TAO8×MIKA SHINNO

神野美伽、DRUM TAOのトップメンバー8人で結成されたユニットTAO 8と共演。「私の声が楽器になった」

新曲「満開」のリリースを3月24日に控えている神野美伽が、和太鼓のパフォーマンス集団DRUM TAO(ドラム・タオ)とコラボレーションを果たした。

石川県金沢市では毎年、音楽知的文化を発信する伝統と革新の融合イベント≪冬の夜のマジカルセッション“出逢い”≫を各地域で開催している。そのイベントのひとつとして、2月19日、金沢市の北國新聞赤羽ホールで『SPECIAL COLLABORATION「RHYTHM&VOICE(リズム&ボイス) TAO8×MIKA SHINNO」』が行われた。

TAO8×MIKA SHINNO TAO8×MIKA SHINNO

神野はこの日、DRUM TAOのトップメンバー8人で結成されたTAO 8とコラボステージに立ち、金沢の夜を熱く盛り上げた。

日本のみならず海外での活動も盛んなDRUM TAOと、神野との共演は今回が初。演歌歌手の枠を越え、国内外の音楽フェスや異ジャンルとのセッションを積極的にこなしている神野だが、DRUM TAOとの共演に関して、神野のスタッフは「太鼓だけで歌えるか?」と心配していたが、フェスなどでギターとドラムだけで歌う経験を持つ神野は「リズムだけで歌うのはきっと面白いよ」と、スタッフの不安をよそにむしろ歓迎していたという。

コンサートではDRUM TAOのオリジナル曲に神野が参加したり、ポルトガルのファド、演歌、歌曲、洋楽と幅広いジャンルに挑戦したりして、個性的な2組ならでは化学反応を見せた。

 

INFORMATION
2021年3月14日発売

神野美伽「満開」
韓国のオーディション番組「明日はミスタートロット」で脚光を浴び、声楽家でもある韓国の人気トロット歌手、キム・ホジュンが歌う「満開」。昨年、韓国で大ヒットした同曲の日本語版を神野美伽が歌う。国やジャンルの壁を超えボーダレスな活躍を拡げてきた神野はアジアに目を向けており、この「満開」で更なる活躍を見据える。なお、「満開」の日本語訳詞も神野が担当し、シングル「満開」には日本語バージョンと韓国語バージョンが収録される。

【新曲先行配信】
新曲「満開」(Radio Edition)が3月24日のCD発売に先駆け2月24日から音楽配信サービスで先行配信されるほか、関西テレビ「千原ジュニアの座王」(毎週土曜 深夜1:45~2:15)の2月のエンディングテーマ曲となっている。