川野夏美

川野夏美がタブレット純をゲストに第3回チャレンジライブ。「逢いたかったんだなあ」

「逢いたかったんだなあ」

オープニング曲「悲別~かなしべつ~」(2013年)を歌い終えると、川野夏美はファンに語りかけた。

「皆様、こんにちは。ようこそ、川野夏美です。今日は第3回チャレンジライブ。ずっと延期・延期を重ねておりましたけど、ついに開催させていただくことができました。元気でしたか!! 皆さん、逢いたかったですよ。なかなか口にはしませんでしたけど、今、逢いたかったんだなあ、私は、と。すごく実感しています」

川野夏美

延期となっていたチャレンジライブをようやく開催でき、「逢いたかった」とファンに手を振る川野。

川野夏美 川野夏美

3月21日、川野は東京・新宿区の関交協ハーモニーホールで、「第3回 川野夏美チャレンジライブ」を昼夜2公演行った。当ライブは新しい川野の表現の場として開催されたもの。2019年5月に東京・新宿区のR’sアートコート(労音大久保会館)で第1回目を開催し、この時はファンからのリクエストに応じて、懐かしい名曲をぶっつけ本番で歌うチャレンジを実施。今後も定期的にチャレンジライブを行いたいと話していた。しかし、コロナ禍により第3回の開催はなかなか叶わなかった。

第3回のチャレンジライブでは、川野が常日頃、大好きだと公言しているタブレット純とのコラボが実現した。お笑いタレントであり、歌手でもあるタブレットは20年近く前に、“田渕純”の名前で、和田弘とマヒナ・スターズに2年間所属し、低音のパートを受け持っていた。川野はそんなタブレットの話しぶりや歌声に惹かれていると、今回のコラボを「夢のようです」と喜んでいた。

川野夏美

川野の願いが叶って実現したタブレットとのコラボだったが、「ある番組で好きな男性のタイプを聞かれたときに、(川野が)自分の名前を出してくださったので、後日、『ありがとうございました』って言ったら、『違うんです。人として』って、即座に否定されましたよね」とタブレット。「いえ、あの、純さんはすべてを超えているというか・・・」と川野。トークも楽しいコラボだった。

川野夏美

序盤のコラボではタブレットがリードし、ムード歌謡の世界にチャレンジ。和田弘とマヒナ・スターズのデュエットソングである「寒い朝」と「愛して愛して愛しちゃったのよ」の2曲を届ける。

「寒い朝」は、1962年に吉永小百合/和田弘とマヒナ・スターズが歌った曲で、吉永のデビューシングルでもある。元気の出る曲ということで選択された。「愛して愛して愛しちゃったのよ」は田代美代子とのデュエット曲として1965年にリリースされた楽曲。「純さんと歌いたかった」という川野のリクエストにより披露された。

川野夏美

ライブでは、東京ベルサイユ宮殿の米内山尚人(ギター)、北園優(ピアノ)、近藤哲平(クラリネットとパーカッション)の3人によるバンド演奏に、バイオリンの石井夕紀が川野を支えた。生バンドならではの演奏で、川野は気持ちよくオリジナル曲も届けていく。2019年の「満ち潮」、オープニング曲に続くドラマチック演歌として制作された2014年の「雲母坂~きららざか~」、そして川野の新境地としてリリースされた2005年の「じょんがら恋唄」では、石井のバイオリンが世界観をつくり、川野が熱唱する。

川野夏美

会場から大きな拍手をもらった川野は、「素晴らしい演奏で歌わせていただいて、楽しいです」と吐露。生演奏ならではのアレンジで、「歌手~singer~」(2017年「オホーツク海岸」カップリング)を歌う。

「あなたはクラブの ピアノ弾き 私はジャズの Singerで」という、仁井谷俊也氏による歌詞で始まる同曲を、北園のピアノ演奏で歌い終えると、川野は2月10日にリリースされたばかりの新曲「勿忘草(わすれなぐさ)」を聴かせた。儚いながらも、強い意思をもった女性の心を“勿忘草”に重ねた同曲。会場には作詞を担当したもりちよこ氏の姿もあった。

「幸せをいっぱいかみしめています」

無事、ライブが開催できたことに感謝しながら、川野は最後にもう一度、タブレット純とのコラボを楽しむ。

川野夏美

会場近くの”百均”で仕入れてきたというサングラスをつけ、鈴木雅之になりきり歌うタブレット。川野は笑っていた。

川野夏美

「ロンリーチャップリン」ではタブレットが激しいパフォーマンスで観客を盛り上げた。

ムード歌謡を歌った序盤のコラボとは異なり、終盤は川野が普段歌わないような曲にチャレンジする。再びタブレットをステージに呼び込んだ川野は、鈴木聖美と鈴木雅之によるデュエット曲として有名な「ロンリーチャップリン」を激しく歌い、そしてラスト曲として「サライ」を選んだ。

“心のふるさと”をテーマにした「サライ」は、チャリティー特番のテーマソングとして使われており、「歌詞を見ると、今の時代にぴったり」とタブレット。そして、「少しずつでも明るい方向へ進むように願って」と川野。2人はフルコーラスで、息ぴったりに聴かせる。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、”なっちゃん”のかけ声がかけられないファンは、大きな拍手で気持ちを伝える。「拍手は大好物です」と川野。

「また元気にお会いしましょう」

川野はライブの終了を名残惜しそうにしながらも、緞帳が閉まる最後まで笑顔をファンに見せていた。

川野夏美

川野夏美

ライブ終盤、写真撮影タイムが設けられ、川野夏美とタブレット純の2人が映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタのポーズで決める。

 記事の感想を募集中


2021年2月10日発売
川野夏美「勿忘草(わすれなぐさ)
勿忘草

「勿忘草」
作詞/もりちよこ 作曲/弦哲也 編曲/伊戸のりお
c/w「遠い別れ町」
作詞/本橋夏蘭 作曲/大谷明裕 編曲/竹内弘一
日本クラウン CRCN-8389 ¥1,227+税

 

タブレット純

昨年リリースした「東京パラダイス」や、ギターを演奏しながら「裏町人生」「湯島の白梅」「妻恋道中」をメドレーで披露したタブレット純。「タブレッ純 音楽の黄金時代 レコードガイド[素晴らしき昭和歌謡]」の著書があるほど昭和歌謡に詳しいタブレットならではの選曲だった。


2020年2月19日発売
タブレット純「東京パラダイス」

「東京パラダイス」
作詞/高畠じゅん子 作曲/中川博之 編曲/土堀咲
c/w「サヨナラ大阪」
作詞・作曲/中川博之 編曲/佐藤健次
c/w「鎌倉哀愁クラブ」
作詞/高畠じゅん子 作曲・編曲/田渕純
歌/タブレット純と東京ベルサイユ宮殿
日本コロムビア COCA-17746 ¥1,400(税込)