• HOME
  • 全ての記事
  • 話題の人
  • 「素敵な景色が見れた!」。青山新が初のソロコンサートで飛躍。ロックにも挑戦し、最後は感涙の感激ステージ!
青山新

「素敵な景色が見れた!」。青山新が初のソロコンサートで飛躍。ロックにも挑戦し、最後は感涙の感激ステージ!

青山新

青山新

青山新が5月8日、東京・中央区の日本橋三井ホールでファーストコンサートを開催。自身の歌の歴史を振り返る選曲で歌声を届け、ラストソング「ブルースカイブルー」では、涙で歌えなくなるシーンもあったが、アンコールで再登場すると、「今日の歓喜の日を僕は絶対に忘れない」とファンに誓った。

飛躍のステージへ

青山新はテイチクエンタテインメント創立85周年・芸映創立60周年記念歌手として、大きな期待を背負って2020年に「仕方ないのさ」でデビューした。しかし、直後のコロナ禍で活動を制限され、デビュー3年目にしてようやく大きなステージに立つことができた。

「ここからが心機一転。新しいことにチャレンジする節目のコンサートにしたい!」

そんな意気込みが込められたソロコンサート「青山新 ファースト~新たなステージへ~」には、ファン450名が駆けつけ、拍手とペンライトで青山に声援を送った。

「ファーストコンサートで披露させていただく歌は、デビュー前によく歌っていた歌など、まだ21歳ですが(笑)、僕の人生を辿るような選曲なりました。尊敬する先輩の作品も歌いますし、普段お届けしない曲も準備してきたので、特別なコンサートになるだろうなと楽しみにしています」

青山新

デビュー曲のカップリング曲「青春プロローグ」のオープニングでは、ラメの入った煌びやかなスーツで登場すると、「今日の日をどれだけ楽しみにしてきたか」とファンに呼びかけた。ステージ序盤のライティングは青山から客席が見渡せるような演出で、青山は観客との対面を楽しんでいた。

「皆様の表情を見させていただくと、楽しみに来てくださったんだなと感じます」

客席では、両親や兄弟、祖母、恩師・水森英夫氏のほか、水森門下生の三丘翔太や、青山が「一生、背中を見て着いていこうと思っている」と慕う同じ事務所の先輩・市川由紀乃なども青山の勇姿を見守っていた。

青山新

青山新

ラメの入ったスーツ姿で登場した青山新。「今までキラキラした衣裳は着たことがなかったのですが、今回はキラキラしています。今日初めて着させていただきますが、ステージが映えるんじゃないかと思います」

青山は最新曲から「奥州三関」「君とどこまでも」を聴かせると、衣裳チェンジし、自身の歌人生を辿りながら昭和の名曲を披露していく。

「5歳の時にカラオケ好きの祖母がやっている美容院で、この曲が流れていました。僕はあまり記憶がないんですが、自然と覚えて歌っていたそうなんです。もしかしたら、それが歌手としての原点だったのかも」

初めて覚えて歌ったという「ノラ」を聴かせると、「また君に恋している」へと続ける。こちらは初めて人前で歌った曲だった。

「僕が歌の道に進んだのも祖母の影響がとても大きくて、小学校4年生の頃から2人でカラオケに行くようになりました。演歌から歌謡曲、フォークソングなどいろんな曲を歌ってきました。ある日、祖母から『あなたも今度、カラオケ大会に一緒に出るわよ』って。勝手に!(笑)。はじめは嫌々人前で歌っていましたが、まさか、こうして歌手になってステージに立つことになるとは思いませんでしたが、『また君に恋している』は初めて人前で、ステージで歌った思い出の曲です」

青山新

いつかスターになって恩返し!

