の日本武道館でデビュー20周年記念リサイタルを昼夜2回開催した。

新型コロナウイルスの影響で、3月から予定されていたコンサートツアーが次々と中止になったが、10月6日の大阪・フェスティバルホールを皮切りに、全国5都市12公演でデビュー20周年リサイタルがスタート。コンサート(ディナーショーや配信ライブは除く)としては、10月6日の大阪公演が、昨年11月29日の滋賀・守山市民会館以来、約10カ月ぶり。東京では、昨年10月23日の東京国際フォーラム・ホールA以来、約1年ぶりだった。

また、この日はソーシャルディスタンスを守るため観客数を制限し、昼夜2回公演で合わせて6000人の動員となった。

2001年、「ぼくはエンカな高校生」のキャッチフレーズでデビューした山内。デビュー曲「霧情」から「海峡雨情」「二十才の酒」「君の酒」をメドレーで歌うと、2005年の「流氷鳴き」をしっかりと聴かせる。

デビュー曲から最新曲まで、全シングルを届けると山内。すべてが恩師・水森英夫氏の作曲作品であることから、「水森英夫メロディーを堪能してください」と客席に呼びかけた。

しかし、最初から最後まで山内は全力で歌い、ファンは最大級の声援を送っていた。オープニングで今年の新曲「残照」を歌うと、山内は「日本武道館、最高!」と叫んだ。

「皆さまのおかげで歌手生活20周年を迎えることができ、念願の日本武道館で20周年記念リサイタルを無事に開催することができました。すごい光景ですね。絶景です。(コロナで)会えない時間を誰が助けてくださったかというと、やっぱりファンの皆さまでして、ここまで乗り越えて今日の日を迎えることができました。重ねて御礼申し上げます。言葉では言い表せないほど感謝の気持ちでいっぱいですが、僕は歌い手ですから今日は歌でその思いを紡いでお送りしていきたいと思います」

客席ではファンたちが数々のお祝いメッセージボードを掲げていた。それを見回しながら、ひとつずつ読んでいく山内。中には「紅白V6」というメッセージがあり、「まだわかりませんけれど、そうなればうれしいです。頑張ります」と笑顔で答えていた。

歌手を辞めようかと思ったこともあったが、歌い続けることでヒット曲に巡り合えたと山内。そして、そんな自分を支えてくれたのが、ファンの皆様だと感謝した。

20周年ということで、この日は全シングル曲を年代順に歌って行く。途中、「船酒場-ふねさかば-」と、尊敬する美空ひばりのヒット曲「悲しい酒」を斉藤功のギター、村山雄三のマンドリンをバックにアコースティックバージョンで披露。アンコールでは、ディスコファンクサウンドのオリジナルクリスマスソング「神様の贈り物」を歌唱。同曲は11月4日に発売された山内惠介コンプリートボックス「20th Anniversary Complete Box」に収録された新曲で、山内がオリジナルとして歌う初めてのポップスであり、観客の前で歌う初めての機会となった。

惠介コールの代わりに、拍手で曲を盛り上げるファン。ステージのスクリーンにも拍手コールの演出がなされた。

白のタキシード姿で登場した山内は『NHK紅白歌合戦』に初出場した「スポットライト」を披露すると、連続出場曲のシングルを年代順に、「流転の波止場」「愛が信じられないなら」「さらせ冬の嵐」「唇スカーレット」と歌っていく。

初のレーザーを使ったステージの演出も映えた、日本武道館での20周年記念リサイタル。メドレーを含む全26曲を熱唱した山内は、「一生忘れられない武道館でのリサイタルです。今日は、忘れられない一日になりました。これからも25年、30年と息の長い歌手になれるよう頑張って歌っていきたい」と、感激しながらも力強く語った。

 

山内惠介 関連記事▶


INFORMATION

12月19日、テレビ放送が決定!
山内惠介、デビュー20周年記念リサイタル

日本武道館でのリサイタルの模様は2020年12月19日、午後6時から7時半までTBSチャンネル1で独占放送されることが発表された。

 

生産限定商品
2020年11月4日発売
山内惠介「20th Anniversary Complete Box」

山内惠介「20th Anniversary Complete Box」

12CD+Blu-ray+DVD+booklet
ビクターエンターテインメント VIZL-1813 ¥30,000+税

デビュー20周年を記念して、2001年デビューからこれまでにリリースされたすべての楽曲とミュージックビデオを網羅したコンプリートボックス。
CD収録曲=全152曲。
DVD・Blu-ray=全22曲のミュージックビデオ
※DVDとBlu-rayの内容は同じ

 

2020年9月2日発売
デビュー20周年記念シングル
山内惠介「残照」

残照(駅盤)


「残照」
作詞/松井五郎 作曲/水森英夫 編曲/馬飼野俊一
c/w「網走3番線ホーム」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/馬飼野 俊一
ビクターエンターテインメント VICL 37553 ¥1227+税

残照(花盤)

「残照」
作詞/松井五郎 作曲/水森英夫 編曲/馬飼野俊一
c/w「緋恋花(ひれんばな)
作詞/桜木紫乃 作曲/水森英夫 編曲/馬飼野俊一
ビクターエンターテインメント VICL 37554 ¥1227+税