• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 氷川きよしが原点の会場、東京・中野サンプラザでコンサート。最新アルバム『南風吹けば』の収録曲も披露
氷川きよし

氷川きよしが原点の会場、東京・中野サンプラザでコンサート。最新アルバム『南風吹けば』の収録曲も披露

デビュー22年目を迎え、第36弾シングル「南風」(日本コロムビアから3月30日発売)が、オリコン週間シングルランキング(4月12日付)で第2位を記録し、現在、ロングヒット中の歌手・氷川きよしが6月8日、東京・中野区のサンプラザホールで「氷川きよしスペシャルコンサートツアー 2020-2021~Never give up~」と銘打ったコンサートを開いた。

今年の同ツアーは、1月21日の埼玉・ウエスタ川越からスタートする予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初日の埼玉、東京、岐阜の3カ所4公演が延期。改めて感染症対策を徹底して2月26日の千葉・習志野公演からツアーが再スタートしたが、3度目の緊急事態宣言発令により、滋賀、大阪、岩手の3カ所6公演も延期。

氷川きよし

そして今回、延期されていた2月1日と2日の中野サンプラザ公演が、この日と翌9日の両日、同所で振替公演として開催されることになったもので、2日間4公演、合わせて約4000人(各回約1000人ずつ)を動員予定。

この日もコロナ感染症防止対策のためソーシャルディスタンスを保ち、客席を通常の半分に制限。約1000人の熱烈なファンが詰めかける中、「大丈夫2020」でオープニングの幕を開け、「この中野サンプラザは、2001年7月に初めての単独コンサートを開いた思い出の場所です。皆さんのお陰でまたこのステージに立たせていただくことができました。今日はこのコンサートでひととき、現実から少し離れていただき、夢の世界、浪漫の世界を楽しんでください」とあいさつ。

氷川きよし

青アマビエ、黒タキシード、白マントの洋装や紋付袴の和装など様々なコスチュームを披露しながらヒットシングルから「星空の秋子」「母」「櫻」、新曲「南風」、この日発売のニューアルバム『南風吹けば』に収録の「星空のメモリーズ」「紫のタンゴ」、デビュー曲「箱根八里の半次郎」、大ヒット曲「白雲の城」、初のアニメソング「限界突破×サバイバー」、GReeeeNが書き下ろした「碧し」など、デビュー曲から新曲まで全24曲を熱唱した。

新曲「南風」は「コロナ禍の中で少しでも皆さんに明るい気持ちになっていただきたいという自分の一途な思いが形になって出来上がりました。南風のように温かくて背中を押すような作品を歌いたいなと思って、恩師の水森英夫先生(作曲家)と、かず翼先生(作詩家)が心を込めて作ってくださいました」。

また、ニューアルバム『南風吹けば』は「アルバムを出させていただくのは歌手としてすごく励みになります。1年半ぶりの演歌・歌謡曲主体のアルバムで、全部で12曲入っていますが、このアルバムを聴くといろんな気持ちになれますし、歌詩カードを見ながら皆さんがその歌の主人公と同じ気持ちになって聴いていただくと、ワクワクして、楽しいと思います。すべてが癒やしの曲になっていますので、ぜひお聴きください」と話していた。

(写真と文=サンニュース)

関連記事
氷川きよしの歌・歌・歌! 演歌からロックまで!! 夢とロマンのステージを君へ