青山新

衣裳替えの様子もカメラで追いかけられ、ステージ上のスクリーンに映し出される。「困るなあ」と青山新。

青山新

衣裳を着替えた青山新がステージへ。その様子もドキュメントとしてスクリーンに投影された。

青山新

青山新は自身の歌人生を振り返る楽曲や、よく聴いていた尊敬する先輩の歌をカバーする。

青山は幼少の頃から演歌・歌謡曲が大好きで、たくさんの曲を聴いて育ってきた。尊敬する先輩の作品からムード歌謡の「池袋の夜」(青江三奈)、「噂の女」(前川清)、「もう一度逢いたい」(八代亜紀)を、主人公を演じながら気持ちを込めて歌うと、恩師・水森英夫氏の作品から「たった二年と二か月で」「流氷鳴き」「風蓮湖」の3曲をメドレーで披露した。

青山新

大好きな先輩・八代亜紀からいただいたというサイン入りポーチを披露する青山新。ジャケットの内ポケットにお守りのようにしまっていた。

「たった二年と二か月で」は、“歌手・水森英夫”にとって大切なヒット曲だった。

「『たった二年と二か月で』は、先生にとってもそうですし、水森門下生にとっても特別な一曲です。この曲を選曲すること自体にすごく勇気がいりましたけど、水森門下生として、誇りを持って皆さんに伝えられる曲として、この曲は外せませんでした。『流氷鳴き』と『風蓮湖』は同じ門下生の大先輩である山内惠介さんの曲ですが、水森先生にレッスンしていただいた思い入れのある作品です。曲のスケールがすごく大きくて、僕も好きな作品です。とくに『流氷鳴き』はイベントでも歌ったことがあって、すごく評判が良かったので、また皆さんに楽しんでもらおうと思いました」

青山新

青山新

選曲理由をそんなふうに語っていた青山が、水森氏が会場で見ていてくれることをファンに伝えると、「本当に厳しいレッスンがあったからこそデビューできたと思います。こういう場で先生の顔を見るだけで・・・やばい・・・」と涙ぐみそうになりながらも、力強く話し始めた。

「水森門下生としてデビューできて良かった。先生からはいろんなことを教えていただいていますが、とくに印象に残っているのが、レッスンして3年ぐらい経った頃のことです。いつものようにレッスンしていただいていた時に先生の表情がガラッと変わって、『お前、歌が焦っているぞ』と。自覚がなくて何のことかわかりませんでした。でも、先生が『いいか、デビューすることは大事だけど、まずは芸を磨け、歌をうまくなれ』と。ハッと気づかされました。先生のところにいればいつかデビューできるだろうと思っていた、甘い自分に気がつきました。そして、無意識に気持ちが焦っているのを先生はお見通しでした。だから怖いんですけどね。これからも頑張って、いつかスターになって恩返ししてまいります。今後とも厳しいレッスンをビシバシとよろしくお願いします」

「先生がいらっしゃるだけで、自然と姿勢がビシッとなりますが、どこで歌っていても、いつも先生が聴いているかもしれないという思いで歌っています」とも開演前に話していた青山。この日歌った水森作品のメドレーは青山新による先生への感謝の言葉でもあった。

そんな青山に水森氏は、「いやいや、彼がいちばん頑張ってきたんですよ」と温かい眼差しを向けていた。

ロッカー・青山新の誕生!

青山新

「サングラスがほしい」と思っていた青山新にレイバンのサングラスが届いた。「所属レコードの重役さんからいただきました。以前、『サングラスがほしいな』って漏らした言葉を覚えてくださっていました。うれしかったです」

青山新

青山新

「新たなステージへ」。コンサートのタイトルにつけられたテーマだ。ここからは青山のチャレンジが披露された。

ロックバンド、キャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」の演奏が始まる。レイバンのサングラスをつけ、スタジャンを着た“ロッカー”青山新がステージに飛び出してくる。

“君は Funky Monkey Baby おどけてるよ だけど 恋しい 俺の彼女”

