鈴木雅之

音楽番組『SONGS』で、ソロ活動35周年の鈴木雅之が今ニッポンを歌う。美空ひばりからYOASOBIまで。

このカバーを聴いて驚かない人はいない……。

それほどの「超珠玉カバー歌唱」を、惜しげもなく披露する不世出の実力派ヴォーカリスト“ラヴソングの王様”こと、鈴木雅之。ソロ活動35周年のスペシャル企画として、2月3日午後10時30分からNHK総合で放送される音楽番組『SONGS』で全編カバー曲を披露する。

披露するのは、美空ひばりからYOASOBIまで。日本の歌謡界&J-POP界の黄金のスタンダードソングを、鈴木雅之が渾身の熱唱で自分色に染め上げる。

鈴木雅之

~鈴木雅之、今ニッポンを歌う~

日本の「実力派ヴォーカリスト」の頂点に君臨する鈴木雅之は、ソロになって35年。ますます脂がのった歌唱で、聴く者を圧倒する。番組はその実力の高さを証明するため、前代未聞の「歌唱力検証VTR」を作成。美空ひばり、忌野清志郎、いきものがかりなど数多くの歌唱映像と、鈴木雅之の同曲カバー映像を徹底比較するという。

鈴木雅之がいかに原曲を咀嚼し、自分色に染め上げ、至高の高みに昇華させているのか、VTRで細部まで比較することで、驚きの歌唱技術が初めて明らかになる。これには番組責任者の大泉洋も大興奮する。

鈴木雅之

それにしても鈴木雅之はなぜこれほど、破格の実力を身につけたのか?

その秘密を知るため、幼少期からの秘蔵写真を元に、大泉洋が鈴木雅之の「知られざるヴォーカリスト人生エピソード」をスタジオで探りだす。

三橋美智也の歌唱法をマスターして民謡のこぶしを身につけた幼少期、美空ひばりに憧れて歌謡曲の表現に耽溺した思春期、さらにR&B・ソウルミュージックにのめり込んでアメリカ音楽を吸収した青春期……。

爆笑エピソードもまじえて明かされる「ヴォーカリスト人生の裏側」に、大泉洋は感心することしきり。

鈴木雅之がスタジオで歌唱するカバー名曲は、玉置浩二の傑作「メロディー」を始め、歌謡曲メドレーでは寺尾聰・布施明・さだまさしの名曲。さらに、J-POPカバーからはYOASOBIに手嶌葵のヒット曲を披露する。

 

鈴木雅之

音楽番組『SONGS 鈴木雅之』
チャンネル:NHK総合
放送日:2月3日(木)午後10:30~11:15
出演:鈴木雅之 大泉洋(番組責任者) ほか
楽曲:「メロディー」「君は薔薇より美しい」「ルビーの指環」「道化師のソネット」「怪物」「明日への手紙」