• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 純烈が「武蔵国 府中大使」に就任。リーダー・酒井は子育て支援に感謝。府中の皆さんと一緒に歌で笑顔に!
純烈

純烈が「武蔵国 府中大使」に就任。リーダー・酒井は子育て支援に感謝。府中の皆さんと一緒に歌で笑顔に!

東京都府中市は3月9日、市民活動センター・プラッツで「武蔵国 府中大使」任命式を行い、ムード歌謡グループ 純烈に任命証を交付した。

武蔵国 府中大使は、市制施行60周年を記念して2014年に創設されたもので、これまで漫画「グラップラー刃牙」などで知られる板垣恵介や、タレントの安めぐみ、東京サントリーサンゴリアス(ラグビー)、東芝ブレイブルーパス(ラグビー)、アルバルク東京(バスケット)など個人8名と6団体が大使に任命されている。

純烈に任命証を交付した高野津雄府中市長は、全国区の純烈の活躍によって府中市の魅力が多くの人に伝わることを期待していると話した。

「今回、歌謡グループ・純烈の皆さんとご縁をいただきました。リーダーの酒井(一圭)さんが本市にお住まいされていることから、ある時、勇気をもって『大使に就任していただきたい』とお願いしましたところ、快くお引き受けていただきました。純烈さんは全国津々浦々、お忙しく飛び回り、素晴らしい素敵なパフォーマンスをご披露されていますので、その背中に乗って府中の魅力が多くの方に伝われば大変うれしいですし、皆さんのご活躍を府中市あげて応援することによって、この府中の街に愛着を持つ方が増えていくことと確信しています」

武蔵国 府中大使を務めることになった純烈のリーダー、酒井は19歳の時に府中市に引っ越してきたと明かした。また府中で出会った女性と結婚し、4人の子どもを育てているが、府中市の子育て支援にはずいぶん助けられたと感謝した。

「現在47歳になりますが、府中には19歳の時に、是政のアパートに引っ越してきまして、俳優をやらせていただいていました。府中で出会った女性と結婚しまして、4人の子供たちと共にずっとこの府中で暮らしてきました。紅白にも出場させていただき、最近は純烈のことを存じ上げてくれる人も増えました。でも、純烈の初期の頃は苦戦・苦戦でしたから、子育ての部分では府中に大変お世話になりました。緑豊かな府中で子育てができたことに、父として感謝しています」

また、元々は競馬好きが高じて府中に引っ越してきたこと、本当は目立たないように生活したかったとも。

「ただの競馬好きで、府中競馬場があるので引っ越してきたのが本当です(苦笑)。(純烈として知名度が上がってからは)なるべく目立たないようにして、家族とほそぼそと暮らしてきたんですが、今回、高野市長に見つかってしまいまして・・・」

だが、大使を引き受けたからには、府中のために尽くしたいと話した。

「純烈も府中の皆さんと一緒に、歌で笑顔になれるように務めていきたい」

任命式を終えた純烈は、高野市長とのトークショーや歌唱パフォーマンスを地元の人に届けた。また地元のキャラクター、古都見ちゃん、ふちゅこま、フーちゃんも純烈の大使就任のお祝いに駆けつけた。

(写真提供=府中市)

 記事の感想を募集中

関連記事一覧