• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • USEN MUSIC AWARD 2021。演歌/歌謡曲部門は氷川きよしの「南風」が1位を獲得。特別表彰に吉幾三の「雪國」が選ばれる。

USEN MUSIC AWARD 2021。演歌/歌謡曲部門は氷川きよしの「南風」が1位を獲得。特別表彰に吉幾三の「雪國」が選ばれる。

USEN-NEXT GROUPのUSENは12月10日、『USEN MUSIC AWARD 2021』を開催し、各ジャンルのヒットランキングを発表した。今年はUSENが創業60周年を迎えたことで、恒例となった『年間 USEN HIT ランキング』表彰式改め、アワードとして開催。2021年は昨年に引き続きコロナ禍で、これまでの日常と異なる新しい生活様式となったが、私たちに勇気を与えてくれた曲、心の支えになった曲、いつも寄り添ってくれた曲、音楽シーンを牽引してきた曲が選ばれた。

2021 年間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングの第1位は、氷川きよしの「南風」が選ばれた。2位は新浜レオンの「さよならを決めたのなら」、3位は純烈の「君がそばにいるから」だった。以下10位までは次の通り。

4位「酔わせて候」山崎ていじ
5位「浮世傘」三山ひろし
6位「古傷」山内惠介
7位「とまり木(ロックバージョン)」かとうれい子
8位「熊本ブルース」髙宮城せいじ
9位「秘桜」市川由紀乃
10位「命の河」すがあきら

アワードに出席した氷川きよしは、「精いっぱい一年間やらせていただいた結果、本当に多くの方がリクエストしてくださったと思うと、この賞をいただくことがうれしいですね。おひとりおひとりの方が真心で、『南風』を流してくださった結果なので、皆さんに差し上げたい賞でもあります。『南風』は自分の新たな決意を描いてもらった作品。詞の中の主人公は自分自身です。そんな曲がこうした賞をいただけたのをうれしく思います。より一層、歌にかける思いを熱くして、多くの方に勇気や励ましをお送りしたい。そのエネルギーになりました」と、喜びを語った。

またUSENが創立60周年となることから、「2021 USEN 創業60周年記念特別表彰」が設けられた。この60年で一番リクエストされた作品を集計し、1位を表彰しようというものだ。その結果、リクエスト累計の1位は吉幾三の「雪國」が選ばれた。

会場に登場した吉幾三は、累計1位だということを「さっき聞きました」と話し、「USENさんが何かくれるというので、もらえるものはもらおうと思ってきたんですが、いきなり・・・。うれしいですよ」と、会場を笑わせた。

「雪國」については、元々は現在の歌詞ではなく、「エッチな歌だったんです。言えない言葉です(苦笑)」と明かしたが、歌謡曲ファンにメロディーが合っていたのか、宣伝をすることもなかったがヒットにつながったという。

1973年3月にデビューした吉(当時は山岡英二)は来年50周年を迎える。

「だらだらやってきた50年ですが、いろんな出会いがあったりね・・・。いい人に会えたんでしょうね。僕、そう思っています。僕の人生は、別れもいっぱいありましたが、人との出会いからできた50年です」と、涙を見せながら振り返っていた。

左からUSEN-NEXT HOLDINGS代表取締役社長の宇野康秀さん、氷川きよし、吉幾三、Awesome City Clubの3人

なお、『USEN MUSIC AWARD 2021』のその他の賞は、年間 USEN HIT 洋楽ランキング1位に「リーヴ・ザ・ドア・オープン」(ブルーノ・マース、アンダーソン・パーク&シルク・ソニック)が、USEN HIT J-POP ランキング1位に「勿忘(わすれな)」(Awesome City Club)が選ばれた。また今回新設された「2021 USEN ARTIST OF THE YEAR」にAdoが選出された。2021年に発表した作品や活動がもっとも支持されたアーティストに送られるもので、一般投票により決められた。