石川さゆり

石川さゆりが初上陸の石垣島で圧巻のステージ! 50周年に向けて弾み!

10月31日、沖縄県・石垣市民会館大ホールにて「石川さゆり プレミアム・アコースティック・ライブ」が開催された。

開演を知らせるブザーと共に、 暗闇の中バンドメンバーに続き真っ黒なドレスに身を纏った石川が登場すると、 会場からは大きな拍手が起こる。

石川はマスクをつけた観客で埋まる客席を見渡し、石垣島にずっと来たかったという思いとともに感染対策協力への感謝を述べた。「いつもは“さゆちゃーん、綺麗だよー”という歓声が聞こえてくるのだけど・・・」とファンからの歓声を真似ると、会場からは笑いが起き一気に空気感が温まる。「まずはご挨拶にこの歌です。『ウイスキーが、お好きでしょ』」を合図に、バンドメンバーのメロウな演奏で前半が幕開けした。行きつけのバーで美味しいお酒を飲んでいるかのような居心地の良さが会場中に広がる。連続して披露されたのは「能登半島」。前曲とは打って変わって力強い歌声が響き渡った。

石川さゆり

石川さゆり

前半部分では、石垣島出身のBEGINから提供された「昔美しゃ 今美しゃ」や新曲「獨(ひと)り酒」を含む全8曲を披露した。

今回のアコースティックライブでは、ピアノ・ベース・サックス(横笛)、ギター(三線)の4ピースで編成。A、Bの2チームのバンドで全国を回っており、今回、石垣島のステージに立つチームを“おいちゃんバンド”と紹介。バンドメンバーの息の合ったズッコケ芸が炸裂し、「おいちゃんではなく、キャリア組です」と石川が言い直すというチームの仲の良さが垣間見える場面も。

感染対策のために20分設けられた換気・休憩時間では、「平成19年度 第62回文化庁芸術祭賞大衆芸能部門大賞」を受賞したステージ「歌芝居~飢餓海峡~」を舞台スクリーンにて上映。ほんの数分前まで目の前で歌を披露していた石川が、今度はスクリーンの中でお芝居をする姿に、多くの観客が釘付けになった。

前半の、洋服・ポニーテールから一変し、後半は青と白を基調とした着物に緑の帯、まとめ髪という姿で登場した石川さゆり。「せっかくなので、 沖縄の紅型染めの着物にしました」と着物を紹介すると、客席からは大きな拍手が起きた。

石川さゆり

例えるなら、前半はジャズ歌手のコンサートから 後半は演歌歌手のコンサートというように、一気に雰囲気が変わって後半がスタート。「居酒屋『花いちもんめ』」では、女性が恋に落ちるがうまくいかずに流されるセリフ語りに、まるで映画を見ているかのようにストーリーにのめり込む感覚を覚える。

観客とのコール&レスポンスが恒例の「男の祭り酒」「恋しゅうて」では、感染対策ゆえ声を出せない観客に変わり、舞台監督が舞台裏から発声。観客は声は出せずとも手拍子や手を振るなどして、石川の投げかけに返事をする。会場の一体感は最高潮だ。

会場の熱が冷めぬうちに、沖縄では見られない雪をと、「津軽海峡・冬景色 一期一会ver.」「天城越え」という二大名曲を披露。石川の優しく、切なく、力強い歌声が最期まで響き続けたプレミアム・アコースティック・ライブは全16曲をもって終了した。

来年でデビュー50周年を迎える石川さゆり。最南端の劇場で、人々に感動を届けた石川の次なる目的地は2日後の沖縄市民会館、そして奈良、青森。石川の「躍動」はまだまだ続く。

写真・文=Chika Iwakura

 

 記事の感想を募集中


石川さゆりプレミアム・アコースティック・ライブ
沖縄県石垣市民会館大ホール/歌唱リスト
1. ウイスキーが、 お好きでしょ
2. 能登半島
3. 転がる石
4. 夕焼けだんだん
5. 人間模様 Reed Feature
6. 昔美しゃ 今美しゃ
7. 獨(ひと)り酒
8. なでしこで、 候う
<映像:歌芝居~飢餓海峡~>
9. 浜唄
10. 波止場しぐれ
11. 居酒屋「花いちもんめ」
12. 惚れたが悪いか
13. 男の祭り酒
14. 恋しゅうて
15. 津軽海峡・冬景色 一期一会ver.
16. 天城越え

石川さゆりプレミアム・アコースティック・ライブ
今後のツアースケジュール

2021年11月3日(水・祝) 沖縄県 沖縄市民会館
2021年11月21日(日) 奈良県 なら100年会館
2021年11月23日(火) 青森県 リンクステーションホール青森
問い合せ:キョードーインフォメーション
TEL:0570-200-888


2021年8月18日発売
不思議と温かい気持ちになれる“石川演歌”
石川さゆり「獨(ひと)り酒」
石川さゆり

「獨(ひと)り酒」
作詞/喜多條 忠・Kinuyo 作曲/浜圭介 編曲/坂本昌之
c/w「聖夜」
作詞/山上路夫 作曲・編曲/羽毛田丈史
テイチクエンタテインメント TECA-21040 ¥1,350(税込)