• HOME
  • 全ての記事
  • ニュース
  • 黒木じゅんが30周年記念シングル「離れても」をリリース。父・黒木憲の遺志を引き継ぎ、「今後もムード歌謡一筋」と宣言
黒木じゅん

黒木じゅんが30周年記念シングル「離れても」をリリース。父・黒木憲の遺志を引き継ぎ、「今後もムード歌謡一筋」と宣言

黒木じゅんがデビュー30周年記念曲「離れても」をリリースし、今後もムード歌謡一筋で歌っていくと決意表明した。

黒木は1991年5月21日、今から30年前に、最初の芸名・唐木淳として「やせがまん」でデビュー。同年、日本レコード大賞の最優秀新人賞をはじめ、様々な新人賞全13タイトルを受賞した。黒木はその後何度か改名するものの、1968年に大ヒットした「霧にむせぶ夜」を歌った父・黒木憲の意志を引き継ぎ、親子2代にわたりムード歌謡界の歌い手として活動してきた。

黒木じゅん

黒木じゅん/1996年4月13日、東京都生まれ。「霧にむせぶ夜」のヒットで知られる黒木憲の元に生まれる。1991年、唐木淳としてビクターから「やせがまん」(作詞/阿久悠 作曲/吉田正)でデビュー。2008年、黒木憲ジュニアに改名。2016年、テイチクへ移籍し、現在の黒木じゅんに改名し「いのちの花だから」をリリース。2020年10月、『黒木じゅん30周年全曲集』を発売。2021年5月、30周年記念シングル「離れても」をリリースした。

5月19日にリリースされた「離れても」は通算15枚目となるシングル作品。父・黒木憲の恩師であり、黒木じゅんの師匠でもある鈴木淳・悠木圭子夫妻が書き下ろしてくれた。

「30周年を祝うかのように華やかなトランペットの音色が心地よく響き、ムード歌謡の王道的な秘めた恋模様が綴られたジャージーな雰囲気の楽曲です」

黒木がそう語るように、持ち前の甘い歌声と古き良き昭和の香りが漂う、まさに黒木の真骨頂ともいえるムード歌謡に仕上がっている。

黒木じゅん

父・黒木憲との一葉

黒木じゅん

“唐木淳”としてデビュー後、父・黒木憲との共演を果たした。

黒木じゅん

デビュー12年目には50ccバイク単独での47都道府県キャンペーンを実施、新曲「白蓮」をアピールした。

黒木は現在55歳となり、デビューしてから31年目を迎えたが、奇しくも父・黒木憲が病に倒れ歌を断念せざるを得なくなった”31年目の55歳”というキャリアと重なった。

「非常に感慨深いものがあります。父にとって、55歳で歌えなくなってしまったことがどんなにも無念だったことかと、父が倒れた年齢と同じ歳になり改めて強く思います。“おやじが越えられなかった30周年を迎えたよ。おやじの分まで頑張るよ。いつも見守ってくれてありがとう”と、天国の父へ報告しました」

「おやじの分まで頑張る」という黒木は、昨年からのコロナ禍で、生の歌声を披露する機会が激減しているが、ファンにメッセージを送った。

「ファンの皆様のご声援とお力添えのおかげで30周年を迎えさせていただくことができました。明けない夜はないと思いますので、必ずまたコンサートやライブなどで皆様にお目にかかれる日が来ることを信じています。父・黒木憲の遺志も引き継ぎ、今後もムード歌謡一筋に励んで参ります」

2021年5月19日発売
デビュー30周年記念シングル
黒木じゅん「離れても」
黒木じゅん

「離れても」
作詞/悠木圭子 作曲/鈴木 淳 編曲/金沢重徳
c/w「ミモザ」
作詞/かず翼 作曲/大谷明裕 編曲/金沢重徳
テイチクエンタテインメント TECA-21022 ¥1,350(税込)