山内惠介

山内惠介、「古傷」の新装盤・2タイトルを発売へ。レトロな雰囲気のジャケット写真にも注目

山内惠介が9月22日、20周年記念曲第2弾「古傷」の新装盤をリリースする。また9月13日には、新装盤の予約者を対象にしたインターネットサイン会を開催する。

「古傷」は、2009年「風蓮湖」、2013年「釧路空港」の作詞家・鈴木紀代氏による作品で、恋の古傷の切なさと、傷があるからこその優しさを力強く歌い上げた王道のマイナー演歌。山内が「『古傷』を歌うたびに、これまで支えてくださったファンに感謝の気持ち沸く」と話す同曲は、今年2月に発売し、6月には夢追盤と度胸盤を発表していた。

今回発売されるのは、大志盤と三日月盤の2タイプ。これで「古傷」は全8タイプとなる。大志盤には、北海道の航路を開拓した高田屋嘉兵衛を題材にした世界を、壮大なオーケストラバックで力強く歌った大演歌「千島海道」が、三日月盤には、愛する人が自分にだけ見せる弱さを優しく包み込む女性の心情を、切ないリズムに乗せて表現した子守唄「月の揺りかご」がカップリング曲として収録される。

ジャケット写真は、これまでの「和」の世界から一転、クラシカルな趣のダブルスーツに身をまとい、レトロな雰囲気の山内が写っており、とても印象的だ。

インターネットサイン会
新装盤(大志盤と三日月盤)の発売を記念し、予約者を対象にしたインターネットサイン会が9月13日(月)に開催される。山内にとって約7カ月ぶりのネットサイン会となる。受付開始は、8月27日(金)正午12時より。詳細は、リミスタ特設ページ(https://limista.jp/projects/2201)まで。

8月29日14時~
「古傷」全国カラオケ大会開催

6月にリリースされた「古傷」CD封入特典として募集された『「古傷」全国カラオケ大会』。このほど音源審査の結果、参加10名が決定した。決勝大会はオンラインで行われ、山内惠介YouTubeチャンネルで8月29日(日)14時より無料・生配信される。
果たして、優勝の栄冠に輝くのは誰か? 熱きバトルをお見逃しなく。

山内惠介YouTubeチャンネル


2021年9月22日発売
デビュー20周年記念曲第2弾
山内惠介「古傷」(大志盤・三日月盤)
古傷(大志盤)
山内惠介

「古傷」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
「千島海道」
作詞/菅 麻貴子 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
ビクターエンタテインメント VICL-37598 ¥1,350(税込)

古傷(三日月盤)
山内惠介

「古傷」
作詞/鈴木紀代 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
c/w「月の揺りかご」
作詞/田久保真見 作曲/水森英夫 編曲/伊戸のりお
ビクターエンタテインメント VICL-37599 ¥1,350(税込)

音楽ストリーミングサービスおよび主要ダウンロードサービスでも9月22日より、山内惠介「古傷」(大志盤・三日月盤)の配信がスタート。