青山新

弾けながら歌う青山。同じキャロルの「ルイジアナ」へと歌い継ぐと、後奏で腕をグルグル回し、最後は大ジャンプでカッコよく曲を締めた。

「青山新じゃないような一面もお見せできる曲です。チャレンジ。歌手として幅を広げられるかなと思って勉強してきました」

そんな青山に、水森氏は「彼は歌が大好きなんですよ。歌手として演歌を選んだということですが、何でも歌えますから」と、愛弟子のロックに及第点を出していた。

青山新

青山新

青山新

引き続き青山はデビュー曲「仕方ないのさ」、角川博の「伊豆の雨」、セカンドシングル「霧雨の夜は更ける」などを届けると、「ここまで(メドレーを含め)17曲を歌ってきました。楽しんでくれていますか」と話し始める。

「あっという間。まだ20分ぐらいしか経っていないくらい(笑)。本当に不安と緊張の中で今日を迎えましたが、大げさではなく、人生観が変わるといってもいいぐらいコンサートってすごいなって。ぜひ、皆さんもコンサートやってみたらいいかと思います(笑)」

緩急をつけたトーク、ステージでの振る舞いなどを見ていると、わずかデビュー3年目の若手歌手とは思えない。水森氏のレッスンは団体で行われる。14歳で弟子入りした青山は、プロになった先輩歌手の歌を聴きながら育ってきた。

昨年12月、同じテイチクの後輩(!?)真田ナオキが東京・北区の北とぴあさくらホールで初の単独ホールコンサートを開催した時、客席後方に青山の姿があった。熱心にコンサートを見つめ、真剣にメモをとっていた。

「ステージの使い方や動きは、自分ではわからないので、真田さんならこういう動きをされるのかというのを勉強させていただいていました。こんな動きもいいのかなど、盗ませていただきました(笑)」

青山新

“このぼくとともに歩いて”

クライマックスは伝説となった西城秀樹のヒット曲「ブルースカイブルー」。同曲は今年デビュー50周年の西城が1978年、通算26枚目のシングルとして発売したバラードだ。作詞は阿久悠、作曲は馬飼野康二。ヒットメーカーによる許されない、人妻との愛と別れを歌い、今なお多くの歌手にカバーされている作品だ。しかも、西城は青山と同じ芸映からデビューしている。

青山新

ラストに選んだ曲は西城秀樹の「ブルースカイブルー」だった。ブルーに染まったステージで、青山新が静かに歌い出す。

「今日は皆さんのおかげで素敵な景色を見ることができました。またさらにステップアップできるよう頑張っていきます。これからもずっと、ずっと青山新の応援をよろしくお願いします。それでは最後の曲、お聴きください。歌えるかな・・・『ブルースカイブルー』!」

青山新

青山新

“あのひとの 指にからんでいた”と歌い出す青山。だが、“このぼくとともに歩いてと 無茶を言ったあの日”と歌うと、涙を堪えきれなくなる。何度も何度も気を取り直し、歌い続けようとするが、押し寄せる涙を抑えることができず、大粒の涙をこぼしながら曲のゴールを目指していく。

ラーララ―ララ―♩

青山の動きに合わせて客席のペンライトも左右に動く。そして、その光景はとても美しかった。

青山新

恩師の水森英夫氏らが見守る中、初めての大きなステージをこなしていく青山新。

水森英夫氏「ホッとしましたよ」

青山新

「ブルースカイブルー」を歌いきった青山が「ありがとうございました」とステージを去ると、間髪入れず拍手が巻き起こる。お約束のアンコールではなく、まだまだ青山新との時間を共有したいというファンの本音だ。

「泣きすぎ。ホント」。Tシャツ姿でふたたびステージに現れた青山は、アンコールの感謝を述べつつも、自らを諫めるように吐露すると、「最後にゆっくり皆さんのお顔をみたいなって」と笑顔を見せた。

