【新連載】RUN!東京力車! 第1回 ゲスト:伊達悠太さん

人力車を引っ張る現役俥夫の4人で結成されたエンターテイメントパフォーマンスユニット・東京力車。江戸情緒を色濃く残す浅草から全国へ、そして世界へと日本の伝統文化や人力車の魅力を届けるために、日々全力で活動している彼らの新連載「RUN!東京力車!」がオトカゼでスタート!

 

毎回、演歌・歌謡界で活躍する先輩をゲストに招き、その要望にお応えして熱い心意気でおもてなし! アフタートークでは、先輩に歌手としての心得などをズバリ聞いちゃいます。時には浅草を飛び出して、ゲストとのガチ対決で歌謡界での天下取りを目指す!?
記念すべき第1回目のゲストは、同じテイチクに所属する伊達悠太さん。
そして今回は、“東京力車の斬り込み隊長”こと、たいちゃん(田井裕一)がおもてなしを担当します。それでは、出発~!!

伊達悠太さんを乗せて田井力車、いざ出発!

東京・浅草。東京力車のチケットセンター前で待つ伊達さんの前に田井力車が到着!
人力車初体験だという伊達さんを颯爽とエスコートするたいちゃん。寒い日には座席の下に床暖房が完備されているという人力車に、伊達さんも「あったか~い」とご満悦な様子で乗車します。


 

たいちゃん「人力車は軽車両なのでシートベルトをします」
伊達「へぇ~、信号無視とかしたら捕まるの?」
たいちゃん「もちろん!」
伊達「え~~っ!」

今回は、たいちゃんが伊達さんのためのおもてなしコースを考案。
さぁ最初に目指すのは、浅草の中でも最強のパワースポットとして名高いあの神社です!

楽しくおしゃべりをしながら軽快に進み……スカイツリーが綺麗に見える言問橋を華麗に通過。

和気あいあいな二人。おしゃれで洋服好きということで息もぴったり。
そして……いよいよ最初の目的地に到着です!

縁結びや金運などの願いを叶えてくれる浅草最強のパワースポット・今戸神社

今戸神社
〒111-0024 東京都台東区今戸1-5-22 
https://imadojinja1063.crayonsite.net/
各線浅草駅より 徒歩15分
都営バス
甲 浅草七丁目下車 徒歩5分
乙 リバーサイドスポーツセンター前下車 徒歩1分
台東区 北めぐりんバス
リバーサイドスポーツセンター前下車 徒歩1分

(写メラマン/たいちゃん)

たいちゃん「乗り心地はいかがでしたか??」
伊達「すごい楽しいですね~。最初は怖かったけど(笑)」

そして拝殿へ。”東京力車の頭脳”ことたいちゃんが、伊達さんに雑学を交えながら丁寧に説明をしてくれます。

今戸神社さんは招き猫発祥の地と言われています。この周辺の地域では、昔今戸焼という焼き物の生産が盛んだったそう。
御祭神は、應神(おうじん)天皇と、「古事記」の中で初めて結婚した男女の神と記されている、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)。良縁祈願のご利益を授かりたいと願う人々が訪れる浅草の人気パワースポットです。

社務所には色とりどりのかわいらしいお守りもあり、どれを買って帰ろうか迷いそう……。伊達さんも真剣です。

最後に、東京力車のメンバー、ばっしー、ぜおくん、かずくんも合流し伊達さんを囲み記念撮影。

それでは、次のスポットにLet’s go~。

……と、今戸神社を出ようとしたところで、幸運を呼ぶ白猫「ナミちゃん」に遭遇!

会えたら良縁成就や金運UPなどが叶うと言われているナミちゃんですが、いつ現れるかわからないナミちゃんに会えること自体がラッキー! たいちゃんも、「伊達さん持ってますね~!」

ナミちゃんと別れ浅草の街並みを楽しみながら走っていると、山谷堀(さんやぼり)公園というもともと水路だったという公園の前で人力車を止めたたいちゃん。スカイツリーもバッチリのフォトスポットです!

たいちゃん「江戸時代はここから”猪牙舟(ちょきぶね)”に乗って、男性たちは吉原の遊郭へ向かったと言われています。Go to 吉原ですね(笑)。この公園は、春になると桜がとても綺麗なのでオススメです!」

 

世界一のスイーツを浅草で堪能!

