五木ひろしが新たな挑戦。カバーアルバム「演歌っていいね!」

五木ひろしが新たなチャレンジとして、8月26日にカバーアルバム「演歌っていいね!」をリリースする。若手からベテラン歌手の様々なヒットソングを五木自らが厳選。新たにすべての楽曲をレコーディングした至極のカバーアルバムとなる。タイトルは五木が2018年にリリースしたシングル「VIVA LA VIDA!~生きているっていいね!~」からインスパイアされた。

五木の歌手人生は挑戦と継承でつくられている。歌謡界のトップランナーでありながら、歌謡界を盛り上げるために後輩歌手の育成にも力を入れている。そんな五木が後輩歌手に挑戦するのだ。

これまで先輩歌手の曲を歌い継いできたことはあるが、カバーアルバム「演歌っていいね!」では、後輩歌手の曲を13曲(全15曲入り。内2曲は五木の既発曲)カバーする。

「五木ひろしとなって50年という節目にふさわしい企画だと思っていますが、私自身がどこまで歌い続けられるかは、ここ数年の課題です。72歳という今の年齢で、若手の歌にチャレンジすることは、大きな勝負だと思っていました。レコーディングもしっかりとやり遂げましたので、発売を楽しみにしていてください」(五木)

 

2020年8月26日発売
五木ひろし「演歌っていいね!」

発売:ファイブズエンタテインメント
FKCX-5097 ¥3,000+税

【収録曲】
1.VIVA LA VIDA!~生きているっていいね!~(五木ひろし)
2.俺でいいのか(坂本冬美)
3.男の庵(鳥羽一郎)
4.満ち潮(川野夏美)
5.唇スカーレット(山内惠介)
6.雪恋華(市川由紀乃)
7.望郷山河(三山ひろし)
8.水に咲く花・支笏湖へ(水森かおり)
9.アイヤ子守唄(福田こうへい)
10.紙の鶴(丘みどり)
11.倖せの隠れ場所(北川大介)
12.尾曳の渡し(森山愛子)
13.純烈のハッピーバースデー(純烈)
14.最上の船頭(氷川きよし)
15.春夏秋冬・夢祭り(五木ひろし)
※(  )内はオリジナル歌手

 

五木ひろし「遠き昭和の…」 元気でいるかい?
50周年記念 五木ひろしがオーケストラと“日本のこころ”を紡ぎ出す