「何十年経っても、『あの時のファーストコンサート、良かったね』って言ってもらえるように・・・・。今日のこの歓喜の日を僕は絶対に忘れないです」

青山新

青山新

今、いちばん頑張っている曲ですと、もう一度、新曲「君とどこまでも」を披露すると、「今日の気持ちを忘れないでこれからも歌手活動していきたい。そして、またコンサートが開催できるように頑張ります。再会できる日を楽しみにしています」とファンに呼びかけステージを降りた。

熱気が冷めない会場。客席の最後列で見ていた水森氏は「ホッとしましたよ」と、心中を話してくれた。

「こんなにできるとは思いませんでした。すごく不安がありましたが、『良かったなあ』ってホッとしています。これだけ上手に歌えるんだなと、改めて感じました。お客さんに育ててもらうんですね、歌い手さんというのは。レッスンだけではうまくなれない。お客さんの前で歌うことでプロの歌い手になっていくんですね。今日はそれを痛感しました。そうですね。やっぱり歌がしっかりしているな、というね。歌を聴くとホッとするよとかね。歌を聴いてもらって、『青山新っていいな』って言ってもらえる、そういう歌手になってもらいたいですね」

青山新、21歳。デビュー3年目。初のソロコンサートを成功させ、新たなステージへと飛び立った。

青山新

「デビュー3年目で生バンドでのソロコンサート。生意気かなと思うんですが、良かったですよね、皆さん!」(青山新)

ホットニュース
青山新の「君とどこまでも(新!装版)」が発売される。カップリング曲に「迎えに来たよ」を収録し、7月20日に発売!

 

 記事の感想を募集中


2022年2月2日発売
青山 新「君とどこまでも」
CD
青山新

「君とどこまでも」
作詞/岸かいせい 作曲/水森英夫 編曲/石倉重信
c/w「奥州三関(おうしゅうさんせき)」
作詞/麻こよみ 作曲/水森英夫 編曲/石倉重信
テイチクエンタテインメント TECA-22004 ¥1,350(税込)

CD+DVD
青山新

「君とどこまでも」
作詞/岸かいせい 作曲/水森英夫 編曲/石倉重信
c/w「奥州三関(おうしゅうさんせき)」
作詞/麻こよみ 作曲/水森英夫 編曲/石倉重信
テイチクエンタテインメント TECA-22005 ¥1,500(税込)

恋する青年の一途な想いをマイナー調のメロディーにのせ、純粋な青年の恋心を表現力豊かな歌声で収録した「君とどこまでも」。カップリング曲の「奥州三関」では夢を求め、“俺が決めたこの道”をどこまでも、迷わず、ひとすじに突き進む男の決意が歌われている。みちのくの古三関が決意の関所となっているが、2020年に歌手としてデビューした直後に、コロナ禍に奔走された青山新の心情ともリンクした作品だ。DVD付きには、「君とどこまでも」ミュージックビデオが収録される。

INFORMATION

【コンサート情報】
◆6月25日(土)15:00開演
『テイチクサムライアワー スペシャルコンサート』
会場:東京・北とぴあさくらホール
出演:松原健之、三丘翔太、真田ナオキ、伊達悠太、木川尚紀、青山 新、東京力車
問合せ:株式会社 エフ.エー.ブイ 03-3263-6612(平日11:00~17:00)

◆7月7日(木)15:00開演
『我ら演歌第7世代!スペシャルコンサート』
会場:大阪・新歌舞伎座『我ら演歌第7世代!スペシャルコンサート』
出演:青山 新・辰巳ゆうと・新浜レオン・二見颯一・彩青(五十音順)
お問合せ:新歌舞伎座 06-7730-2222(受付時間 午前10:00~午後4:00)

【イベント情報】
◆5月20日(金)19:00~
青山 新ネットサイン会~ファーストコンサート お疲れ様会~開催
詳細は、下記テイチクレコード公式ホームページをご参照下さい。

テイチクレコード公式ホームページ:
https://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/aoyama/