つづいてたいちゃんが案内してくれるのは、浅草で堪能できるというある”世界一のスイーツとのことですが……

壽々喜園 浅草本店
〒111-0032  東京都台東区浅草3-4-3
http://www.tocha.co.jp/
各線浅草駅より 徒歩約10分
TEL:03-3873-0311(店舗直通)
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

抹茶ジェラートは、No.1からNo.7までの濃さがあり、一番濃いNo.7は茶葉の味も香りも濃厚で究極の味(一番右)。 右から黒ごま、ほうじ茶、玄米茶のジェラート。

壽々喜園 浅草本店は日本を代表する飲み物であり、伝統文化のひとつ”茶道”とも縁のある日本茶の専門店。店内には抹茶やいろいろな日本茶葉だけでなく、数々の種類の茶具なども揃っていておみやげにも最適!
そして、こちらでは静岡県藤枝市にある「ななや」さんとコラボした、外国の方にも馴染みのある”ジェラート”で、日本茶や抹茶を味わうことができます。

(写メラマン/たいちゃん)


ばっしーは黒ごま、かずくんはほうじ茶、ぜおくんは玄米茶のジェラート。
伊達さんは一番上から徐々に抹茶が濃くなっていく「4種の抹茶餡だんご」と渋いチョイスです。(笑)

おいしいスイーツを味わい、ひと休みして、さぁここからは一路ゴールへ向かいます!

伊達さんもたいちゃんも素敵な笑顔!

そして……浅草駅前にゴール!!

(写メラマン/たいちゃん)

たいちゃん「お疲れさまでした!」
伊達「ありがとうございました!」

東京力車 × 伊達悠太 アフタートーク編も近日公開予定。
お楽しみに!!

 

▶東京力車関連記事


2020年11月18日発売
伊達悠太「さすらい港」

「さすらい港」
作詞/かず 翼 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお
c/w「母灯り」
作詞/かず 翼 作曲/大谷明裕 編曲/伊戸のりお
テイチクエンタテインメント TECA-20065 ¥1,227+税

再デビューから3年、歳を重ねるごとに男らしさと貫録を増す歌声で聴かせる伊達悠太の待望の新曲。イントロからリズミカルなメロディーが印象的な「さすらい港」は、前作「俺とカモメと日本海」以上にダイナミックな伊達の歌唱が映える一曲に仕上がっている。カップリング曲の「母灯り」は、母親との思い出を心の奥を灯す温かな灯し火にたとえた、切ないストーリーが胸に迫る作品だ。「最近は北海道の母親と週に3~4回電話をかけてよく話すので、このテーマは歌いやすいです。母はいつも元気でシャキシャキした感じのさっぱりとした性格。幅広い観点から相談に乗ってくれるので、女性の気持ちを理解しようと相談することもしばしばです」(伊達)

Profile
伊達悠太(だて・ゆうた)
1987年11月30日、北海道生まれ。幼い頃から歌が好きで、地元の介護施設などで歌うこともあった。16歳の時にスカウトされ単身上京。下積み期間を経て、2012年、「伊達ゆうた」の名前で千 昌夫がプロデュースした「望郷赤とんぼ」でメジャーデビューを果たす。2017年、「伊達悠太」に改名し、テイチクエンタテインメントより「聞かせてください」で再デビュー。年を重ねるごとにやんちゃさの中に男らしさを感じさせる歌唱で注目を集めている。

伊達悠太オフィシャルブログ「悠太の笑日記」
伊達悠太 テイチクエンタテインメントサイト


2020年11月18日発売
粋でいなせな男たちの熱い心意気!
東京力車「天下御免の伊達男/絆~仲間へ~」
【特別限定盤】

「天下御免の伊達男」
作詞/NOBE 作・編曲/ミヤジマユースケ
「絆〜仲間へ〜」 
作詞/Yuki.H 作曲/宮崎まゆ 編曲/高橋修平
テイチクエンタテインメント TECA-20062  ¥1,364+税
※特別限定盤には「天下御免の伊達男」のミュージックビデオを観ることができるMカードが封入されている(絵柄は全10種のうち1枚がランダムで封入)

【通常盤】

「天下御免の伊達男」
作詞/NOBE 作・編曲/ミヤジマユースケ
「絆〜仲間へ〜」 
作詞/Yuki.H 作曲/宮崎まゆ 編曲/高橋修平
テイチクエンタテインメント TECA-20063 ¥1,091+税

東京力車、テイチクエンタテインメント移籍第1弾となる両A面シングル。「天下御免の伊達男」は、和太鼓や三味線、拍子木などの和楽器の趣のある音色、威勢のいい4人のボーカル、縦横無尽にフォーメーションを変え披露されるアクロバティックなパフォーマンスが三位一体となった粋なお祭りソング。日本人の血が騒ぐ軽快なリズムに乗って、現役俥夫としても活動する4人の熱い心意気が伝わってくる一曲だ。「絆~仲間へ~」は、大切な人たちすべてへの感謝やエール、今の時代に見失いがちな“絆”の温かさを歌った爽やかなナンバー。特別限定盤のジャケットのタイトルは、メンバーの渡邉善央がしたためたもの。「今回お話しをいただいた時に、僕も本当に書かせていただきたいと思って、ぜひということで実現しました。仲間の皆さん一人ひとりへの思いも込めて、上手い下手にかかわらず誇りを持って書かせていただきました。ぜひ皆さんに見ていただきたいなと思います」(渡邉)

Profile
東京力車(とうきょうりきしゃ)(英語表記:Tokyo-rickshaw)
東京・浅草の街を人力車で案内しながらもてなし、軽快に駆け抜ける若者たち、現役の俥夫(しゃふ)4人で結成されたエンターテインメントパフォーマンスユニット。浅草から世界に向けて、日本の伝統文化の素晴らしさや人力車の魅力などを伝えるために俥夫として活動する一方、その活気あるパフォーマンスでライブやイベントに出演し、人気を集める。2018年5月から新体制として活動をスタート。2019年、新体制でのメジャーデビューとして「唯我独尊SOUL」をリリース。2020年、テイチクエンタテインメントに移籍し、メジャー第2弾作品、両A面シングル「天下御免の伊達男/絆~仲間へ~」をリリース。

Profile
田井裕一(たい・ゆういち)
1994年1月6日、兵庫県生まれ。2018年の東京力車メンバー追加オーディションを経てユニットへ参加。通称・たいちゃん。メンバーカラーはピンク。ライブではあおりやMCを担当する、東京力車のしっかり者担当。筋トレはどちらかというと苦手(?)だが、メンバー曰く「走るのが速くて得意」。

Profile
石橋拓也(いしばし・たくや)
1992年5月15日、静岡県生まれ。東京力車第1期メンバーの全員卒業により、2017年1月に行われたメンバーオーディションで応募多数の中から、新プロジェクトメンバーに選ばれた。東京力車を引っ張る頼もしいリーダー。通称・ばっしー。メンバーカラーは青。モノマネしたりボケたりとユニットいちのムードメーカーだが、メンバー曰く「中身は僕たち3人よりだいぶ大人」。とにかく仲間を愛する熱い心の持ち主。

Profile 
渡邉善央(わたなべ・ぜお)
1995年11月20日、高知県生まれ。2017年に行われた東京力車メンバー追加オーディションにて選出されユニットに参加。通称・ぜお。メンバーカラーは赤。女性向け動画サイト「C CHANNEL」などで俳優としても活躍中。甘いマスクと低い声が魅力の、東京力車の二枚目・笑顔担当。また、ユニットの名刺のデザインや新曲のジャケットのタイトルをしたためるなど、クリエイティブな才能も発揮。ライブではバク転も披露するほどの運動神経の持ち主でもある。

Profile 
白上一成(しらがみ・かずなり)
1994年3月29日、滋賀県生まれ。大学を卒業後、歌手を目指して上京。メンバー中唯一、俥夫として働き始めた後に、2018年の東京力車メンバー追加オーディションを経てユニットへ参加する。通称・浅草のかりんとう。ライブでの呼び名は「かず」。メンバーカラーは緑。笑顔がさわやかな東京力車の癒やし担当。

INFORMATION

東京力車の最新情報は下記サイトにて随時更新中!

東京力車オフィシャルサイト
東京力車 テイチクエンタテインメントサイト